1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 夫の死後、住んでいる家を確実に妻に残すには?

夫の死後、住んでいる家を確実に妻に残すには?

夫の死後、住んでいる家を確実に妻に残すには?

Q. 夫の死後、住んでいる家を確実に妻に残すには?

私たち夫婦には子供がなく、親は亡くなり、遠方に兄弟がいます。住んでいる家と土地が財産のほとんどですが、これを配偶者に残すには、遺言書を書くのがよいですか? 注意点を教えてください。

兄弟姉妹には遺留分はナシ 遺言書で全ての遺産を妻に

 子供・親がいない夫が亡くなった場合、妻とともに、夫の兄弟姉妹が相続人となります。

 不動産しか目立った遺産がない場合、兄弟姉妹が相続分を主張してきたときは、結局、妻は不動産を売ってお金で分けざるを得なくなります(その不動産が、兄弟姉妹が小さい頃を過ごした家であったりする場合には、相続分を主張する傾向が特に顕著なようです)。

 これを防ぐ方法が、おっしゃるとおり遺言書です。遺言書で「全ての遺産を妻に渡す」と書くことで、“争続”が予防できます。

 遺言を書くときに一般的に注意しなくてはならないのは、遺言によっても奪われない権利「遺留分」です。すなわち、子や親が相手の場合は、遺言によっても全ての権利を奪うことができないのです。

 しかし、ここで朗報?ですが、兄弟姉妹には遺留分がありません。したがって、「全てを妻に」という遺言があれば、兄弟姉妹からの家を売れという要求は、シャットアウトできるのです。

写真

山岸久朗法律事務所
山岸久朗弁護士

大阪弁護士会所属。MBS「せやねん!」、ABC「おはよう朝日です」などでも活躍中。著書に「勝つ相続」


相談募集中

リビング新聞紙面・リビングWebで取り上げてほしい内容と〒住所、氏名、電話番号を記入して、〒556-8515(住所不要)サンケイリビング新聞社「法律ナビ」係へ
インターネットでの受け付けはこちら

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 夫の死後、住んでいる家を確実に妻に残すには?


会員登録・変更