1. 大阪トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム, リフォーム
  4. チラシ広告の見方など リフォーム会社選びのチェックポイント【Re Re Life リリライフ 特集】

Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション

チラシ広告の見方など リフォーム会社選びのチェックポイント【Re Re Life リリライフ 特集】

信頼できる会社の探し方・見極め方とは?  リフォーム会社選びのチェックポイント

 リフォームを依頼する会社選びは、リフォームを成功させる鍵と言ってよいほど重要です。信頼できるリフォーム会社を探すには、どうしたらよいのでしょうか? 会社のチラシ広告やパンフレットを見る際に、注意しておかなければならないチェックポイントなど、一般社団法人 日本住宅リフォーム産業協会の矢島一さんに聞きました。

イラスト

チラシ広告のココに注意

  • チラシの価格だけで判断は禁物。実物を見て確認しよう
  • 人件費、部品代が入っているかなど、工事内容を営業担当に説明してもらおう
  • 2、3社に相見積もり。複数の意見を聞こう
  • 相見積もりは、「地元密着」「中堅」「大手」など、変化のある会社選び

 リフォーム会社の広告には「リフォーム箇所3点で〇万円」と驚くような安い価格を売りにしたチラシもあり、すぐに飛びつきたくなりますが、これには注意が必要です。なぜなら、チラシ広告に掲載できる情報量は限られているため、価格のなかには何が含まれているのか、広告からだけでは確認することができないからです。

イラスト

 広告掲載の写真に使われているリフォームの商品や建材の仕様は何か?工事込みの価格であれば、電気や配管はどういった工事がされるのか?など、細かく確認することが必要です。キッチン、風呂、トイレ、建具などメーカーの商品であれば、多少面倒でも実際にショールームへ行って、リフォーム会社の表示する価格が妥当かどうかを検討することも大事。もし安すぎる場合は、人件費や部品を削るなど、どこかで手抜き工事をされる可能性もあるので、リフォーム会社の営業担当者に工事内容について詳しく聞いておく必要があります。

 ただ、リフォーム工事の内容に関しては素人でわからない部分が多いのも事実です。家の構造や築年数等によって、どのような工事を進めたらよいかは一軒一軒で違います。その場合は、リフォーム会社を2,3社選び、相見積もりをとれば各社提案してくる内容が違うはずなので、複数の専門家の意見を聞くことができます。相見積もりをとるリフォーム会社を選ぶときは、地元密着型、中堅、大手と変化をつけると、それぞれの強みがわかり比較検討しやすいでしょう。

イラスト

失敗事例から学ぶ 事前確認したいこと

  • 工事中のプラン変更は、都度しっかり確認しよう
  • 訪問業者とはその場で契約せずに、別の業者にも相談
  • 訪問業者との契約時に、クーリングオフについても確認しよう

 リフォーム工事を始めてから、家の構造上プランを変更しなければならなかったり、追加の工事が発生したりすることもあります。通常はリフォーム会社と施主で相談をしながら進めますが、取る予定だった柱が実際には取れなかったために、仕上がりが想像と違ったという事例も。見積もりの段階でリフォーム会社があいまいな返事をしたところについては、工事が進む中で都度確認することが大切です。工事が終わってしまうと、リフォーム会社、下請業者、メーカーなど、各社が責任を押し付けあう結果になることもあります。

イラスト

 また、チラシ広告やパンフレット以外では訪問営業というスタイルをとるリフォーム会社もあります。なかには「近所でリフォーム工事をしているので、今なら無料で点検する」と屋根や外壁、配管などをチェックし、必要以上に不安をあおり「今、リフォーム工事の契約をすれば、割引できる」と言って無理やり契約しようとする悪徳業者も。訪問営業でこうした指摘を受けたときは、その場では契約せずに別の会社にセカンドオピニオンを聞きましょう。また、現在は訪問による住宅のリフォーム契約においても、契約日から8日以内であればクーリングオフが可能です。契約の際には必ずクーリングオフの内容についても確認するようにしましょう。

イラスト

リフォーム会社を選ぶ際のポイント

  • 建設業許可に登録されているか
  • 工事に関する賠償責任保険に加入しているか
  • アフターサービスがあるか
  • 「リフォーム瑕疵保険」に加入しているか
  • 補助金などを詳しく説明してくれるか

 リフォーム会社を選ぶときのポイントとしては「建設業許可に登録をしていること」「工事に関する賠償責任保険に加入していること」なども大きなチェックポイントです。また、工事後にきちんとしたアフターサービスを受けられるか、「リフォーム瑕疵保険」に加入しているか、なども重要です。実際に住宅展示会やモデルハウスに足を運び、会社の雰囲気や担当者の対応などを知っておくのもよいでしょう。また、価格を売りにしているチラシ広告でも、リフォーム会社による期間限定のイベントなどはうまく利用するとおトク。補助金の対象などを詳しく説明してくれるリフォーム会社もオススメです。

困ったときはどこに相談すればいい?

 リフォーム工事でトラブルがあった場合は、下記の相談窓口へ電話しましょう。弁護士および建築士による専門家相談についてもアドバイスを受けることができます。また、リフォーム会社選びで迷った場合の相談窓口も。どんな会社か確かめたり、リフォーム会社の紹介を受けたりすることができます。

トラブルが起こったら

『コレカラ』専用ダイヤルTEL.03-6280-4343(平日 午前10時~午後5時まで)
※相談無料、通話料は別途発生。

『住まいるダイヤル』TEL.0570-016-100(平日 午前10時~午後5時まで)
PHSや一部のIP電話からは03-3556-5147
※相談無料、通話料は全国どこからでも市内料金で利用可能。

会社選びで迷ったら

TEL.03-5541-6050(平日 午前9時~午後5時半まで)
※相談無料、通話料は別途発生。

取材協力:矢島一さん
一般社団法人 日本住宅リフォーム産業協会 理事、近畿支部 支部長
一級建築施工管理技士。1級エクステリアプランナー。増改築相談員。耐震技術認定者。

日本住宅リフォーム産業協会(通称ジェルコ)は、1983年10月に誕生した、日本で初めての、そして現在では国内最大の「リフォーム関連企業」の全国組織。全国優良リフォーム企業500社を含む、リフォーム事業の先進企業が数多く属し、相互の交流を図りながら、信頼・リフォームの提供を目指しています。

photo

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム, リフォーム
  4. チラシ広告の見方など リフォーム会社選びのチェックポイント【Re Re Life リリライフ 特集】
Re Re 特集 リリ特集
Re Re ルポ リリルポ
Re Re 図鑑 リリ図鑑