1. 名古屋トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 【お正月映画に!】「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」IMAX版と通常スクリーン、どっちがいい?

【お正月映画に!】「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」IMAX版と通常スクリーン、どっちがいい?

【お正月映画に!】「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」IMAX版と通常スクリーン、どっちがいい?

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」2回見た。
通常スクリーンでは人間ドラマを、
IMAXでは戦闘シーンと体の内に響く声にしびれた!

今週末から公開が始まった「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」。通常スクリーンとイオンシネマ大高のIMAXシアターと、2回に分けて観てきた。初日とあって、映画館は人・人・人!そのなかで楽しそうにコスプレしている家族を発見!

20171215_122222794_iOS

聞けばお父さんだけでなく娘さんもスター・ウォーズファンとか。うらやましい限り!快く撮影させてもらった!そして、スター・ウォーズのグッズ売場はエラいことに!激込みだった。お目当てのものは早めに買うに限る。

20171215_120759267_iOSのコピー

肝心のストーリーは・・・
人間描写が深い!深すぎて胸が締め付けられた

あらすじは他のサイトでも紹介されまくっているので、感想だけ書くことにする。まず、すごく丁寧に人間の内情が描かれている。特に興味深いのは、敵対するレイとカイロ・レンが、まるで鏡のように共鳴しあう点。どちらの心の奥でも“光”と”闇”がせめぎ合い自分の弱さと葛藤する。その過程って、誰しも共感できる「人間性」に関わること。深く深く心を動かされた。

また、犠牲になって散っていくレジスタンスの一人ひとりの心理描写も巧みに描かれて、より感動を誘う。

SWTLJ_LxD_B0_fixレイとカイロ・レン。光か闇かではなく、人間は両方持っているから強くなれることが分かった。(c) 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーは、けっこうおじいちゃんだったけど、ルークも葛藤している。幸せじゃなさそうな気がした…。そんなところに現れちゃうのが、まさかのヨーダ!ヨーダの台詞は一言も漏らさず胸に刻んだ。すっげーいいこと言ってる。哲学者ヨーダ、君臨!ここから一気に物語が動き出していくんだ。

20171215_120309371_iOSヨーダの言葉で、実は悩みが少し救われた気がする…。失敗は最高の師!!

光と闇の戦いを描き続けてきた「スター・ウォーズ」シリーズ。でも、光でも闇でもない、ファースト・オーダーでもレジスタンスでもない新たな選択肢が示されたことに驚いた。そして、改めて“WARS”というタイトルの重みを感じた。細かくは書けないが、レイとカイロ・レンが織りなす心の旅を通して、見ている観客たちも人生の旅をする。

光と闇 編のTV SPOT

ということで・・・すっかり心理側面にドハマりにはまりまくった。

で、見比べてみてどうなの?
IMAXと普通のスクリーンって何が違う?

★宇宙船の迫力が違う!

映画館で座っていると、まるで宇宙船に乗っているよう。そう感じたのは、IMAX版を見たとき。自分が乗組員の1人のように、宇宙に浮いているような気分になったから不思議。かと思ったら、顔スレスレにファースト・オーダーのシャトルが飛んでいって、椅子に振動だけ残る!!この臨場感はやはりIMAXに分がある。

★声の想像力が違う!

フォースが導き合って会話するシーンもやはりIMAX版で体験したい。レイとカイロ・レンが共鳴し合うとき、心の奥に響くような声が横からや後ろから聴こえ、鳥肌が立った。そこにいる的な感覚はさすが。

★師と弟子、母と息子、じっくり人間ドラマ派!

実は最初に通常スクリーンで観て、巧みな人間描写に完全に心を持っていかれた。じっくりルークとカイロ・レン、レイアとカイロ・レン、さらにはレイの孤独などと向き合って、胸が震えっぱなしだった。ストーリーを楽しむなら通常スクリーンで十分!

映像の仕掛けを発見しやすい!

スター・ウォーズシリーズは、画面の登場人物ではない端っこまで凝って作られた映像がおもしろい。後ろに変な生物が動いていたり、宇宙船の操作パネルなども一切手を抜いていない。そういう細かい仕掛けを発見するなら、やはり大きなスクリーンで鮮明な映像が特徴のIMAX版に限る。ラストシーンにも粋な仕掛けがあるから見逃すな!!

IMAX版の良さを出演者が語っています!カイロ・レンがチェックの服とか…色々おもしろい。

最後にこれだけは言いたい!本作は、シリアスなドラマのなかに、クスっと笑えるシーンが満載。その代表格が個性的な生物たちの存在。

そこで・・・勝手に開催!

謎の生物(クリーチャー)可愛さランキング!

1位 Fathier(カジノの街で捕らわれていた競争馬のような大きな生物)

⇒切なくて、かっこよくて、顔はめちゃくちゃ可愛い。惑星カントニカのシーンはアドベンチャー感覚が味わえて特に好きだ。顔が「ネバーエンディングストーリー」に出てくるファルコンに似ていて、妙な懐かしさも…。

2位 ポーグ(ぷっくりした小さなペンギンみたいな生物)

⇒チューバッカとのコンビが最高。肩乗り感覚で、戦士チューバッカとの対比も相まって、愛くるしすぎた。チューイ、最初は食べようとしてたけどな。。。

3位 修道女のようなイグアナ?(水の惑星オク=トーの島に、ルークと暮らすジェダイ・テンプルを守るエイリアン?)

⇒鳥のような魚のようなイグアナのような見た目で、いつもせっせと働いている。そこをいつもレイが邪魔してしまうのがツボ!

 

以上、勝手にランキングでした。皆さんはどの生物が好みでしたか?プレゼント応募の自由蘭に感想など書いてもらえると嬉しいです。

読者PRESENT
/▼益▼\シューシュー
20171216_024521420_iOS
イオンシネマ大高から、
映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
オリジナルTシャツ
(子ども用120・140、大人用Mサイズ)を
抽選で4名様にプレゼント!
応募はこちら(12/27(水)締め切り)

 

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」はイオンシネマ大高で公開中
http://www.aeoncinema.com/cinema/oodaka/

 

  1. 1
  2. 2

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー
  4. 【お正月映画に!】「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」IMAX版と通常スクリーン、どっちがいい?


会員登録・変更