1. 埼玉トップ
  2. 埼玉スタッフなう

災害時に役立つ情報を発信! REDS WAVE×イオン「災害時緊急放送に関する協定」締結

2017/4/17

「安心安全なまちづくりに貢献したい」
地元流通施設とコミュニティ放送局が
タッグを組む

4/11、「REDS WAVE」(さいたま市内FM87.3メガヘルツ)としておなじみのコミュニティ放送局「City FMさいたま」と
イオンリテールが災害時の緊急放送に関する協定を締結しました。

地震や風水害などの天候によって、地域住民が避難する機会が増えています。有事の際に暮らし・地域を支えるライフラインとして防災対策を強化中のイオンと放送区域のさいたま市の話題・情報をきめ細かに発信している「REDS WAVE」。この協定では、地震など大規模な災害が発生した際に、地域住民に必要とされる「地域密着の情報」を迅速、適切に提供していくことが可能に。

さらに、さいたま市内にあるイオンの営業情報や商品の入荷状況を「REDS WAVE」が発信することも盛り込まれ、店舗周辺の被災状況など市民の暮らしや地域に関する緊急情報も発信していくとか。対象となる店舗はさいたま市内の5店舗(与野、大宮西、大宮、北浦和、浦和美園)。イオンリテールの濱田和成支社長が「協定締結により、災害発生時の地域のみなさまの安全確保や情報発信の拠点づくりに役立ちたい。安全安心なまちづくりに微力ながら貢献したい」と話しました。

Exif_JPEG_PICTURE

イオンリテールの濱田和成支社長(左)と「City FMさいたま」の桶本詔亮代表取締役社長

締結を記念したイベントや新番組もスタート! 災害時におけるラジオの大切さが見直されていると聞きます。地元のラジオ局と身近な流通施設が力を合わせるという取り組みは心強いですね。こうした動きがもっともっと広がっていくことを期待します。

イオンモール与野・ローズコートで
防災協定締結記念・公開生放送!
4/29(土・祝)13:00〜14:55
「AKANEのCatch The Music!」
元さいたま観光大使で歌手のAKANEさんが軽快な音楽とともにスタジオを飛び出し「イオンモール与野」から「防災トークショー」などを公開生放送します。
また、当日9:20〜10:00にはさいたま市を震源とした震度6の地震発生を想定した防災訓練を開催。ほかにも11:00〜11:30「ジャグリングショー」、15:30〜16:30「防災ママカフェ」などのイベントもあります。

月〜金曜は「REDS WAVE」で「こんにちは!イオンです!」を放送
4/3から「こんにちは!イオンです!」開始されました。主な内容はイオンの防災関連情報「トップバリュのローリング・ストック商品の紹介など」、さいたま市内5店舗のお買いもの情報や周辺地域情報など。
放送時間 月〜木曜 13:15〜約2分間
金曜13:15〜約5分
周波数  さいたま市内、FM87.3メガヘルツ
(区域外でもインターネットによりPC、スマホなどで聴取可能)

s-food

ローリングストックとは?日常的に使いながら「もしも」に備える、東日本大震災時、「備蓄用の食料の賞味期限が過ぎていて使いものにならなかった」「アレルギーの子どもの食事の確保に苦労した」などという多くの体験から生まれました。ローリングは「回転させる」、ストックは「備蓄」という意味で、非常食を含め災害用品を日常的に使用しながら備えることをいいます。

 

s-fmsutajio「REDS WAVE」は浦和ワシントンホテル1階のスタジオから「今日も身近な情報を発信中!」と同局パーソナリティーの小澤由実さん

コメント (0)

  • 1
  1. 埼玉トップ
  2. 埼玉スタッフなう


暮らしのコラム

会員登録・変更