1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 目指せ!家事の時短 スーパー主夫に聞く効率的な家事の方法

目指せ!家事の時短 スーパー主夫に聞く効率的な家事の方法

  • 2017/10/12 UP!

“省力化”と“家族の協力”が解決のキーワード

 家事タイムを減らしたいと思うミセスは5割以上(グラフ参照)。外で働くミセスが増えている今、効率的な家事のやりくりを考えてみませんか。“楽家事”を提唱する山田亮さんに話を聞きました。

osk_1012_homeworkreform_02

家事ジャーナリスト
楽家事ゼミ主宰
山田亮さん

会社勤めのかたわら社会福祉士の資格を取得。結婚後はキャリアウーマンの妻を支え、長女の育児もこなすスーパー主夫に。三田市男女共同参画推進委員、島本町人権啓発施策審議会委員。
http://rakukajiseminar.com/

osk_1012_homeworkreform_01

※ 2017年9月7日~13日、リビングWebで実施のアンケートから。
有効回答数203。その他(n=11)はグラフに含まず

osk_1012_homeworkreform_03

タイムマネジメントを取り入れて

osk_1012_homeworkreform_04 主夫業に加えて、原稿執筆や講演活動で多忙な山田さんにとって「タイマー」が時短家事グッズ。「例えば、洗濯の終わる時間にタイマーをセットして、その間に外周りの掃除や買い物へ。あと何分で終わらせようと思うことで、作業のスピードもアップします」
 各家事にかかる時間を把握して、全体を俯瞰的に見ることで、効率的な作業の組み合わせも分かります。「料理なら、まず最初に頭の中で手順をシミュレーションしてから調理をスタートして」
 また、買い物は必ずリストを作ってから。“これは来週出かけたときにあの店で買うことにしよう”“車での買い出しはこの順番で回ろう”など、スケジュールを考えて無駄なく行動できるそう。「家事にもタイムマネジメントが大切です」

“オレ家事グッズ”で夫を巻き込む

 「時短をかなえるのは、省力化と共同化。特に共同化(=家族の協力)は、かなりの効果が期待できます」と山田さん。例えば、食後の器は各自が下げてさっと水をかけておくだけでも、洗いものが随分ラクに。簡単なことから始めてもらい、それで助かっていることを家族に伝えましょう。夫の家事参加については、「夫が家事に興味を持つきっかけはそれぞれですが、ブレンダーや窓ふき機などの機械モノは喜んで使う男性が多い。“オレ家事グッズ”があるといいかもしれません」。

高齢化も視野にムリをしない

 終わりのない家事には、やる気が出ない日も。山田さんは「つらいときはムリをしないで」と言います。「冷凍食品を詰めただけのお弁当だって、たまにはアリ。いつも全てをキチンとしていなければと、家事のハードルを上げすぎないで。今はよくても、高齢になると、このままの家事量をこなすのは難しくなります。今のうちから、省力化・時短を考えていきましょう」

osk_1012_homeworkreform_05

テレビは時計代わり。忙しい朝もつけたまま

 “見ないで手を動かしているから大丈夫”という人は多いのですが、実際は、ついチラチラ見たり作業スピードが落ちたりしているもの。音がないと寂しいなら、ラジオやBGMにとどめて。

子供が脱ぎっぱなしにした服は私が回収

 服を脱いだらポケットを点検して、靴下は裏か表かを左右でそろえて洗濯カゴへ入れる。諦めず、家族に習慣づけてもらいましょう。当たり前のことですが、これが家事をスムーズに。

今日は中華で手早く、炒め物3品でキマリ

 調理時間の短い炒め物も、そればかりでは同時調理が難しく、できたてを一緒に出すことができません。煮物など、調理を放置できるメニューを取り入れて、その間にほかの作業をする方が効率的。

週末に1週間分の作り置きはマスト

 作り置きが向いているのは、家族の予定に急な変更が少なく、1週間の献立を決められる家庭。まとめてたくさん作ることや、それをうまく使うことが負担になるなら、必要ないかも。ちなみに私の作り置きは、肉みそ、切って冷凍したネギ・薄揚げの3つだけです。

これを使って今日から夫も家事参加
男性もハマる家事グッズを、抽選で8人にプレゼント

 山田さんいわく“男性の家事参加には道具も大切”ということで、東急ハンズ心斎橋店の杉村圭志さんに、男性向けの家事グッズについて聞きました。
 「男性のお客さまは、構造や素材などに、こだわりやうんちくがある商品に興味を持たれる傾向があるようです。例えば、特定の果物に特化した皮むき器(リンゴだけ、かんきつだけ、ブドウだけなど)は、男性がよく手にされています。女性は道具の数を増やしたがらず、1つの道具に汎用性を求める方が多いので、対照的だと感じますね」
 そんなこだわりのアイテムを味方につければ、夫も家事に興味が持てるかもしれません。
 そこで、同店で取り扱い中の商品の中から、実際に男性の関心が高い家事グッズを3点紹介します。各メーカーからは読者プレゼントも。奮って応募して。

osk_1012_homeworkreform_07

東急ハンズ心斎橋店
3F キッチン・クリーン
用品コーナー
杉村圭志さん

アイセン/ローラー式洗濯ブラシ 756円

osk_1012_homeworkreform_08 襟や袖などのガンコな汚れに、コロコロ転がすだけで下洗いできるローラーブラシ。極細の繊維なので、泡立ちがよく、衣類の繊維の中に入り込んだ汚れを、軽い力でかき出すことができます。
杉村さんから一言
「襟の汚れなどを男性自身がケアされるのか、奥さまにラクをしてもらうためなのかはわかりませんが、男性の関心が高い商品です」

イシガキ/スキレット 片手18cm 1382円
<プレゼントには、専用のシリコン製ハンドルカバーもセット>

osk_1012_homeworkreform_09 蓄熱性が高く、熱を保ちたいアヒージョやシンプルなステーキなど、さまざまな料理をおいしく仕上げてくれる人気の鉄製フライパン。使うごとに油がなじんで、どんどん使いやすくなります。
杉村さんから一言
「アウトドアでも活躍する武骨なスキレットは、男性からも人気です」

ケミコート/超電水クリーンシュ!シュ!
スプレーボトル(500ml) 1058円

osk_1012_homeworkreform_10 キッチン周りの油汚れにぴったりの、電解アルカリイオン水の洗剤。成分は水だけで、二度拭き不要です。冷蔵庫や電子レンジの内部にも気軽に使えます。湯のみの茶しぶなどにも効果が。
杉村さんから一言
「テレビなどでこの商品が紹介されると、男性からの問い合わせが増えるんです」

応募締め切り:10月25日(水)

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 目指せ!家事の時短 スーパー主夫に聞く効率的な家事の方法


会員登録・変更