1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. インストラクターや選手も愛用 冬の体づくりに役立つおすすめフィットネスアイテム

インストラクターや選手も愛用 冬の体づくりに役立つおすすめフィットネスアイテム

  • 2017/12/13 UP!

インストラクターや選手も愛用 冬の体づくりに役立つおすすめフィットネスアイテム

インストラクターや選手も愛用
冬の体づくりに役立つおすすめフィットネスアイテム

 冬は体を動かす機会が減りがち。とはいえ、定期的に体を動かして、運動不足を解消したいものです。今回は室内用のフィットネスアイテムを特集。
体自慢の4人が勧めるアイテムと使い方を紹介します。冬の体力作りの参考にしてみてください。
※体力に自信のない人や持病のある人は無理のない範囲で行ってください

構成・文/山神朋子、金子美里、撮影/& BORDER(定久圭吾、千葉奈都美、出羽遼介)
取材協力/ アイアンジム(TEL 011-752-0808)、グラブス キックボクシング スタジオ(TEL 011-731-3232)、新極真会 北海道手塚道場(TEL 011-887-8840)、セントラルウェルネスクラブ琴似(TEL 011-633-1000)

grabs所属プロキックボクサー
吉仲真規子さんオススメ

吉仲真規子さん

ダンベル

滑りにくいネオプレーンコーティング。1セット2個入りで両腕トレーニングが可能。
IGNIO カラフルダンベル 2kg 2個入り(1979円)/A

 2014年に北海道初の女性プロキックボクサーとなった吉仲真規子さん。きれのあるパンチやキックを決める姿はほれぼれするほどかっこよく、生半可な気持ちではできないという凄みも伝わってきます。
「体の各部位に合わせた効果的なトレーニングが行える」ということで勧めてくれたのが、フィットネスアイテムの定番であるダンベル。雪道を歩くこれからの季節は足腰を鍛えてほしいと、こちらもトレーニングの王道メニューであるスクワットとランジを実演してくれました。「ダンベルを持って行う方が姿勢のバランスがとれます。ただ、重いとフォームが崩れてしまうので、一般女性は2㎏以内で十分です」。

スクワット

お尻を後ろに突き出すように、息を吐きながらゆっくり下げる。息を吸いながら元に戻す。

スクワット

ランジ

片方の足を大きく前に一歩踏み込む。太ももが床と水平になるように腰を下げる。

ランジ
コレに注目!数百種類のエクササイズが可能「TRX」
アメリカ軍が開発したトレーニングアイテム「TRX」。天井やポールなどに固定したサスペンションを体につなげ、自分の体重と重力を生かした数百種類のエクササイズができるとあって、国内のプロアスリートや専門家も使用。札幌市内のジムやスタジオでも多く取り入れられています。一般向けにも販売。

TRX
家庭用の「TRX HOME2」(2万6784円)/D
※写真はイメージ。スマートフォンは含まれません

セントラルウェルネスクラブ琴似 アシスタントチーフインストラクター
蛯名聡司さんオススメ

蛯名聡司さん

エクササイズ用ポール

長く愛用することを考慮し、耐久性と使いやすさにこだわったコアポール。
CENTRALオリジナルコアポール(8424円)/C

 マシンを使ったトレーニングから、スタジオプログラム、スイミングまで、幅広いメニューを指導し、オフの日はサッカーやランニングを楽しむ蛯名聡司さん。指導する身として自身の体調をベストなコンディションに保つことは自然なこと。そんな中、毎日20〜30分は欠かさないというのが、コアポールを使ったトレーニング。「1度使っただけでも体がほぐれるのを感じるはずです」。

基本の使い方

頭から腰まで背骨にポールを沿わせて横になる。膝は立てて、足を肩幅に開く。息を吸いながら両腕を上に上げ、吐きながら万歳のポーズ。

基本の使い方
手の平を上に向けて両腕を腰の横に広げ、そのまま上下に動かす
基本の使い方
ふくらはぎをのせて、ポールを転がすように足を動かす
基本の使い方
プラス1アイテムプロテインはマッチョだけのものならず
タンパク質は体作りに欠かせない栄養素ですが、カロリーが高く、食事でバランスよく摂るのは難しいものです。プロテインは「筋肉をムキムキにするために飲む」と思いがちですがそうではありません。最近はビタミンやコラーゲンが含まれたタイプも登場し、女性にもオススメです。

ボディメイクプロテイン
ボディメイクプロテイン ストロベリー味
(500g 4104円)/C

アイアンジム所属ボディビルダー
寺村美香さんオススメ

寺村美香さん

チューブ

軽量でコンパクトなひも状チューブ。色によって負荷の強度が違います。
La・VIE チューブ de ストレッチ(799円)/E

 「トレーニングは生活の一部。休むと罪悪感にさいなまれる」と笑う寺村美香さんは、10月にスウェーデンで開かれた「2017世界マスターズパワーリフティング選手権大会」の女子52㎏級のチャンピオン。「女子北海道フィジーク選手権大会」他数々の大会で優勝したボディビルダーでもあります。チューブは手軽に上半身を鍛えられるからオススメとのこと。「女性は胸があるので猫背になりがち。肩や背中を鍛えて姿勢美人になりましょう」。

ショルダープレス

チューブの中央に姿勢を正して立ち、両手に巻きつけたチューブを肩の横からひじを上に持ち上げるように引き上げる。

ショルダープレス

ベントオーバーローイング

チューブを両手に巻きつけて長さを調整し、中央部分を踏んで立つ。膝を少し曲げ、腰を後ろに引き、肩甲骨を寄せるように腕を後ろに引き上げる。

ベントオーバーローイング

どちらも短めに持つほど負荷が上がります。自分の体力に合わせて調整を

レッツトライ!二の腕にも効果的腹筋ローラー
四つんばいの姿勢でローラーを前方に転がし、腹筋が伸びたところで止め、また元の位置に戻します。気が緩むとローラーが止まらずに体が床に伏した状態になるので、壁の前で行うと転がり過ぎるのを防げます。初心者は膝をついて行いましょう。

