1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 家族で参戦! 茨木と高槻でガッツリ系グルメフェス!唐揚げ&カレー祭

家族で参戦! 茨木と高槻でガッツリ系グルメフェス!唐揚げ&カレー祭

 暑い夏こそ食べたくなる“カレーと唐揚げ”。夏休み期間中、茨木と高槻でガッツリ系垂涎(すいぜん)のグルメフェスが開催されます。いざ、家族で参戦~!

osk_170720_karaagecurry_03

 毎年、高槻まつりの会場で決勝戦が行われる「高槻唐揚選手権」。実行委員長の三戸昌人さんは、「参加店舗も増え、レベルも年々高くなっています」と手応えを実感。
 事前に、全国から集結した日本唐揚協会認定の“カラアゲニスト”らが審査し、3店舗に絞り込みます。決勝戦当日、この3店舗の唐揚げが1個ずつ入った3個入りセット300円を来場者が購入し、「これぞ」と思う唐揚げに投票。最も票を集めた唐揚げがその年のナンバーワンです。三戸さんいわく、「一口に唐揚げといっても、揚げ方、下味のつけ方などで味が全然違う。奥が深いんです」。
 18件の応募から、決勝に勝ち残ったのは、「くいもの屋わん 阪急高槻店」(北園町)、「高崎流居酒屋道場 高槻店」(城北町)、「ほっかほか弁当 緑ケ丘店」(緑が丘)。8月5日(土)、6日(日)開催の高槻まつりで投票してみて。

osk_170720_karaagecurry_04

昨年2回目の最高金賞を受賞した「酒宿したら」(別所新町/電話050-3559-7593)の“鶏のカラアゲ”(5~6個入り550円)。やわらかくてジューシーな食感は子どもにも人気

osk_170720_karaagecurry_05

昨年の高槻まつりでの決勝戦の様子。ブースには3店舗の唐揚げを求める行列が

 予選会で審査するカラアゲニストたちは、肉汁が広がる“汁ジュワ”、衣の揚がり具合がカリッとしていたら“衣カリ”など、独特のワードで唐揚げを評価。決勝戦ではそんな観点を意識しながら、唐揚げ通のように楽しんでみて(三戸さん)。

osk_170720_karaagecurry_06

 11回目を迎える「茨木カレーサミット」。フェイスブック「Ibaraki Curry Sumitt イバラキ カレーサミット」(https://www.facebook.com/sojiji.presents.iintelligens.curry.event/)で参加宣言をした茨木市内の店舗が、期間限定メニューをアップ。中華料理店やオランダ料理店など、普段はカレーの提供がない店舗のまかないカレーをはじめ、総菜店が出す「カレーコロッケ」、たこ焼き店で味わう「カレーソースたこ焼き」など、イベント期間中しか食べられない多彩なラインアップが人気を呼んでいます。
 「この日のために限定カレーメニューの開発に力を入れる店も多いです。提供する店舗のオーナー同士が食べ歩くなど、何より店側が楽しんでいますね」と主催者の石原詠子さん。今年もすでに70店舗以上が参加するカレーサミット。スマホ片手に、家族でハシゴカレーしてみては。

osk_170720_karaagecurry_07

Cocina(コシナ・茨木市総持寺駅前町/電話072-622-7518)で過去のイベント時に提供された特製グリーンカレー(980円)

osk_170720_karaagecurry_08

左から常連の松井一樹さん、店長の吉里直歩さん、イベント主宰者の石原さん

 1人で何杯もカレーを食べるのは大変なので、5人くらいでグループを作ってシェアしながら巡れば、いろいろなカレーを楽しめますよ。飲み物だけ人数分を注文してくれればお店も大歓迎です(石原さん)。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 家族で参戦! 茨木と高槻でガッツリ系グルメフェス!唐揚げ&カレー祭

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞 2017年 冬号

電子ブックを読む



会員登録・変更