1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. 集めて 知って 現地へ! カードを求めて秋レジャー

集めて 知って 現地へ! カードを求めて秋レジャー

  • 2017/10/12 UP!

カードは情報の宝庫
地域の魅力を再発見して

公共施設などで、魅力発信のために無料配布されているトレーディングカード。特定の場所でしかもらえないレア感もあり、人気が上昇。バリエーションも広がっています。
集めることが楽しいのはもちろんですが、“その場所をもっと知ってほしい”という思いから、写真だけでなく文字情報も記載されているので、意外と知らなかったネタが手に入るきっかけにもなるのです。
知識を持って現地へ足を運べば、何気なく通り過ぎていた場所が、興味深い場所に!
集めて、知って、見て楽しいトレーディングカードで、この秋、地域の魅力を再発見しませんか。

194自治体227種類が発行

マンホールのフタは地域によって柄が多彩。日本各地のデザインを紹介するために、2016年4月から配布スタート。カードの写真は実際に使われているフタで、左下に書かれている座標データで、設置場所が分かります。現在第5弾まで登場し、その数は10月15日(日)から194自治体227種類に。
http://www.gk-p.jp/mhcard.html

100周年記念マンホール(名古屋市)

名古屋市の下水道供用開始100周年を記念して制作。市内110カ所あり、その内カラーのものは12カ所しかないので、見つけたらラッキー! 絵柄になっている納屋橋にもありますよ。

配布場所 水の歴史資料館(千種区月ヶ丘1-1-44)、入館無料
配布時間 9:30~16:30 ※月曜(月曜が休日の場合は直後の平日)、12/29~1/3は除く
問い合わせ Tel.052-723-3311

配布場所 水の歴史資料館(千種区月ヶ丘1-1-44)、入館無料
配布時間 9:30~16:30 ※月曜(月曜が休日の場合は直後の平日)、12/29~1/3は除く
問い合わせ Tel.052-723-3311

アメンボマンホール(名古屋市)

名古屋市内に約8万8000カ所もあるアメンボマーク。なじみ深いデザインということでカードに選ばれました。なぜアメンボ? その答えはカードにあり!

配布場所 名古屋市下水道科学館(北区名城1-3-3)、入館無料
配布時間 9:30~16:30 ※月曜(月曜が休日の場合は直後の平日)、12/29~1/3は除く
問い合わせ Tel.052-911-2301

配布場所 名古屋市下水道科学館(北区名城1-3-3)、入館無料
配布時間 9:30~16:30 ※月曜(月曜が休日の場合は直後の平日)、12/29~1/3は除く
問い合わせ Tel.052-911-2301

聖地が名古屋に!?

アメンボマンホールカードがもらえる「名古屋市下水道科学館」の屋外展示には、全国のマンホールフタ24種類が並び、“マンホールの聖地”と呼ぶ人も。1989年の世界デザイン博覧会で展示されたものがすべてこの場所に移されました。

集めるとうれしい特典つき

名古屋市内の店舗などで手に入るこのカードは、今年6月からスタートし、初年度は「塔」がテーマ。「配水塔は、土地にあった配水ができるように造られていて、個性的な形にはそれぞれ理由があるんですよ」とは名古屋市上下水道局の大竹裕人さん。9種類すべて集めると、先着300人に災害用備蓄飲料水「名水」一箱分がもらえるのもうれしいですね。
http://www.water.city.nagoya.jp/category/nagoyacollection/

松重閘門(まつしげこうもん)(中川区)

山王の町にぽっかりと浮かぶ2本の塔。ヨーロッパの城のようなデザインの建物、実は水門です。堀川と中川運河を船で行き来できるよう、水位差調整のために1930年に建てられました。現在は役目を終え、川と緑に囲まれた、のどかな風景を演出しています。塔のふもとには小さな公園があり、別世界に来た気分に。

日没後~午後9時にライトアップされます

配布場所 Tonarino内 さら名城(北区)、蒲喜商店街 ヘアーサロンスター(北区)、
洋食や なかむら(西区)、LA COMUNITA ポランの広場(名東区)
※詳しくは上記の名古屋市上下水道局ホームページで確認を
配布時間 店舗により異なる
問い合わせ Tel.052-972-3642(名古屋市上下水道局)

