1. 大阪トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 【区長さん登場!】大阪市淀川区長 山本 正広さん

【区長さん登場!】大阪市淀川区長 山本 正広さん

区長さん登場!大阪市淀川区長 山本 正広さん

まちを愛する人々の熱い思いが
大阪の夏の風物詩を育てました

写真

大阪市淀川区長 山本 正広さん

やまもと・まさひろ
1958年大阪市都島区生まれ。59歳。大阪市立大学法学部卒。81年大阪市に奉職後、鶴見区へ。各局、旭区長を経て今年4月現職。大阪市役所セレッソ大阪ファンクラブ会長。

Q 8月5日(土)は、29回目の「なにわ淀川花火大会」ですね。

 「ずっと民間の運営で続けられています。当初は地域の盆踊り大会の景気づけとして始まったようですが、淀川のまちを愛するみなさんの熱い思いが徐々に広がりを見せ、いまでは大阪の夏の風物詩になりました。ここの花火は、上がるところが近いので、重低音がドンとおなかにくるんです。アレがいい!」

Q 昔ながらの人の交流が健在しているよう。

 「みなさんお忙しいのに、地域のイベントの打ち合わせとなると、夜でも骨惜しみせず何度でも集まってくださいます。イベントの内容も、マンションなどの新住民も入って来やすいよう、小さな子どもが楽しめる内容にと意識されていますね。淀川のまちを大切にしている方が、本当に多いですよ」

Q 淀川区には、夏休みに子どもたちの睡眠を見守るがんこおやじ「夢さん」が出没するとか。

 「夢さんは、夏休みの毎晩9時からSNSアプリLINE上で夜回りし、子どもたちに早寝を呼びかける画像を配信します。ぜひ、LINEで“大阪市淀川区役所”を友達登録してみてください。毎晩、夢さんが“ちゃんと寝てるか!”と見回りに来てくれますよ。職員発の企画で、ほぼノーコストなのも自慢です」

Q 区内には、大阪の北の玄関口として発展する新大阪駅があります。

 「まちの規模が大きくなっても、区民同士の関係がスカスカになってはダメ。みんなの笑顔をつなげるまち。玄関口にふさわしい、そんなまちを目指したいです」

(編集部 大野和子)

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 【区長さん登場!】大阪市淀川区長 山本 正広さん


会員登録・変更