1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 甥の賃貸アパートの保証人をやめる方法は?

甥の賃貸アパートの保証人をやめる方法は?

Q. 甥の賃貸アパートの保証人をやめる方法は?

夫が、甥が借りているアパートの連帯保証人になって10年。これまで特に問題はなかったのですが、高齢なのでそろそろやめたいと思っています。保証人をやめるのは難しいと聞きますが、何か手段はありますか。

代わりの保証人を探すなどし 家主の同意を得ることが必要

 いったん賃貸借の保証契約を結ぶと、途中でやめることは、相手が同意しない限り、かなり難しいことです。代わりの資力のある保証人を探すなどして、家主と交渉するのが筋でしょう。

 ただし、例外的に、賃貸借の保証を一方的にやめることを許した裁判事例があります。その要件は、①保証期間の定めがない②保証契約を結んでから相当期間が経過している③賃借人がしばしば家賃を滞納し将来も誠実に支払う見込みがない/保証した後になって賃借人の資産状態が著しく悪化し、保証人から賃借人に後で求償できない恐れが出てきた/賃借人が継続して家賃を滞納していることを家主が保証人に告げず、保証人にその都度請求することもなく、一時に多額の延滞賃料を請求して予期せぬ事態に陥らせている、のいずれか④それにもかかわらず、家主が解除や明け渡しの処置をとらず賃借人に使わせている、です。

 今回は当てはまらないため、甥に新たな保証人を探させるなどして、家主と交渉しましょう。

写真

山岸久朗法律事務所
山岸久朗弁護士

大阪弁護士会所属。MBS「せやねん!」、ABC「おはよう朝日です」などでも活躍中。著書に「勝つ相続」


相談募集中

リビング新聞紙面・リビングWebで取り上げてほしい内容と〒住所、氏名、電話番号を記入して、〒556-8515(住所不要)サンケイリビング新聞社「法律ナビ」係へ
インターネットでの受け付けはこちら

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 甥の賃貸アパートの保証人をやめる方法は?


暮らしのコラム

会員登録・変更