1. 札幌トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. その他のグルメ, スイーツ
  4. オントナパートナーに聞きました 冬の買い物 私の工夫

オントナパートナーに聞きました 冬の買い物 私の工夫

オントナパートナーに聞きました 冬の買い物 私の工夫

 10月も終わりに近づき、冬へと向かう北海道。雪道やツルツルに凍った路面など、日常の買い物をする上で、ちょっと負担が増えますよね。
そこでオントナパートナーにアンケート(※)を実施し、冬場の買い物についてリサーチ。みんなの工夫を教えてもらいました。さらに「挑戦してみたい」との声が多く寄せられたネットスーパーに関しては、注文を体験してもらいました。

※2017年9月21~25日実施。有効回答数204

文・構成/五十嵐知里、イラスト/柏葉祐司

オントナパートナーに聞きました 冬の買い物 私の工夫

思い通りに買い物に行けない冬
年齢や交通手段が違っても悩みは同じ

 アンケートで「冬の買い物の際に困っていることは?」と質問したところ、ほとんどの人が具体的な悩みを回答。「特にない」と答えた人は2割にとどまりました。
寄せられたコメントを見ると、天候により、行きたいときに買い物に出られなくなること、夏場は難なく行けるお気に入りの店に行きづらくなること。また、重いもの、かさばるものを持ち運ぶ負担を挙げた人が多数。また、こうした〝困りごと〞は、買い物に行く時の交通手段に関わらないということも明らかに。普段自家用車を使っている人も同様であることが分かりました。
続いて、こうした困った状況に対し、各自工夫していることを尋ねました。以下に項目ごとにまとめたので参考にしてください。

冬の買い物の際に困っていることは?
多数派コメント

  • 雪道は、重い物やかさばる物を持ち帰るのがつらい(47歳、Sさん)
  • 荷物を持ったまま滑ったら大変(56歳、Mさん)
  • 日替わりの特売品があっても、天候によって行けないことがある(46歳、Yさん)
  • 自転車が使えず、手に持てる量しか買えなくなる(48歳、Iさん)
  • 自転車が使えないので、遠くの店まで行けない(57歳、Mさん)
  • 冬道の運転が苦手。車で買い物に行けなくなる(49歳、Hさん)
  • 車を使う前に雪かきをしなければならないのが負担(34歳、Mさん)

工夫1 計画的な買い物ストックで乗り切る

 どうしても今日必要だからと、割高でも購入したり、悪天候の中買い物に出かけたり…。事前の備えや計画的な買い物で、そうしたストレスを回避しているようです

買い物に行けないときのために、冷凍野菜を常備しています(52歳、Mさん)

その他の「ストック」食品
乾物、乾燥粉末野菜、缶詰・瓶詰、インスタント味噌汁やスープ、パン(冷凍)、鶏肉や豚肉などの肉(冷凍)

仕事帰りにスーパーに立ち寄って、少しずつ買う。ただし余計なものを買ったり、買い物時間が長引かないよう、「その日必要な分だけ」と決めている(47歳、Fさん)

普段、安いからと遠くの店まで行って買っているものは、降雪前の特売日や、家族と出かけた際に手伝ってもらって買いだめする(45歳、Kさん)

その他の「買いだめ」商品
しょうゆなどの液体調味料、水・ビールなどの飲料、タマネギ・イモなどの根菜類、ペーパー類・洗剤などの雑貨類

冷蔵庫の中を確認してから1週間分の献立を決め、献立ごとに買い足す食材をリストアップ。さらにそれをスーパーの陳列棚に合わせて並べ替えてメモしてから買い物に行き、買い忘れをなくす(48歳、Tさん)

工夫2 冬でも買い物を楽しむ

 視点を変えることで、冬の買い物を楽しんだり、運動として動きやすいよう配慮している人もいます

車を持たない友人を誘って、会員制のホールセールショップまで、私が車を運転して“買い物ツアー”をします。大容量の商品を買って、買い物後は友人宅で分けます。わが家だけでは持て余すことが多く、誰かと一緒に行くのがちょうどいいんです(40歳、Sさん)