全消防局・本部がデザイン

全国消防協会の50周年を記念して登場したカード。すべての消防局と消防本部がデザインされていて、その数なんと750種類にも。車両台数や消防職員数などの基本情報から、アピールポイント、管轄区域の見どころまでが紹介されています。各地の消防局・本部で配布され、なくなり次第終了の場合も。

豊明市消防本部(豊明市)

毎日見学できる「劇場型消防署」。ずらりと並ぶ消防車を間近で見ていると、大人も子どもも気になることが次々に浮かんできそう。事前の電話予約で職員によるガイドツアーも受けられるほか、タイミングが合えば消防訓練も見られます。「積極的に質問してください」と案内されるので、「車両の形が違うのはどうして?」などいろいろ聞いてみて。

配布場所 豊明市消防本部(豊明市沓掛町宿234)、入場無料
配布時間 8:30~17:15(見学時間も同じ)
問い合わせ Tel.0562-92-0410

後ろ、横、上からとさまざまな角度でじっくり観察

名古屋市消防局(中区)

名古屋市役所で、市が所有のヘリコプター「のぶなが」が掲載された全国消防カードを手に入れることができます。「のぶなが」は、空からさまざまな消防活動を行っていて、900Lの消火用水タンクを装着し空から消火するほか、傷病者を搬送することも可能です。

配布場所 名古屋市消防局総務部総務課(中区三の丸3-1-1、名古屋市役所1階)
配布時間 8:45~17:30 ※土・日曜、祝日および年末年始は除く
問い合わせ Tel.052-972-3504

マニアック情報がぎっしり

ダムを建設したときの技術など、マニアックな情報が凝縮。ダムのことをより知ってもらいたいと、国土交通省と水資源機構の管理するダムのほか、一部の都道府県や発電事業者の管理するダムで作成されました。北海道から沖縄まで、ダムの管理事務所やその周辺施設で配布されています。
http://www.mlit.go.jp/river/kankyo/
campaign/shunnkan/damcard.html

羽布(はぶ)ダム(豊田市)

四季カード

愛知高原国定公園の入口にあり、「ダム湖百選」に選定。三河湖の愛称で親しまれる羽布ダムの周辺は、秋は紅葉が楽しめます。羽布ダムカードは、竣工50周年を記念して、2013年から配布。愛知県は新たに今年3月から「四季カード」(http://www.pref.aichi.jp/soshiki/nochi-keikaku/habudamu-card-movie.html)を配布しているので、合わせて手に入れて。

配布場所 羽布ダム管理所(豊田市羽布町鬼ノ平1-91)、インターホン呼び出し
配布時間 9:30~12:00、13:00~17:00 ※12/29~1/3は除く
問い合わせ Tel.0565-90-3501

(右)新穂高ロープウェイ
(左)アタミロープウェイ

行楽シーズンにぴったり

御在所ロープウエイからはじまり、中部8カ所(下田、アタミ、伊豆の国パノラマパーク、日本平、かんざんじ、新穂高、金華山、御在所)のほか、今では全国33カ所で発行されるまでに。「写真下にある運行方式と線路形式のサインを、わかりやすくデザインするのに苦労しました。裏面で紹介するこだわりの技術もお見逃しなく」とは、御在所ロープウエイの進士勝宏さん。
http://www.gozaisho.co.jp/highlight/
ropeway-card/

(右)新穂高ロープウェイ
(左)アタミロープウェイ

御在所ロープウエイ(三重県菰野町)

ロープウェイ界で日本一高い「白鉄塔」に支えられたゴンドラからは、御在所岳を見下ろす絶好の眺め。10月中旬から約1カ月半かけて、山上からふもとへと紅葉します。空中から見る秋のグラデーションを楽しんで。

赤いゴンドラがかわいい

配布場所 御在所ロープウエイチケット窓口(三重県三重郡菰野町湯の山温泉)、乗車料(片道)大人1240円
配布時間 9:00~16:00 問い合わせ Tel.059-392-2261

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 特集
  3. 集めて 知って 現地へ! カードを求めて秋レジャー


会員登録・変更