1. トップ
  2. わたしの“主婦腕”お見せします!
  3. 夏休みの親子ゲンカが解消する「魔法の声かけ」を知ってストレスフリーに!前編【SHUFU技】

夏休みの親子ゲンカが解消する「魔法の声かけ」を知ってストレスフリーに!前編【SHUFU技】

夏休みの親子ゲンカが解消する「魔法の声かけ」を知ってストレスフリーに!前編【SHUFU技】


「男の子のための魔法の3ステップしつけ法」を出版するなど、子育て心理カウンセラーとして活躍中のSHUFU-1第2期メンバーの佐藤麻依子さん。ずーっと一緒にいて親子ゲンカが起きがちな夏休みをストレスフリーに過ごすための、親から子への「魔法の声かけ」法を2回連載で教えてくれます。夏休みを楽しく過ごすために、参考にしてみて!


夏休み中のママのイライラを解消できる
「魔法の声かけ」法があるんです!

ついに夏休みが始まりましたね。
夏休みは旅行やお出かけなど楽しいことがいっぱい。でも、子どもとずっと一緒に過ごすのは結構タイヘン。
普段それでなくても忙しいのに、子どもと朝から晩まで一緒にいると、やることは増えるし、叱る回数も増えちゃいますよね。
子どもにイラっとして、ついこんな言葉を言っていませんか?

「いつまで寝てるの。ダラダラしないで早く起きなさい!」

「夏休みの宿題はやったの?」

「ゲームばっかりしてると禁止にするわよ!」

ママのイライラはMAX! そして、子どももそれに応戦。
こうして親子のバトルが始まってしまうのです。
毎日こんな調子では、ママだって疲れちゃいますよね。

実は、子どもが言うことを聞かないのには理由があります。
それは、「○○しなさい」「△△しないと、××させないわよ」というひとことが原因。

このように言われると、子どもはカチンときて、「やってやるもんか」と思ってしまい、やる気が起きないのです。

こんなことにならないために、子どものやる気を引き出し、夏休みを楽しく過ごすための魔法の声かけを今回から2回にわたって紹介します。
ママのガミガミ・イライラも減りますよ。
これは、小さいお子さんだけでなく、大きいお子さんでも同じです。

子どものやる気を引き出す魔法の声かけ
子育て3ステップ会話法とは…

写真1

子どものやる気を引き出すには、次の3つの方法を順番にやっていきます。

(1)子どもに共感する
(2)ママの気持ちを伝える
(3)アイデアを出し合う

 これら3つの方法を合わせて「子育て3ステップ会話法」と呼びます。

「子育て3ステップ会話法」とは、子どものやる気を引き出すコミュニケーション・メソッド。この会話法を使うと、次のようなメリットがあります。

◆子どもが自分から行動するようになる
◆ママのガミガミ・イライラが少なくなる
◆子育てがラクになる

「子どもが言うことをきかない」「反抗的な態度をとる」という悩みも解消されます。
もう夏休みなんてコワくない!
では、各ステップをくわしく説明していきますね。

ステップ1:子どもに共感する=子どもの気持ちに寄り添うこと

写真2

「子育て3ステップ会話法」を使うのは、子どもが泣いたり、怒ったりして、何らかの「SOSのサイン」を出しているときです。「イヤ!」と言って反発するのもSOSのサインです。

ステップ1では、子どもに共感します。共感とは、相手の気持ちに寄り添うこと。
たとえば、子どもが「もう歩けない」と立ち止まって泣いてしまった場合は、「疲れちゃったんだね」「歩くのが辛いんだね」と子どもの気持ちに寄り添います。
ママに気持ちを受け止めてもらえると、子どもは安心し、心が落ち着いてきます。
そしてママの声かけで得た安心感が、子どもの不安や反発を減らします。

さらに、子どもに元気を与え、「やってみようかな」というやる気を引き出すのです。とはいえ、共感するだけでは子どもの反発が続くことも。

そんなときは、次の「ステップ2」に進みます。

ステップ2:ママの気持ちを伝える

写真3

子どもに共感しても、まだその行動が続く場合は、ママの「困った」という気持ちを伝えます。

「○○だから(理由)、ママは△△なの(気持ち)」というように、困っている「理由」とそのときの「ママの気持ち」を言葉にします。

先ほどの子どもが「もう歩けない」と泣いてしまったケースで、共感してもまだ泣いているときは、「○○ちゃんがここで立ち止まっていると、おうちに帰るのが遅くなって夕食が作れなくなるから(理由)、ママ困るんだ(気持ち)」と伝えます。

これは子どもを否定したり、傷つけたりする言い方ではないので、子どもが行動を変えやすくなります。しかし、ママが「困った」気持ちを伝えても、子どもはその行動を続けたいと思う場合があります。
そのようなときは、次の「ステップ3」に進みます。

 

今回は「ステップ1:子どもに共感する」「ステップ2:ママの気持ちを伝える」まで紹介しました。この2つの方法だけでも、いままでよりだいぶ落ち着いて過ごせるハズです。

次回は、この続きの「ステップ3:アイデアを出し合う」についてお話します。
お楽しみに。

 

この情報をくれたのは
佐藤麻依子さん(SHUFU-1 2期メンバー)
二男の母。一般社団法人ファインリレーションズ振興協会の代表理事。心理カウンセラー。「子育て3ステップ会話法」を考案し、書籍『男の子のための魔法の3ステップしつけ法』を出版。現在は、講演、講座、子育て相談、出版・執筆活動に力を入れている。
http://ameblo.jp/mamanomikata3

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. わたしの“主婦腕”お見せします!
  3. 夏休みの親子ゲンカが解消する「魔法の声かけ」を知ってストレスフリーに!前編【SHUFU技】
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更