1. トップ
  2. おでかけコレクション
  3. グルメ・イベント
  4. 【イベント報告】「和ごころおもてなしプロジェクト」第8弾in箱根
企画/サンケイリビング新聞社
協力/民族衣裳文化普及協会、箱根ホテル小涌園、カシオ計算機、彫刻の森美術館、ハースト婦人画報社、美容室TAYA、文化放送
【リビング】和ごころ おもてなし デジタルカメラなどが当たる!第8弾 箱根 初心者だって大丈夫! 和の魅力を体感した1泊2日の箱根旅 今度は私が“和を伝える人”に
【リビング】和ごころ おもてなし デジタルカメラなどが当たる!第8弾 箱根 初心者だって大丈夫! 和の魅力を体感した1泊2日の箱根旅 今度は私が“和を伝える人”に 
浴衣美人に変身「着付け講座」

浴衣に映える「ヘアアレンジ講座」

着物を美しく撮る「セルフィー講座」

夕食は旧華族の別邸で、懐石料理を味わう

散策中、アートより目を引く浴衣美人たち

集合写真(画像)
2020年に海外から来るお客さまを“和”の心でおもてなしするため、和文化を知り、その魅力を発信してもらいたいと始まった「LIVING和ごころおもてなしプロジェクト」。中でも毎回大人気の浴衣着付けイベントが、6月6日・7日に箱根で実施されました。参加した10人の読者が1泊2日で和の魅力をたっぷり満喫しました。
今回のイベントで貸し出されたCASIO EXILIM「FR100L」を1人に、「美しいキモノ」2017年秋号を10人に抽選でプレゼント! 【締め切りは、8/23(水)】プレゼントに応募する
今回のイベントで貸し出されたCASIO EXILIM「FR100L」を1人に、「美しいキモノ」2017年秋号を10人に抽選でプレゼント! 【締め切りは、8/23(水)】プレゼントに応募する

夏を前に、美しい浴衣の着付けと立ち居振る舞いを学ぶ

梅雨入り前の6月6日、箱根の「箱根ホテル小涌園」に5組10人の参加者が集合、1泊2日のイベントがスタートしました。
初夏の和ごころおもてなしイベントのテーマといえば「美しい浴衣姿」。
「浴衣の着付け講座」では、民族衣裳文化普及協会のベテラン講師が、浴衣の選び方から着付けの方法、立ち居振る舞いなどを分かりやすくレクチャーしてくれました。
美しい浴衣の着付けのポイントは3つ。「①きちんと補正をする、②衣紋(えもん)がキレイにぬけている、③着丈を短くし過ぎない」と、講師の齊木ひろみさん。丁寧な指導で、初心者とは思えないほど美しい着付けが完成し、参加者のみなさんもうれしそう!

民族衣装文化普及協会 齊木ひろみさんが教えてくれました 浴衣美人のための着付け3カ条

着付けの様子(画像)

▲自分の好きな浴衣を選びます。
プロの目で帯もコーディネートしてくれます

着付けの様子(画像)

▲着付けの経験がなくても、
わかりやすい指導で美しい浴衣姿に

着付けの様子(画像)

▲齊木さん考案の「花提灯」

ヘアアレンジのコツは「くるりんぱ」と「ルーズな三つ編み」!

美しい浴衣の着付けとともに、ぜひマスターしておきたいのが、浴衣姿にマッチしたヘアアレンジです。
美容室TAYAクリエイティブチームによる「ヘアアレンジ講座」では、プロのアドバイスを受けながら、自分の手でステキな和髪を次々と完成させていきます。
浴衣に似合うアップスタイルのヘアアレンジのコツは「くるりんぱ」と「ルーズな三つ編み」の2つ。これさえできれば、誰でもふんわりやさしい雰囲気のアップスタイルが作れます。

ヘアアレンジ(画像)

▲くるりんぱはゆるく結んだ髪の中央に、結んだ髪の毛先を通すだけで、完成

ヘアアレンジ(画像)

▲普段、ヘアアレンジをしない人でもできる、簡単&ステキな和髪を提案してくれました

ヘアアレンジ(画像)

▲三つ編みは写真のように少しつまんで毛を引き出すと、ニュアンスが生まれます

ヘアアレンジ(画像)

▲ゆるふわなアップスタイルが完成!

