1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. 【ゆであずき缶のアレンジ法も】やっぱり名古屋人はあんこが好き

【ゆであずき缶のアレンジ法も】やっぱり名古屋人はあんこが好き

  • 2017/06/08 UP!

やっぱり
あんこが好き

リビング3/11号の特集「名古屋人実態調査」で、“ゆであずき缶”の常備の有無を聞いたところ、3割以上の人が常備。6月16日の「和菓子の日」にちなんで、名古屋人とあんこの甘い関係を深堀りしました!

リビング3/11号の特集「名古屋人実態調査」で、“ゆであずき缶”の常備の有無を聞いたところ、3割以上の人が常備。6月16日の「和菓子の日」にちなんで、名古屋人とあんこの甘い関係を深堀りしました!

名古屋人のあんこ好きは約400年前から?

名古屋は“和菓子どころ”として知られ、あんこを使った和菓子も豊富。「尾張地方では、江戸時代にかけて有力者たちが茶道に力を注ぎました。同時にお茶と一緒に食べる和菓子が発展したのです」と話すのは、名古屋生菓子組合・専務理事の服部功さん。「現在、名古屋市にある和菓子店は100店舗以上。また、小倉トーストの影響もあるかもしれませんが、関東や関西の人と比べて、名古屋の人はこしあんよりつぶあんを好きな人が多いという特徴があります」

さらに、名古屋とあんこの深い関係が明らかに。それは、あんこの原料である小豆の一種、「大納言」の名前の由来。「かつて愛知県でも小豆が栽培されていました。その粒がとても大きいことから、尾張藩主の官職名の『尾張大納言(※)』から名を付けたという説があるそうです」と服部さん。

季節や慶事など節目には和菓子を欠かさず、モーニングで小倉トーストを食べ、家に「ゆであずき缶」を常備している―。名古屋人があんこ好きなのは400年ほど前に決まっていたのかもしれません。
※大納言は高官

目からウロコのゆであすき缶アレンジ

団子やぜんざい、小倉トーストだけじゃもったいない! あんこを愛する3人に、おいしい「ゆであずき缶」の簡単アレンジ法を聞きました。

名古屋生菓子組合
専務理事
菊里松月 店主
服部功さん

「菊里松月」中区新栄3-23-10
http://www.kikuzato-shogetsu.com/

夏を感じるあんこ味のわらび餅

「わらび粉と水、砂糖と一緒に『ゆであずき缶』を練り込んだ、わらび餅。水分をでんぷんで固めているわらび餅は冷やさなくてもひんやり。冷蔵庫のない時代から伝わる夏のお菓子です」

作り方

① わらび粉(100g)と水(450cc)を火にかけて混ぜる。
② ①に砂糖(150g)とゆであずき(150g)を加える。
③ ③さらに水(50cc)を入れて混ぜ、器にうつし常温で冷ます。お好みできな粉を。

「ゆであずき缶」入り牛乳寒天

「乳製品とあんこの相性はバツグン。牛乳寒天を作るときに『ゆであずき缶』を入れると、甘さがさっぱりとして、まろやかな味になります。寒天で作るとツルン、ゼラチンに変えるとプルプル。食感の違いも楽しめます」

作り方

① 牛乳(300cc)と砂糖(大さじ1)を火にかけ、温まったところに粉寒天(小さじ1)を加える。
② ②沸騰したら火を止めて①を茶こしでこし、ゆであずき(80g)を混ぜて冷やし固めてでき上がり。

井村屋
開発部
菓子・食品・DCチーム
主任 中西達さん

https://www.imuraya.co.jp/
※「ゆであずき」は井村屋の商品名

あんこがとろーり揚げ餃子

「餃子の皮に『ゆであずき』を適量のせて包み、油で揚げます。油はあんこの食感をなめらかにし、味をマイルドにしてくれるので、オススメの組み合わせです。蒸してもおいしいと思います」

調味料やお酒を足してスイーツソースに

「しょうゆを加えることでコクや香ばしさが出て、みたらし団子のタレのような味に。社員にも好評です。また、お酒とも合います。赤ワインやブランデーを『ゆであずき』に加えると洗練された大人な味に変化。アイスクリームやパンと一緒に食べてみてください」

×お酒(写真上)

ゆであずき(100g)に対し、赤ワイン、またはブランデー(大さじ1/2)が目安。お酒は20歳から

×しょうゆ(写真下)

ゆであずき(100g)に対し、しょうゆ(大さじ2/3)が目安

読者モニター「リビータ」
相馬恵美さん

ヘルシーなディップ凍らせてアイスにも

「裏ごしした絹ごし豆腐と同量の『ゆであずき缶』を混ぜて作ります。豆腐と合わせると、甘さが少しおさえられてヘルシーに。甘いものを食べているという罪悪感も軽くなるかも(笑)。クラッカーやパンなどにつけて食べて、余ったら冷凍庫へ。凍らせるとアイスになりますよ」

エスニックスイーツに変身

「我が家の定番おかずである小豆カボチャのアレンジ版。火を通した一口大のカボチャに『ゆであずき缶』を添えて、ココナッツミルクを注ぐだけ。ココナッツミルクがエスニックスイーツに変えてくれます。カボチャをサツマイモやバナナに変えたり、白玉やタピオカを加えても。冷やすとおいしさがアップします」

  1. 1
  2. 2

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. 【ゆであずき缶のアレンジ法も】やっぱり名古屋人はあんこが好き


会員登録・変更