1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. 北海道の新米をおいしく食べよう!「ゆめぴりか」など品種ごとの特徴と上手な炊き方

北海道の新米をおいしく食べよう!「ゆめぴりか」など品種ごとの特徴と上手な炊き方

  • 2017/10/04 UP!

新米をおいしく食べよう もっと知りたい!北海道米
新米をおいしく食べよう もっと知りたい!北海道米

 北海道米は今や、多くの道民に毎日の主食として選ばれ、定着しています。
でも、品種が豊富だからこそ「おなじみの銘柄以外食べたことがない」という人も多いのでは? そこで今回、北海道米の品種や食べ方を大特集! お米をよりおいしく味わうためのトピックスも併せて紹介します。新米がおいしい季節、“米どころ”北海道でその恵みを味わいつくしましょう。

構成・文/村本香子、撮影/亀谷光、イラスト/柏葉祐司
取材協力/ホクレン農業協同組合連合会

範國有紀さん

監修/ 範國有紀 さん

料理研究家・フードコーディネーター。栄養士、ごはんソムリエの資格を持つ。著書に「やっぱりごはんでしょ」(北海道新聞社)などがある。

Made in Hokkaido

充実期を迎えた北海道米
おいしさと多彩な品種が魅力です

今年も店頭に新米が出回る時期になりました。その多くを北海道米が占めていると思いませんか? それもそのはず、現在、道内で食べられている米の消費量の約9割が北海道米。下のグラフを見ると新品種が登場するにつれ、じわじわ人気が高まってきたことがうかがえます。
かつては〝やっかいどう米〞とまでいわれたのは昔の話。近年、日本穀物検定協会の食味ランキングでは「ゆめぴりか」「ななつぼし」「ふっくりんこ」が最高位・特Aを数年連続で獲得するなど、おいしさが全国的に定着したのはご存知の通り。さらに、次項で紹介するように多くの品種が栽培され、その多彩さも魅力といえるでしょう。
この味と多彩さは北海道の米作りの歴史で培ってきたもの。明治時代の「北国で米を作りたい」との思いから始まり、量産化の実現、さらに味の追求と多くのハードルを乗り越えてきたのです。以前は、道外の米どころではコシヒカリ、ササニシキが主流でそれさえ作れば売れるとばかりに大量生産されていました。近年では変化があり、地域ごとに個性豊かでユニークな名前の品種が作られるように。この流れは「きらら397」以降の北海道米の躍進が大いに刺激となったのだそう。
これからも北海道米は新たな挑戦を続けていくことでしょう。ぜひ一つでも多くの〝お気に入り〞を見つけて、北海道米をより楽しんでみませんか?

北海道米の道内食率

食べ比べてみませんか?
北海道米 品種カタログ

 北海道米のおもな品種の特徴、さらに、愛食しているオントナパートナーのおすすめコメントを紹介します。料理によって使い分けたり、“いつもの”と食べ比べたりする参考にしてくださいね。

※お米の特徴・おすすめの食べ方はオントナが今回の特集のために独自に判断したものです

ななつぼし

味と食感の好バランスにファン多数!
道内で最も多く作られ、最も多く食べられている品種。甘さと粘りが程よくバランスが良いため、どんな食べ方にも適正あり。冷めてもおいしいことからお弁当のごはんとしても優秀です。

おすすめの食べ方

そのまま、寿司、お弁当などオールマイティー

ななつぼし

私も食べています!
お手ごろ価格なのに美味しい。弁当に入れてもぱさつき感がないように思う(50代・Hさん)
価格が安定しているので(40代・Sさん)
食べ飽きしないのが一番だと思う(40代・Kさん)
味も粘りも「程よい」感じが良い(50代・Kさん)

ゆめぴりか

濃厚な味と心地よい食感。北海道米の集大成
濃厚なうま味と粘り、ツヤを兼ね備え、その味は全国でも定着。名実ともに北海道米の集大成であり最高峰。品質を守るため、生産者、JA、北海道が協議会を結成し独自の品質基準を設定。基準をクリアしたものには認定マークを表示しています。

おすすめの食べ方

そのまま炊きたてを!

