1. 名古屋トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. Q.妻がパートを辞め収入減に。教育資金や老後が不安です。

Q.妻がパートを辞め収入減に。教育資金や老後が不安です。

Q.妻がパートを辞め収入減に。教育資金や老後が不安です。

Q.妻がパートを辞め収入減に。教育資金や老後が不安です。

緑区・Uさん(38歳) 【夫38歳 長女8歳、二女5歳】

妻がパートを辞めて収入が減り、子どもたちを育てていくための費用や老後の資金について不安を感じています。今後、条件にあうパートを探す予定です。また、年金保険の控除額が満額になっていないため、近いうちに新たに加入しようと思っています。3年以内に車の買い替え(350万ほど)を考えていますが、住宅ローンの繰り上げ返済に回した方がいいでしょうか?

A.換金性の貯蓄も必要

今の家計状態では、パートの収入減が吸収できておらず、収入を増やしても増やしても足りなくなります。まずは節約して、株や年金だけでなく換金性の預貯金もして、パートも再開しましょう。

今は、ご主人が67歳までの長期の住宅ローンとなっています。退職までには完済したいので、現在700万円ある貯蓄は、半年分の生活費約200万円を残して、500万円は繰り上げ返済に回し、なるべく元金を減らしておきます。毎月の家計は、膨張傾向にあります。子どもがまだ小さいので、食費は7万円以内におさえ、日用品は1万5000円、雑費は1万円、レジャー代も2万円以内を目指します。幼児教育も大切ですが、習い事に今から7万円もかけていては、高等教育費に対処できません。1人2つまでにおさえ、多くても4万円までとします。そうすると毎月の貯蓄額は約2~5万円となります。ボーナスから年払いを引くと約71万円なので、合計して年間平均約95万~130万円です。

今後の教育費ですが、2人で2000万円は必要です。今のままなら、二女が大学卒業までに約1600万円~2200万円貯まりますが、パート収入があると安心です。パート収入から6万円を貯蓄に回せれば、毎月平均約9万円貯蓄できるので、年約180万円貯まり、2年で車が購入でき、 その後14年間で教育費用に2500万円貯まります。

60歳定年とすると後6年ほどしかないので、教育費分を住宅ローンの返済に使いましょう。保険は控除額満額まで加入して節税するのも重要ですが、余裕がある場合に限ります。

回答者/岐阜大学教育学部教授・大藪千穂

0610kakeibo

「家計簿診察室」で、家計の悩みを解決してみませんか?
あなたの悩みを、大藪千穂さんがズバッと解決! 採用者には1000円分の図書カードを進呈します。
応募方法
①月収(手取り)②毎月の支出(目的別)③ ボーナス金額 ④年払い金額 ⑤貯蓄額 ⑥相談内容(具体 的に)と〒、住所、相談者の氏名、家族構成と年齢、職業、電話番号を明記の上、郵送かメールで応募を  ※個人情報は第三者には開示しません
応募先
〒460-8475(住所不要)名古屋リビング新聞社 「家計簿診察室」係
メール= living@web.co.jp  件名に「家計簿診察室」係と書いて

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 名古屋トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. Q.妻がパートを辞め収入減に。教育資金や老後が不安です。


会員登録・変更