● ウオーキング気分で買い物に。続けられるよう体操も(75歳、T.Hさん)
最寄りのスーパーまで徒歩で往復1時間。運動だと思って出かけます。雪道で転んでけがをしないよう、両手を開けておきたいので、買ったものはリュックに入れます。財布は小さいバッグに入れて肩にかけ、すぐ出せるようにしています。また、汗をかきすぎないよう上着は少し薄めを意識しています。
いつまでも歩いて買い物に行けるよう、普段から転倒予防の体操教室や「ふまねっと運動」に参加しています。

ウオーキング気分で買い物に。続けられるよう体操も

工夫3 定期宅配サービスを活用

 回答者の3割にあたる58人が、食料品などの定期宅配サービスを利用していました。ほかには、有機食品や米屋の配送もありました。

重量のある食品のほか、飲料や紙類も宅配を利用。買い物にも行きますが、荷物が軽くてラクチンです(57歳、Kさん)

インターネットができなくても、カタログでたくさんの商品を注文できる宅配サービスはとてもありがたいです(63歳、Sさん)

月に1回、米屋の宅配を利用しています。配達スタッフに、おすすめの品種を教わっていろいろ試します(72歳、Iさん)

● カタログをゆっくり見るのも楽しみです(畠山祐香さん)
今回、定期宅配サービスを利用していると答えた人の多くが「コープの宅配サービス トドック」を利用。愛用者の畠山祐香さんに話を聞きました。「重い物やかさばる物を自宅まで届けてくれるのが一番のメリットですが、カタログが充実しているところも気に入っています。時間があるときにゆっくり見て楽しんでいます。トドックはオリジナル商品も充実しているので、それも魅力です」。

商品を受け取る畠山さん

商品を受け取る畠山さん

食品のほか衣類や雑貨もあり、カタログを見ているだけで楽しいそう

食品のほか衣類や雑貨もあり、カタログを見ているだけで楽しいそう

工夫4 購入品配送サービスを活用

 店頭で一定額以上購入すると、買ったものを自宅まで届けてくれるサービスが、スーパーなどで導入されています。シニアや子育て中のママは無料になるところも多く、歓迎する声が多数寄せられました。

生鮮食品は持ち帰りますが、それ以外は配送を依頼(60歳、Sさん)

配送サービスが無料の日に、計画的にまとめ買いしています(55歳、Kさん)

よく行くデパートにも配送サービスがあります。自宅までの移動距離が長い分、有料でも助かっています(54歳、Yさん)

MEMO
店舗によって実施日や無料となる条件が異なるので店頭で確認を。スーパーのほか、ドラッグストアの一部にも有料サービスがあり、子育て中の人は無料になることも…。市内百貨店の一部でも有料サービスを提供しています。

工夫5 ネットスーパーを活用

 このところ、利便性がどんどん向上しているネットスーパー。オントナパートナーも上手に活用している様子が見受けられました。

普段から活用していますが、冬はなおさらありがたいです。飲料やペット用品などの定番に、その時のお買い得品を足して送料無料になる金額にします。一度登録すると商品を選ぶだけなので、注文にかかる時間は10分以下。時短にもなります(49歳、Sさん)

わが家の定番の飲料をケース買いしています。スーパーから車まで運ぶ労力と、車から玄関に運ぶ労力を考えると助かります(48歳、Sさん)

肉や野菜は、プロが選ぶだけあって鮮度も質もいいです。 価格も店頭と変わらないと思います(54歳、Tさん)

米などの重いもの、トイレットペーパーなどのかさばるものを中心に注文します。下着もよく買います。店頭でサイズを探して回るより楽なので(64歳、Sさん)

レポート 初めてのネットスーパーに挑戦!