ゆめぴりか

私も食べています!
もち米のようにもちっとしていて、しかも甘い。 浮気せずこれ1本です(40代・Oさん)
粘りが多く甘みがあり、口の中で満足感を得られる(60代・Iさん)
値段に合ったおいしさです(50代・Sさん)
柔らかさ・粘り・美味、3拍子そろっています(70代・Sさん)

おぼろづき

もっちり強い粘りと深い味わい
登場時、そのおいしさと、当時の流通量が少なかったことから“ 幻の米”と話題に。もっちりとした強い粘りと甘みが特徴です。深いうま味と力強い粘りは、しっかりした味わいの肉料理や洋食ともマッチします。

おすすめの食べ方

肉料理・洋食

おぼろづき

私も食べています!
粘りがあって甘さを感じる(60代・Sさん)
価格も妥当で、弁当に入れてもおいしい(60代・Kさん)

ふっくりんこ

道南で生まれ、大切に育まれた高品質米
道南で開発され、現在も主に道南で生産。産地をあげて品質保持への取り組みが進められています。ふっくら食感が魅力で、しっとりした甘さは刺し身などの魚料理や和食の味を引き立てます。食感を生かしておにぎりにも!

おすすめの食べ方

刺し身などの魚料理や和食

ふっくりんこ

私も食べています!
私も函館出身なので(笑)。粒が大きめでふっくらしているのも気に入っている(50代・Tさん)
名前の通りふっくらして、つややかで美味(60代・Iさん)

きたくりん

農薬低減でクリーン育ちの注目株
病気に強いため農薬の使用を低減できる上に、安定して生産が可能。近年消費量が増えている品種です。あっさり目の味わいなので、どんな食べ方にしてもよく合うのも特徴の一つです。

おすすめの食べ方

どんなおかず、食べ方にもぴったり

きたくりん

私も食べています!
食味・粘りと値段のバランスが良い(50代・Oさん)
ふっくらつやつや。甘みもある(50代・Aさん)

まだまだありますきらら397
これまでにない「おいしい北海道米」として注目を浴び、定着したロングセラー。丼ものやチャーハンなど、加工するメニューにもよく合います。現在は主に業務用やブレンド米として使われています。ほしのゆめ
くせのない味わいがおかずの味を引き立てる、あっさり風味の品種。ほかにも…
現在ある品種の中で最も長い間栽培されている「ゆきひかり」、業務用に特化した新品種「そらゆき」、直接、田んぼに種をまいて育てる「直播(じかまき)米」として期待がかかる「ほしまる」など、多くの品種が作られています。

もっとおいしく! ① 道具にこだわる

炊く鍋を変えれば、いつもの炊飯器とはまた違う味わい!

おもてなしにも! 土鍋で炊いてみよう ※2合の場合

  1. 米をとぎ吸水させてから水を切り、鍋に入れて水360gを注ぐ
  2. 強火にかけ、沸騰して湯気が出てきたら弱火にする
  3. 湯気の量が少なくなったら、火にかけてからトータルで17~20分を目安に火を止める
    ※おこげを作るなら、最後に10~20秒火を強める。チリチリと音がするのが目安
  4. 10分程度蒸らす
    ※炊飯時間は鍋の厚さなどにより異なります。取扱説明書がある場合は参照してください
おもてなしにも! 土鍋で炊いてみよう
おもてなしにも! 土鍋で炊いてみよう

火をかけてから止めるまでトータルで17~20分

専用鍋で味を極める!

めし炊き名人

めし炊き名人(スズ木/5940円)
肉厚な専用土鍋ならではの熱電動と二重蓋の圧力で、ふっくらつやつやご飯に!ご飯以外の料理も多数掲載されたオリジナルレシピブック付き。
(問い合わせ TEL 059-331-8636)

フタがガラスのIH対応ご飯釜 雪平

フタがガラスのIH対応ご飯釜 雪平(ハリオ/1万800円)
火加減は弱火でOK。フッ素加工を施しているので、こびりつきの心配もありません。耐熱ガラスのふたから中身が見えるのも楽しい。
(問い合わせ フリーダイヤル 0120-398-207)

もっとおいしく! ② 北海道米は玄米も優秀!

 食物繊維をはじめ、GABAなどの栄養素に富んだ玄米は女性に人気です。愛着のある北海道米を、玄米でも楽しんでみませんか? 強い粘りの玄米好適品種「あやひめ」ほか、おなじみの品種で玄米を楽しむのもおすすめ。圧力鍋を使わず、炊飯器で普段通りに炊ける商品も増えています。

はやいうまい乾燥玄米できました

はやいうまい乾燥玄米できました(オープン価格)
ななつぼしを使用。とがずに炊飯器の通常モードや早炊モードで炊くことができ、白米とまぜてもOK。

玄米さらだ

玄米さらだ(オープン価格)
アミロース含有量が少ない「あやひめ」の玄米を使用。強い粘りとプチプチ食感が特徴。

● 問い合わせ/ホクレン農業協同組合連合会パールライス販売課
URL http://www.pearl.hokuren.or.jp
TEL 011-221-2483

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. 北海道の新米をおいしく食べよう!「ゆめぴりか」など品種ごとの特徴と上手な炊き方

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2017年12月13日

電子ブックを読む



会員登録・変更