1. 名古屋トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 催し・祭り
  4. 歌のチカラで元気になれる! 映画「SING/シング」

歌のチカラで元気になれる! 映画「SING/シング」

大好きなキッズも多い「怪盗グルーの月泥棒 3D」、「怪盗グルーのミニオン危機一発」、「ミニオンズ」、「ペット」などを手掛け、世界中の観客を虜にしてきたイルミネーション・エンターテインメントの最新作「SING/シング」が3月17日(金)から公開! 素晴らしい歌あり、笑いあり、涙ありー。見たらきっと元気になるエナジームービーをチェックしてみて。

SING_main_new (2) (1) (1)
(C)Universal Studios.

再起をかける青年、夢見る少年少女
母や妻ではない“自分”を取り戻したいママなどー
人生を変えるステージが始まる!

かつての栄光はどこにやら。今は経営が全く上手くいかない、劇場の主宰であるコアラのバスター・ムーン。そんな彼が劇場を守るためなら何でもやろうと、最後のチャンスである世界最高の歌唱コンテストをプロデュースすることに。

参加したのは、シンガーになりたいと言い出せずギャング集団の手伝いをしているゴリラの少年(吹き替えは大橋卓也“スキマスイッチ”)や、ステージに上がることに恐怖心を持つ内気なティーンエイジャーのゾウ(MISIA)、ボーイフレンドと別れたばかりパンクロックを愛するヤマアラシ(長澤まさみ)、家事と25匹の子ブタたちの世話に追われる主婦(坂本真綾)など。自らの未来を変える機会となることを信じて会場に集結し、歌を披露します。オーディションで歌われる曲は、名曲やヒット曲ばかり。中には、日本の曲もあり、思わず口ずさんだり。冒頭からどんどん引き込まれます。

合格者数人が決定すると、いよいよ練習とステージ開催に向けての準備がスタート。資金繰りに悪戦苦闘しながらも、バスターの体を張った努力や劇場への情熱、そして工夫で、再起をかけたステージが幕開けしてー。

劇中の歌が、もう!もう!素敵なんです!
パワフルな歌声に圧倒されたり、聴き入ったり、涙したりー。内気なゾウの少女の様子を見て心の中で「ガンバレガンバレ」と応援していたのに、いつのまにか元気をもたっていて、、、歌のチカラを感じずにはいられない映画でした。

予告動画もチェック!

 

映画「SING/シング」
3月17日(金)からTOHOシネマズ名古屋ベイシティミッドランドスクエアシネマほかで公開
声の出演:マシュー・マコノヒー(内村光良)、トリー・ケリー(MISIA)、スカーレット・ヨハンソン(長澤まさみ)、タロン・エガートン(大橋卓弥“スキマスイッチ”)、ニック・クロール(斎藤司“トレンディエンジェル”)、セス・マクファーレン(山寺宏一)、リース・ウィザースプーン(坂本真綾)、〈声〉ジェニファー・ソーンダース・〈歌〉ジェニファー・ハドソン(大地真央)ほか
※( )内は吹きかえ
配給:東宝東和
http://sing-movie.jp/

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 催し・祭り
  4. 歌のチカラで元気になれる! 映画「SING/シング」


会員登録・変更