1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. 子育て世代の強い味方「図書館」ってこんなにも使えるよ!

子育て世代の強い味方「図書館」ってこんなにも使えるよ!

  • 2017/05/11 UP!

本も食事も。1日楽しめる“滞在型図書館”

本を読んだり、食事をしたり、1日ゆったり過ごせるように設計された“滞在型図書館”。館内にはカフェや食事ができるフリースペースが設けられています。週末、ファミリーでにぎわうのが1階の「じどう開架」。広々とした空間に絵本や児童書、紙芝居などがずらり。蔵書数約9万冊の「じどう開架」専門のレファレンスデスクもあり、本について相談することも可能です。さらに、子育て世代にうれしいのが“床”。転んでも痛くないように、一般開架に比べてやわらかい床材が使用されています。

(上段左)秘密基地のような作りで、「じどう開架」の中でも子どもに人気なスペース。洋書の絵本もあります。(右)「じどう開架」隣には遊具のある「プレイルーム」が。(下段左)ベビーカーや、ブックカートの貸し出しもしています。(右)長野県木曽郡木祖村のヒノキを床材に使用した「おはなしのへや」

館内にあるカフェ「スローカフェ ゆったり」
店のイチオシは「カレーライス(ヨーグルト付き)」(590円)。ほかにもカレーラーメンや、キャロットケーキも販売

おはなし会

〈乳幼児向け〉毎週水曜11:00~11:20
〈幼児~小学生向け〉毎週土曜14:00~14:30

住所/日進市蟹甲町中島3
開館/火~金曜9:30~20:00、土・日曜、祝日9:30~17:00。月曜・第1木曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始、特別整理期間は休み ※「スローカフェ ゆったり」は10:00~16:00まで
駐車場/101台(無料)
設備/こども用トイレ、授乳室、おむつ替えスペース、プレイルームあり

「児童室」の入口。入って左手方向には児童文学の研究関連書などを備えた「児童図書研究室」があります

「児童室」の入口。入って左手方向には児童文学の研究関連書などを備えた「児童図書研究室」があります

児童室専用カウンターで本について尋ねている親子

遊具で遊べるスペースもあります

“駆け込み寺図書館”は児童サービスの拠点

大正12年開館。蔵書数は県下最大級の約130万冊。名古屋市の図書館で貸し出されていた本が最終的にすべて集まる中央図書館なので、探しても見つからなかった本も見つかる可能性も。本好きの駆け込み寺のような図書館です。絵本や図鑑、紙芝居など、児童書を約12万冊備えた「児童室」は、館内を入ってすぐの場所にあります。一般利用者のコーナーと離れているので、小さな子どもと気兼ねなく本を楽しめるのが魅力。小学生までの学習スペースとして「児童室」内にある「あそびのへや」も利用できます。夏休みには工作教室なども開催されます。

おはなし会

〈乳幼児向け〉
毎週水曜11:00~11:30
〈幼児~小学生向け〉
毎週水曜15:30~16:00
毎週土曜11:00~11:30、14:00~14:30
※祝日はありません

あたたかい雰囲気の部屋で「おはなし会」を定期的に実施

住所/昭和区鶴舞1-1-155
開館/火~金曜9:30~20:00、土曜9:30~19:00、日曜、祝日9:30~17:00。月曜・第3金曜は休み
駐車場/27台(1回300円)※ただし30分以内は無料
設備/子ども用トイレ、おむつ替えスペースあり。授乳室はないが、職員に相談すると開いているスペースを案内してくれます

児童コーナーの一番奥には大きな窓が。春には山崎川の桜が見えます

児童コーナーの一番奥には大きな窓が。春には山崎川の桜が見えます

「グランパスコーナー」は、図書館入ってすぐ(写真左)と館内奥(右)にあります

文化に加え、グランパス情報も発信

文化小劇場を併設した図書館として2015年7月に開館。特徴の一つが、「グランパスコーナー」。瑞穂区には「名古屋グランパス」のホームスタジアムがあることから、試合結果や名古屋グランパスから寄贈された資料、関連の新聞記事、選手のサインなどが展示されています。もちろん児童コーナーも充実。月ごとにテーマを設けオススメ本を紹介したり、読み聞かせの「おはなし会」を定期開催しています。「おはなし会」が開催されていないときはキッズと一緒に「おはなしのへや」を利用することができます。