 アンケートで「ネットスーパーに興味がある」とコメントしてくれた遠藤美保子さんが挑戦しました。「妹が利用していて便利だと言うので」と遠藤さん。右のコメントを参考に、買う物を考えるところから始めました。

初めてのネットスーパーに挑戦!
1.事前に配送してほしい商品をリストアップ
「自宅まで運んでもらえたら助かるもの」を考えてリスト出し。かさばる紙類や米、根菜類などが挙がりました。
初めてのネットスーパーに挑戦!
2.会員登録
最初に郵便番号を入力し、配達可能エリア内か否かをチェック。可能であることを確認し、会員登録へ。住所やメールアドレスなどを入力しながら「パソコンは得意じゃなくて」と話す遠藤さん。登録はすぐに完了し、「思ったより簡単ですね」と笑顔に。
初めてのネットスーパーに挑戦!
3.ログインして注文!
会員登録後、商品ページに移動。1でリストアップした商品の価格をチェックします。普段の買い物と比較して、納得したもの15品を選択し、合計金額は約3700円に。さらに当日の「お買い得商品」から欲しいものを選び、送料無料の金額(4000円※)に達しました。※キャンペーン期間外を想定
最後に、「欲しいときに欲しい物だけ注文できるのがいいですね。価格も店頭と変わらないと思いました。ネットスーパー、楽しいです!」とコメントしました。

MEMO 札幌・近郊のネットスーパー実施店

※金額はいずれも税込み

イオン北海道 ネットで楽宅便
● 配送料324円(4000円以上で無料)
道内でのサービス提供エリアが広いのがポイント。毎月10日の「トクトクカードデー」、20日・30日の「お客さま感謝デー」に所定の支払い方法で注文すると、店舗同様5%オフに。
※11月1日(水)~30日(木)は「新規ご入会キャンペーン」。期間中に新規で会員登録し、初回の注文で3000円以上購入するとティッシュペーパー5箱をプレゼント。またキャンペーン期間に関わらず、初回から3回までの注文は1000円以上で送料無料に。

イトーヨーカドーネットスーパー
● 配送料324円(5000円以上で無料) ※店舗により異なる場合あり
品ぞろえの豊富さで人気。チラシ掲載品も、掲載されている価格で注文できます。※対象エリアは店舗のおおむね5㎞圏内
※10月31日(火)まで「新規入会キャンペーン」実施中。期間中に新規で会員登録し、登録から7日以内に1980円以上購入すると配達料金無料。さらに初回に5000円以上購入するとキッチンタオルのプレゼントもあり。

西友ドットコム
● 配送料324円(5000円以上で無料) ※店舗により異なる場合あり
「カカクヤスク」をモットーにしている店舗と同様、毎日いつでも低価格。特売の有無を気にせず、買いたいときに安心して買えるのが魅力です。さらに同社所定のカードで支払うと、毎回の利用額が3%オフになります。

担当者に聞きました! 「重いものを頼むのは気が引ける」???
「重いものやかさばるものを注文するのは気が引ける」と、複数の人が記入していました。その悩みをイオン北海道の千葉亜紗子さんに尋ねてみると、「そういった商品のお買い物こそ、ぜひネットスーパーにお任せください。配送スタッフが玄関先までお届けしますので、遠慮なくご利用ください」と、うれしい回答をもらいました。

工夫6 インターネットショッピングを活用

 飲料や生活雑貨などは、インターネットで単品で購入している人もいました。

飲料水や生活雑貨はインターネットで買います。お気に入りの通販サイトでは、上級会員になると送料が無料。もっぱらこのサイトを活用しています。会費が必要ですが北海道は送料が高いので、頻繁に利用する場合は登録するといいと思います(45歳、Kさん)

あるネット通販サイトでは年に数回、送料無料のセールを実施しています。そのときに洗剤やシャンプー、医薬品などをまとめ買いします。ネット通販サイトを1つに決めておくとポイントがたまる上、購入額に応じてボーナスポイントももらえます(40歳、Sさん)

インターネットショッピングを活用

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. その他のグルメ, スイーツ
  4. オントナパートナーに聞きました 冬の買い物 私の工夫

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2017年11月22日

電子ブックを読む



会員登録・変更