1. 名古屋トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 恐竜がお出迎え!ロボットホテルがラグナシアに誕生[体験レポート]

恐竜がお出迎え!ロボットホテルがラグナシアに誕生[体験レポート]

未来の最先端ライフが体験できる!?
驚きとわくわくが詰まったロボットホテル

8月1日(火)、ラグーナテンボス(愛知県蒲郡市)は、テーマパーク「ラグナシア」「変なホテル ラグーナテンボス」を開業しました。同ホテルは先進技術を通してワクワク感を与えてくれるロボットホテル。長崎県ハウステンボス、千葉県浦安市についで3号棟目となります。変なホテルの「変」には「変化・進化し続ける」という意思が込められているそうですよ。

★IMG_2405大人でも驚く恐竜ロボット。子どもはさらに迫力を感じるはず!

さぁ、変なホテルとはどんなロボットホテルなのでしょう??

まず、ホテルのフロントロビーに入ると吹き抜けの中央に恐竜ロボットが(写真上)! その大きさや鳴き声にびっくり! 「変なホテル最大の恐竜ロボット」で、全長7mのお父さんティラノサウルスです。カウンターでは、お母さんと子どもティラノサウルスの恐竜ロボットがチェックイン&チェックアウトを多言語対応で行ってくれます(写真下)。

★IMG_2408子どもティラノサウルスがチェックインを担当してくれます。かわいい~

長崎や千葉のホテル利用者からは「ロボットに接客をしてもらう初めての体験が楽しい」という声が聞かれるとのこと。ラグーナテンボスでは、電話で注文するとルームサービスロボットが、お土産を運んできてくれるサービスもあるそう。

★IMG_2417部屋まで来てくれるルームサービスロボット

そして客室には、コミュニケーションロボットがいて、「電気消して」と話しかけると、真っ暗になるなど、指示を実行してくれます。同ホテルでは、9種類120体のロボットが館内で働いています!

★IMG_2434コミュニケーションロボット。できない命令のときはだんまりを決め込みます(笑)

「変なホテルラグーナテンボス」マネージャーの正司一平さんは、「最新技術に普段触れることがない人にも、触って楽しんでもらうホテルになれば」と話します。

★IMG_2455こんな演出も!同ホテルは宿泊者限定で「ラグナシア」開園15分前のアーリー入場も可能に

 

ホテル内レストランをアクアイグニスが手掛ける

★IMG_2438朝食は朝7時からで、写真は朝食のブッフェです。レストランにはテラス席も完備されています

ホテル内レストラン「Chef’s try table(シェフズ・トライ・テーブル)」は、三重県湯の山温泉にある癒しと食の総合リゾート「アクアイグニス」が全面プロデュース。伊・仏・和・中の有名シェフが順番に料理を手掛けることがウリで、第一弾はイタリア料理の「ラベットラダオチアイ」のオーナーシェフ落合務氏が担当。デザートは、パティシエ辻口博啓氏が監修します。

★IMG_2445左が落合務氏、右が辻口博啓氏

「ホテルでちょっといい朝食を食べられるのが魅力。また、大人になってもホテルで食べたあのメニューをまた食べたいなと思ってもらえるような印象的な料理を提供します。進化するホテルというテーマと同じく、少しずつ味に変化を重ねて、次食べたときは前よりもおいしいと感じてもらいたいですね」(落合務シェフ)

朝食ブッフェをぜひ食べて欲しいとのこと。ちょっと先の未来を体験できるホテルで、優雅な食事も楽しんで!

「変なホテル ラグーナテンボス」
住所 愛知県蒲郡市海陽町1-4-1(テーマパーク「ラグナシア」隣接)
アクセス JR蒲郡駅から無料シャトルバスにて約15分「変なホテル」前下車すぐ
※お車の方は「ラグナシア」の駐車場を利用できます
問い合わせ ラグーナテンボスインフォメーションセンター
TEL.0533-58-2700(受付時間9:00~17:30)
予約サイト http://www.h-n-h.jp/lagunatenbosch/

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 恐竜がお出迎え!ロボットホテルがラグナシアに誕生[体験レポート]


会員登録・変更