1. 名古屋トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 催し・祭り
  4. マメナシってなんだ!?食べられる?梨?絶滅危惧種が守山区に自生

マメナシってなんだ!?食べられる?梨?絶滅危惧種が守山区に自生

自生する絶滅危惧種
マメナシ愛を深めませんか

名古屋市で最も高い東谷山があり、北に庄内川、南に矢田川が流れる守山区。緑地は大小点在
し、珍しい植物が自生します。梨にそっくりな、ブルーベリーサイズの実をつける絶滅危惧種「マメナシ」もその一つ。国内自生木はわずか350本ほどしかなく、約4割が守山区に生育します。

マメナシバラ科ナシ亜科ナシ属のマメナシ。別名イヌナシ、三重県ではイヌナシと呼ばれることが多いそう

マメナシの特性を知って、自然豊かな区の魅力を体感してもらおうと、10月29日(日)に雨池公園・蛭池で、観察会イベントが行われます。
「食用の梨と食べ比べたり、土を掘って土壌を調べたり、ワクワクする体験ができますよ」とは、守山区役所地域力推進室の横山栄ニさん。栗田彩加さんは、「マメナシ愛は負けません(笑)。守山には自然を保護、PRする団体がたくさんあるので、取り組みをもっと知ってほしい」と話します。

マメナシ2守山区役所地域力推進室の横山栄ニさん(写真左)。栗田彩加さん(右)

区の13団体で構成される「守山自然ふれあいスクール」では多彩なイベントを行っているので、こちらも注目を。詳しくは区のホームページか地域力推進室へ。

「まめなしのある風景秋の観察会」
10/29(日)10:00〜檀ノ浦公園集合
予約不要☎052-796-4524(地域力推進室)

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 催し・祭り
  4. マメナシってなんだ!?食べられる?梨?絶滅危惧種が守山区に自生


会員登録・変更