1. 名古屋トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. Q.不妊治療費とその後にかかる子どもの教育費や老後資金が心配です。

Q.不妊治療費とその後にかかる子どもの教育費や老後資金が心配です。

Q.不妊治療費とその後にかかる子どもの教育費や老後資金が心配です。

Q.不妊治療をするか迷っています。妊娠した場合の資金が心配です。

北区・Uさん(39歳) 【夫40歳】

40歳を目前に不妊治療をするか、治療費が高額なため迷っています。不妊治療後、妊娠した場合に子どもの教育費や老後の資金が心配です。

A.不妊治療は、やめどきを
最初に決めておこう

不妊治療はご存じのように心身や経済的負担が大きいので、始める前にやめどきを考えておく必要があります。いつまで、いくらかけるかを最初に決めておき、誕生日など、節目の時に1年間を振り返り、将来について夫婦でよく話し合う機会を設けましょう。

子ども一人を育てるには教育費だけで1000万円は必要です。私立大学や下宿をするとプラス1000万円は覚悟した方がいいので、2000万円と多めに仮定しておきましょう。住宅ローンがあと1000万円あるので、合計3000万円は必要です。

現在の資産は3280万円と株500万円なので、教育費とローン分が賄えます。毎月の家計は贅沢をしている訳でもなく、今は問題ありません。貯蓄は、毎月黒字が約18万円。ボーナスから年払いなどを引いて約36万円、海外旅行がなければ136万円残るので、年間貯蓄額は252万円~ 352万円となり、このままなら不妊治療も気にせず取り組めます。

ただ出産後、あなたが仕事を辞めたり、パートになった場合、食費は外食を入れて5万円、衣料品は5000円に切り詰め、毎月の貯蓄は年金のみとします。ボーナスは海外旅行をやめると、年間貯蓄額は約100万円になります。41歳頃に出産したと仮定すると、小学入学頃からパートで働き、月6万円を貯蓄した場合、大学入学までに合計約3100万円が貯蓄できます。このうち年金保険もありますが、老後の費用として、年金の差額約2500万円を準備すると600万円が残ります。

ただ、今後車の買い換えなどもかかります。退職金が1000万円なら、上限500万円までなど、最初から線引きしておきましょう。

回答者/岐阜大学教育学部教授・大藪千穂

kakeibo0211

「家計簿診察室」で、家計の悩みを解決してみませんか?
あなたの悩みを、大藪千穂さんがズバッと解決! 採用者には1000円分の図書カードを進呈します。
応募方法
①月収(手取り)②毎月の支出(目的別)③ ボーナス金額 ④年払い金額 ⑤貯蓄額 ⑥相談内容(具体 的に)と〒、住所、相談者の氏名、家族構成と年齢、職業、電話番号を明記の上、郵送かメールで応募を  ※個人情報は第三者には開示しません
応募先
〒460-8475(住所不要)名古屋リビング新聞社 「家計簿診察室」係
メール= living@web.co.jp  件名に「家計簿診察室」係と書いて

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. Q.不妊治療費とその後にかかる子どもの教育費や老後資金が心配です。


会員登録・変更