腹筋ローラー
膝の下にはマットや座布団などを敷いて。腰が反らないように注意
体幹ローラー
手首を内側に回すと止まる、安全装置付き。La・VIE STOP!体幹ローラー(1512円)/E

新極真会 北海道手塚道場 師範
手塚誠一さんオススメ

手塚誠一さん

フレックスクッション®

相撲の股割り稽古をヒントに開発された商品。お尻を乗せると骨盤が前傾するため無理なく効果的なストレッチが行えます。
フレックスクッション®(1万584円)/B

 組み手で技を掛け合う格闘技のイメージが強い空手。手技も足技も左右交互に動かす稽古が特徴で、「左右均等に動かすことで全身をバランスよく鍛えることができます」と手塚さん。自分の身一つで行うからこそウオーミングアップも大切な稽古と考えています。体の柔軟性を高めるのに利用しているのが「フレックスクッション®」。骨盤が前傾することで、背中を丸めず正しい姿勢でストレッチができると話します。「足の筋肉が衰えるとつまずきやすくなります。前屈で股関節をストレッチして、予防しましょう」。

使用例

クッションに座って息を吐きながら前屈。奥に腰を置くほど動きが楽に。足を開いて行ってもOK

使用例
胸郭を広げるストレッチ。クッションに脇腹をのせて横になる。脇はクッションに付けず、少し上の位置に。両腕を前にそろえて伸ばし、息を吐きながらゆっくり左の腕を上へ開く。
使用例

お手軽アイテム

テニスボールに体重をかけてグリグリ

 凝り固まりやすい足の裏。マッサージしようにも自分でやると手加減しがち。そこで試してほしいのがテニスボールを使ったストレッチ。踏んでグリグリと体重を乗せると足裏に心地よい刺激が走ります。2個合わせてテープで固定したものは肩甲骨用。横にして左右の肩甲骨の間にくるように置き、仰向けで上に寝転ぶと気持ちいいですよ。
テニスボール

生活習慣病や認知症の予防にも!
短時間でも継続することで心身を健やかに

生活習慣病や認知症の予防にも!短時間でも継続することで心身を健やかに

運動や筋力トレーニングをすることは、体にどんな影響を及ぼすのでしょうか。北翔大学生涯スポーツ学部スポーツ教育学科の井出幸二郎先生に聞きました。

運動や筋力トレーニングは、筋力や持久力をつけるだけではなく、体にさまざまなよい影響をもたらします。
第一に生活習慣病の予防や改善です。血糖値を下げるインスリンの効果の改善や、運動による血圧の低下、また、中性脂肪の上昇も抑制されるので、メタボリックシンドロームの予防も期待できます。
第二に脳の働きを高める効果もあります。運動で脳の覚醒レベルが上がることに加えて、ベータエンドルフィンという脳内麻薬物質が気持ちを高めてくれます。運動をしたあと、ストレス解消した気分になれるのは、このような脳の仕組みによるものです。運動をする人は抑うつ傾向が低いという結果も出ています。また、脳にある海馬の神経再生を促すので、認知症の予防効果も。
効果を得るためには、継続が大切。まとまった時間がとれない場合は、例えば10分の運動を1日数回行うのでも構いません。運動をなかなか習慣化できない人は、まず自分の体に目を向けてみましょう。自分の姿勢や歩き方、階段の上り方、ストレッチしたときの屈折の度合いなどをチェックしてみます。背中が丸まったり、体が硬くなっていませんか? そこから無理のない範囲で運動を始めていくのもいいですね。ただし、過度な運動はかえって体に悪影響を与えます。心臓の音、呼吸の大きさ、筋肉の痛みなど体の声をよく聞いて無理をせずに行うことが大切です。また、持病のある人は適切な指導の下に行うことを勧めます。
※文中内の運動は有酸素運動を指します。

【こちらも注目】
今年登場した新アイテム

今年発売された女性好みのフィットネスアイテムを選んでみました。

長さ45㎝のチューブ

背中や肩、二の腕が気になる女性にぴったりのチューブ。家事の合間などちょっとした空き時間に手に取りやすいサイズが魅力。
リラクシングワーク スッキリチューブ(1080円)/E

スッキリチューブ

股関節を緩めてヒップアップ

 股関節とお尻の筋肉に働きかけるアイテム。使用時間の目安は「1日たった2分」というのもセールスポイント。これなら続けられるかも? 立っている時も座っている時も使えます。
プロイデア キュットアッパー(7980円)/E

キュットアッパー

場所を取らない、手足に付けるヨガマット

 手足に装着することでヨガマットの役割を果たします。内側のパッドが滑らないように体を支え、汗によるスリップを防止。旅行先など、いつでもどこでもエクササイズが可能に。
ヨガポーズスキン(6458円)/E

ヨガポーズスキン

掲載商品の問い合わせ先

  • A/アルペン お客さま係 TEL052-559-0160
  • B/サンテプラス TEL078-855-7778
  • C/セントラルウェルネスクラブ琴似 TEL011-633-1000
  • D/TRX Training JAPAN TEL03-6805-0320
  • E/東急ハンズ札幌店 TEL011-218-6111(自動音声応答)

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. インストラクターや選手も愛用 冬の体づくりに役立つおすすめフィットネスアイテム

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2018年1月17日

電子ブックを読む



会員登録・変更