おはなし会

〈乳幼児向け〉
第2・4木曜11:00~11:20、11:30~11:50
〈幼児~小学生向け〉
第2・4土曜11:00~11:30
〈5歳~小学6年生〉
第3土曜11:00~11:30※ストーリーテリング
〈乳幼児~〉
第3水曜11:00~11:30※英語のおはなし会

「おはなしのへや」。照明の一部は瑞穂区のシンボルである桜型

住所/瑞穂区豊岡通3-29
開館/火~土曜9:30~19:00、日曜、祝日9:30~17:00。月曜・第3金曜は休み
駐車場/50台(1回300円)※ただし30分以内は無料。文化小劇場と共用
設備/子ども用トイレ、授乳室・おむつ替えスペースあり

児童書が置かれているスペース。左手奥には「おはなしコーナー」があります

児童書が置かれているスペース。左手奥には「おはなしコーナー」があります

地元の親子3世代に親しまれる図書館で読み聞かせ

小学校の見学や中学校の職場体験を長年受け入れていることから、豊明市民にとっては親子3世代で親しまれている図書館。なんとルノワールやモネなどの複製絵画の貸し出しも行っているユニークな場でもあります。同館が力を入れているのが読み聞かせ。「おはなし会」を定期的に開催し、本に親しむきっかけをつくっています。児童書を集めた1階のスペースには、靴を脱いでくつろいでママが子どもに読みきかせができる「おはなしコーナー」が。また、季節ごとに移り変わる風景を楽しめる南庭でも読書ができます。定期開催されている映画会もぜひチェックしてみて。

おはなし会

〈乳幼児向け〉
毎週火曜11:00~11:30
〈幼児~小学生向け〉
第1・3日曜11:00~11:30

今年で活動15年目というボランティアが毎週火曜の「おはなし会」を担当

映画会

第2・4土曜14:00~上映
5/13 「うっかりペネロペ うたおう、あそぼう編」(アニメ)
5/27 「パッチ・アダムス」(洋画)
6/10 「わすれた森のヒナタ おじゃる丸スペシャル」(アニメ)
7/8 「死にゆく妻との旅路」(邦画)
7/22 「シュレック2」(アニメ)ほか

映画会は100人ほど鑑賞が可能

住所/豊明市西川町横井4-11(本館)
開館/9:00~17:00(木曜は19:00まで)※ただし7・8月は18:00まで月曜(祝日の場合は火曜)、毎月平日の月末日、年末年始、特別整理期間は休み
駐車場/54台(無料)
設備/多目的トイレ・授乳室あり

子どもの気分を上げてくれる内装の「じどうしつ」

子どもの気分を上げてくれる内装の「じどうしつ」

図書館のマスコットキャラクター「みらいくん」が目印の「読書ノート」

「じどうしつ」の中に授乳室や子ども用トイレがあるので便利です

読書ノートでもっと本が好きになる!?

2016年7月に移転&開館。床面積が4倍の約3200㎡に、総蔵書数は16万冊から約23万冊にアップ。現在も整備中で、今後も年1万2000冊ぐらい増やす予定なのだそう。注目したい取り組みが、「読書ノート」。「じどうしつ」で借りた本の情報が印字されたレシートを貼り、記録として残すことができます。さらに、「おはなし会」に参加したら、ノートに貼る「みらいくん」シールのプレゼントも。本を楽しみながら、ノートを埋めていく達成感も味わえます(ノートの配布はみよし市在住の中学生以下が対象)。

おはなし会

〈乳幼児向け〉
毎週水曜10:30~11:00
〈幼児~小学生向け〉
第2・4土曜、毎週日曜14:00~14:30
※第4水曜は定員あり。第2日曜は工作あり

壁面ボランティアによるデコレーションがかわいい「おはなしのへや」

住所/みよし市三好町湯ノ前114(みよし市図書館学習交流プラザ「サンライブ」内)
開館/火~土曜9:00~19:00、日曜、祝日9:00~18:00。月曜(祝日の場合は翌平日)、第4木曜、年末年始、毎月の整理休館日、特別整理期間は休み
駐車場/敷地内33台、敷地外40台、市役所共有230台(無料)
設備/子ども用トイレ、授乳室・おむつ替えスペース、プレイルームあり

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. 子育て世代の強い味方「図書館」ってこんなにも使えるよ!


暮らしのコラム

会員登録・変更