和装の後ろ姿も美しく撮れるカメラで「着物姿を美しく撮るセルフィー講座」

最後はカシオ計算機のデジタルカメラを使った「着物姿を美しく撮るセルフィー」講座。着物姿の美しいポージングなどのコツをフォトプランナーの市岡麻美さんが解説してくれました。
貸し出されたカメラCASIO EXILIM「FR100L」はカメラとコントローラーを切り離して撮影できる優れもの。帯やアップにしたヘアなどもキレイに撮影できます。
市岡さんから、和装で自撮りする時のポージングなどをレクチャーしてもらった後は、それぞれ自撮りに挑戦しました。

セルフィー(画像)

▲フォトプランナーの市岡麻美さん

セルフィー(画像)

▲EXILIM FR100Lの液晶画面に映る着物姿を確認しながら、美しく撮るコツを教わります

セルフィー(画像)

▲翌日の彫刻の森美術館散策時に、教えてもらったことを思い出しながらセルフィーにトライ!

夕食は旧華族の別邸で、会席料理を味わう

一日の締めくくりは、藤田平太郎男爵の別邸だった「蕎麦 貴賓館」での夕食。国登録有形文化財建造物に指定されている建物で、大正ロマンを感じるレトロな雰囲気は、和のイベントにふさわしい空間。マネージャーの鵜塚康祐さんによる「意外と知らない和食のマナー」のミニレクチャーの後、今日の参加者のためだけに用意された会席料理を味わいました。伊豆や箱根の名産品を使い、季節感いっぱいの料理の数々に、おしゃべりも弾みます。参加者同士もすっかり打ち解けて、楽しい時間を過ごしました。

会席料理(画像)

▲料理長自慢の料理のおいしさに笑顔がこぼれます

会席料理(画像)

▲初鰹のたたき、彩り美しい山の幸五種盛

会席料理(画像)

▲天城産軍鶏と九条葱の炒め物、汲み豆腐のサラダ、手打ち蕎麦、丸茄子水晶煮、釜炊き白御飯、ご飯のお供三種など、山海の幸がふんだんに

新緑の彫刻の森美術館を散策、アートより目を引く浴衣美人たち

翌日は、ヘアアレンジ、着付けをおさらい。昨日のレッスンの成果で、あっという間に浴衣美人に変身した参加者は、美しい自然の中にアート作品が点在する「彫刻の森美術館」へ。多くの外国人観光客の目が、色とりどりの浴衣を身にまとった参加者たちの姿に釘付けに。新緑に彩られたアート作品を鑑賞しながら散策したり、自撮りで記念撮影をしたりと、思い思いに楽しみました。
「和装で外出して、海外の方に注目されたのは初めての経験でした。改めて和装の持つ力に気づきましたし、背筋が伸びる感じがしました」「とても楽しくて、時間があっという間でした。参加できて本当によかったです」と、参加者。終始笑顔でイベントが終了しました。
今度はあなたが参加して、和の魅力を学び、伝える人になりましょう。

浴衣美人たち(画像)

▲彫刻の森美術館で記念撮影中、多くの外国人観光客が10人の浴衣美人に注目。
まさに和装の魅力を海外の人に伝えることができました

浴衣美人たち(画像)

▲浴衣姿が新緑に映えて美しさもひときわ

今回のイベントで貸し出されたCASIO EXILIM「FR100L」を1人に、「美しいキモノ」2017年秋号を10人に抽選でプレゼント! 【締め切りは、8/23(水)】プレゼントに応募する
今回のイベントで貸し出されたCASIO EXILIM「FR100L」を1人に、「美しいキモノ」2017年秋号を10人に抽選でプレゼント! 【締め切りは、8/23(水)】プレゼントに応募する
CASIOのカメラで撮影しました!@箱根小涌園 天悠

今年4月に開業したばかりの、五感が癒される箱根の湯宿「箱根小涌園 天悠」で記念撮影。CASIOのカメラは広角レンズなので、大人数でもきちんとフレームイン。さらに自動補正機能で、逆光やちょっと薄暗い場所でも明るく美しい写真が撮影できます。

記念撮影(画像)
記念撮影(画像)