1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. ★妻のホンネ★ネコブームと言われているけれど、実際は!? ペットにまつわるホンネ

★妻のホンネ★ネコブームと言われているけれど、実際は!? ペットにまつわるホンネ

ネコブームと言われているけれど、実際は!?
ペットにまつわるホンネ

osk_170831honne_pic01

 疲れていても、その愛くるしい顔を見ていると癒やされるのが“ペット”。長らくネコブームが続いているけれど、実際にみんなはどんな種類のペットを飼っているの? 今回は、ペットに関するミセスのホンネをリサーチ。気になる費用から“溺愛エピソード”まで、リアルな声を集めました。

データ・コメントは「リビングWeb」で、2017年7月20日~8月2日に実施のプレゼントアンケートから。有効回答数1466。

現在、ペットを飼っていますか?

osk_170831honne_graph01

約7割の人がペットの飼育経験アリ

「現在ペットを飼っている」という人は全体の2割程度でしたが、「飼ったことがある」人は約半数と、約7割の人がペット飼育経験アリ。“飼ったことがない”という人からは「転勤族」「旅行好きなので」「アレルギー」と飼えない理由のほか「子どもが大きくなったら飼う予定」など“今後飼いたい”という意見も見られました。

飼っているペットの種類は?

osk_170831honne_graph02

リビング読者はイヌ派が圧倒的多数!ネコ派は20代に集中!?

 ネコブームが続く中、飼っているペットの種類は「イヌ」が約4割とダントツの人気。「実家で長年飼っている」など、ネコブームが始まる前からイヌを飼っているという人が多いよう。ネコを飼っている人は全体の2割程度でしたが、20代だけはイヌよりネコ派が上回り、若年層がネコブームに沸く様子が見受けられます。また、20代~40代では「昆虫」を飼っている人が1割程度いるものの、50代以上ではゼロ。昆虫は子育て世代ならではのペットといえるようです。「その他」は、ハリネズミ、モモンガ、フェレットなどの動物があげられました。

ペットにかかる1カ月あたりの費用は?

osk_170831honne_graph03

約6割が「5000円未満」60代になると予算がアップ

 全体では「5000円未満」が約6割という結果ですが、世代別に見ると60代だけは「5000円以上」と答える人が過半数と、ペットにかける費用が増える傾向に。「老犬なので病院代がかかる」といった声や「ペットのトリミング費用=夫+息子2人の散髪代」(豊中市・50)なんて声も見られました。

夫とペット、どちらと過ごす時間が大切?

osk_170831honne_graph04

若い頃は夫が最優先、でも次第に“どちらともいえない”に変化…!?

 20代は「夫と過ごす時間」を選んだ人が6割以上。けれど、30代からその比率はガクンと減少。「ペットの食事を先に用意して疲れ、夫の食事は手抜きになってしまう」(吹田市・38)など、若干ペット優先になる動きが見られ、50代以上になると「夫と過ごす時間」より「どちらともいえない」と答える人が上回る結果に! 「旦那にイライラしても、イヌの顔を見るとやわらぐ」(伊丹市・36)、「夫婦ゲンカをしていても、ペットによって仲直りできるし優しくなれる」(神戸市・76)と、ペットの存在は夫婦の仲をとりもつ貴重な存在といえるようです。

カブトムシで破産寸前!? リスが夜中に脱走!
予想外の苦労エピソード

  • 大きいカブトムシを育てようとして、高価なエサや土をネットで大量購入。置き場所も困るし、お金もかかりすぎで破産寸前(京都市・34)
  • は虫類はエサやりが週2回程度で良いと聞き、気兼ねなく旅行できるかと思いきや、エサとなるコオロギのお世話が毎日必要。エサ用なのに今ではコオロギの方が手がかかり、子どもに「どっちがペットかわからない!」と言われてしまった(尼崎市・29)
  • リスは夜中にゲージを脱走してよく行方不明になり、朝は捜索から始まることもしばしば…。怒りもあったが、食器棚の間から、かわいい顔を覗かせているのを見ると許してしまう(豊中市・30)

夫の部屋はないのにハムスターの部屋が完成!?
いつしか夫よりペット優先の生活に

  • ダンナの誕生日会はしないけれど、ペットの誕生日会はする(西宮市・31)
  • 夫の部屋はないのに、ハムスターを放し飼いにする部屋を作ってしまった(豊中市・34)

夫婦の会話がなくなってもこの子がいれば!
ペットは家族の大切な潤滑油

  • 子どもたちが大きくなり、旦那と話すことも少なくなってきたけど、文鳥が2人の間にいてくれるだけで家の空気がなごむ(吹田市・39)
  • イヌは思春期の息子とも一緒にかわいがれるし、夫とも穏やかな時間が流れます。 将来、息子が自立した時にこの子がいなければ夫婦に話題があるのか? わが家になごみをありがとう、という大事な存在です(神戸市・47)

イヌのために車を改造、エアコンは24時間稼働!
もはやペット中心の生活です

  • イヌのためにペット可のホテルを利用していたけど、選択肢が限られるので、車をハイエースに変えて改造し、車中泊やキャンプなど旅のスタイルを変えた(豊中市・44)
  • 実家のイヌがアレルギー持ち。少しでも背中を痒がらないように毛の長さを短くしているので、わが家で一番頻繁に美容院に通っていて、料金も一番高い(神戸市・31)
  • プレミアムフードと手作りおやつしか与えないので、人よりエンゲル係数が高い(神戸市・45)
  • 夏はほぼ24時間エアコンが稼働している。もし、外出中に停電でエアコンが切れたら!と思うと出かけられないので、サークルの中にタオルでくるんだアイスノンとベッドの中に凍らせたペットボトルをタオルにくるんで入れています(宝塚市・47)
  • ペットの美容室は温泉付き。一度温泉に入れたらお気に入りになってしまい、その顔を見るとつい財布のヒモがゆるむ。家族の誰よりも美容代が高い(高槻市・48)
 

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. ★妻のホンネ★ネコブームと言われているけれど、実際は!? ペットにまつわるホンネ


会員登録・変更