1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. “食べられない”を予防する体操 「リビング新聞オリジナル ごっくん7」を制作

“食べられない”を予防する体操 「リビング新聞オリジナル ごっくん7」を制作

  • 2016/12/04 UP!

“食べられない”を予防する体操

「リビング新聞オリジナル
ごっくん7(セブン)

を制作しました!

多くの人にとって“食事”は楽しみの一つ。けれど、「いつか食べられなくなるかもしれない」と考えたことはありますか? 名古屋リビング新聞社では摂食嚥下(えんげ)機能に着目し、医療や介護、音楽などの専門家と一緒に“食べられない”を予防するオリジナルの体操を制作しました。

食べることで自分らしさをいつまでも
全身を動かし食べる機能の低下を予防しよう

「個人差はありますが、中年期ごろから全身の活動性や筋肉の衰えとともに、『食べる』や『飲み込み』といった摂食嚥下(えんげ)機能が低下するといわれています。さらに、60、70代の高齢期になると『むせ』や『誤嚥(ごえん)性肺炎』などがみられるようになります」と話すのは、愛知学院大学心身科学部で講師を務める牧野日和さん。「なかには、脳卒中や神経変性疾患などを患うことによって、低下から一気に障がいに至る人もいます」と続けます。

加齢により低下する食べる機能。そのままにしておくと食事以外にも悪い影響があるのだそう。「“口から食べること”は、心と体のエネルギーになります。したがって、口から食べられなくなった人はたちまち気力が失せ、身体機能だけではなく、自分らしく生きようとする気持ちも低下します」と牧野先生。“自分らしく生きること”と“口から食べること”は密接な関係なのです。

食べる機能の低下を予防するためにはどうしたらいいのでしょう? 「全身の運動能力を向上維持させ、体の衰えをなるべく予防し、健康増進に努めることが大切です。食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴などの日常生活動作の活動を高め、さらに軽い運動を取り入れることで、食べる機能低下はある程度防げるでしょう」

牧野先生の言葉を受け、名古屋リビング新聞社では、牧野先生と医療や介護、音楽などの専門家の力を借りて、“食べられない”を予防する体操「リビング新聞オリジナル ごっくん7(セブン)」を制作しました。「人間いつかは食べられなくなるということは自然なこと。それでも、できるだけ最期までなじみのあるものを食べ、自分らしさを維持させたいですよね」と牧野先生。生活に同体操を取り入れて、いつまでも食べられる心と体を保ちましょう。

取材協力・体操総合監修
愛知学院大学 心身科学部 講師
歯学博士・言語聴覚士・認定心理士
日本口腔ケア学会理事
牧野日和さん

大学講義だけでなく、臨床現場で最期まで“口から”食べることを支援する「お食い締め」を実践。数多くの執筆や全国各地で講演も行っている。

ごっくん7ならではの3つのポイント

ポイント1
口やのどに加え、それらを支える首や体幹の働きにも着目

ポイント2
こわばった筋肉には『緩める動き』を、だらりとゆるんだ筋肉には『適度な緊張を与える動き』を導入

ポイント3
問題なく食べられている人や軽い機能低下、軽い廃用症候群などの障がいがある人を対象にしている

~ 体操の流れ ~

口やのどを支える体幹の
筋肉のこわばりをほぐして、
次に適切な動きを引き出す

首まわりの筋肉の
こわばりをほぐして、
次に適切な動きを引き出す

食べるために必要な7つの力を鍛える

リビング新聞オリジナル ごっくん7(セブン)

体操総合監修/牧野日和(愛知学院大学 心身科学部 講師)
体操監修/飯野将弘(デイサービスセンター夢暦 管理者、理学療法士)、大河内章三(ケアクリエーター、介護支援専門員)、小笠原陽子(ロコモセラピー 代表、健康運動指導士)、須藤祐里(一般社団法人ハッピーネット 笑み筋アドバンストインストラクター)、水口くるみ(口腔機能向上教室講師、歯科衛生士)
協力/堀容子(一般社団法人ハッピーネット 代表理事、看護師、医学博士)、神谷智子(人間環境大学 看護学研究科高齢者看護学 研究員、看護師)
作詞・作曲/川名洋行(ART SPIEL 代表、ミュージックセラピスト)
歌/好加(シンガーソングライター)
企画・制作/名古屋リビング新聞社

体操を教えてほしい人を大募集

「リビング新聞オリジナル ごっくん7」を広めるべく、施設や学校を訪問して体操指導したり、イベントに出演するキャラバン活動を実施します。“体操を教わりたい”という人は下記の方法で応募を。キャラバン隊(体操制作者)が伺います!
応募概要 電話・メールにて応募を。メールの場合は、①介護施設・デイサービス・学校名またはイベント名 ②希望日時 ③訪問先または出演先の住所 応募者の④氏名(ふりがな) ⑤連絡のとりやすい電話番号を明記し、「ごっくん7体操キャラバン」係まで。 電話=052(269)9513 メール=living@web.co.jp

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. “食べられない”を予防する体操 「リビング新聞オリジナル ごっくん7」を制作


暮らしのコラム

会員登録・変更