1. 大阪トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 貯蓄が少なく、老後が心配です

貯蓄が少なく、老後が心配です

貯蓄が少なく、老後が心配です

Q:質問

貯蓄が少なく、老後が心配です

 老後に向けて、どの支出を見直し、どれくらい準備をすれば良いのでしょうか。30年の住宅ローンは繰り上げ返済し、19年で昨年完済しました。そのため、貯蓄が1200万円しかありません。夫のボーナス年約80万円はほぼ貯蓄、定年は65歳で退職金は約500万円です。子供二人は独立し、それぞれ家庭を持っています。

(尼崎市・Sさん)

A:回答

使い道を見直し、引き締め態勢に

 住宅ローンを繰り上げ返済したのは正解でした。まずは年金給付額を知ることから始めましょう。お近くの年金事務所のほか、最近はネットでも簡単にわかるので、確認してみてください。

 現在の家計はしっかりしていますが、そろそろ引き締め気味にしましょう。近年、一般的に通信費が高くなっていますが、専門チャンネルはきちんと見ていますか? その他、活用していないものは見直しましょう。小遣いは収入の一割が相場なので、ご主人はそのまま、あなたは1万5000円ぐらいに。専門チャンネルの解約などの見直しとあわせて、月2万円は節約できそうです。

 では、これからの貯蓄額を見てみましょう。「毎月の貯蓄・黒字分・節約した2万円・ボーナスのうち70万円」6年間分と退職金と現在の貯蓄で、退職までに約4400万円。その後は小遣いを二人とも2万円にすれば、支出は約17万円となります。サラリーマンの年金の平均は月22万円なので、差額の5万円を貯蓄すると、85歳までの20年間で約1200万円に。合計約5600万円が老後費用にあてられます。年金額以内で生活できれば、家の維持費用や交際費などを含めて十分な貯蓄額です。パートは健康のためにも、長く続けられるといいですね。

(岐阜大学 教育学部教授 生活経済学 大藪千穂)

家計簿

 1カ月の家計簿と相談内容、〒住所、氏名(紙上では匿名)、電話番号を書き、〒556-8515(住所不要)サンケイリビング新聞社「設計」係へ。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 貯蓄が少なく、老後が心配です


会員登録・変更