1. トップ
  2. わたしの“主婦腕”お見せします!
  3. フランスナンバー1冷凍食品店「picard(ピカール)」活用術 焼き立てパン編【SHUFU技】

フランスナンバー1冷凍食品店「picard(ピカール)」活用術 焼き立てパン編【SHUFU技】

フランスナンバー1冷凍食品店「picard(ピカール)」活用術 焼き立てパン編【SHUFU技】


SHUFU-1第5期料理部門メンバーの佐藤明香さんは、毎日、自宅で焼き立てパンを楽しんでいるそう。その秘密はフランスから上陸した冷凍食品専門店picard(ピカール)の冷凍パン生地。佐藤さんがpicardの魅力について教えてくれました。毎朝焼き立てパンが食べられる幸せを、picardを活用して味わってみて。


お店のような焼きたてパンを自宅で簡単に!
ヒミツはpicardの冷凍パン生地にあり

ピカール⑤

最近、朝から自宅で生地からパンを焼くことにハマっています。

冷凍されたパン生地を天板に並べて、180°のオーブンで焼くこと20分

ピカール④

あっという間に焼きたてパンの完成です。この冷凍生地さえ冷凍庫に常備していれば、休日の朝に焼きたてパンを求めて買いに走る必要もなく、忙しい平日の朝でも毎日簡単に焼きたてパンが食べられます。

冷凍パン生地はフランスのナンバー1冷凍食品専門店「picard」で調達

ピカール①picard中目黒店の外観

この冷凍パン生地との出合いは表参道の骨董通りを歩いていたとき。
「picard(ピカール)」と書かれた看板。外からのぞいてみると、店内には大きな冷凍庫が並んでいて、もしかしたら冷凍食品?!と期待して入ってみると…。
あの憧れの食生活を送るフランスの冷凍食品専門店でした。
フランスは共働きが当たり前なので、平日の夕飯は冷凍食品を活用して簡単に作ります。
そのため、フランスの冷凍食品は種類が充実していて、味も美味しく食品添加物もあまり使わず作られているそうで、毎日何品も作る日本の主婦にとっては羨ましい限りです。

先日、中目黒のpicardに買い出しに行ってきました。山手通り沿いに面した立地で「中目黒」駅から徒歩5分程です。
中目黒店は店内に椅子とテーブルがあり、店頭には少し試食コーナーもありました。

ピカール②中目黒店の店内。ホームパーティが格段にオシャレになるおいしそうな商品に目移りします

野菜ミックス、グラタン、ピザ、パスタ、アペリティフ&前菜、パン、デザートなど種類がとにかく豊富!ロブスターやフォアグラなど、高級食材も買いやすくなっています。お店の方におすすめを伺いながら、パスタの売れ筋NO.1「小エビ、ズッキーニのショートパスタ、バジルソース」と、ドラマ『セシルのもくろみ』にも登場したという「食いしん坊のミニエクレア」をホームパーティー用に購入してみました。

ピカール③

パンコーナー。焼くだけでいいので本当に便利です

私が毎日いただいているパン生地は、クロワッサンとパンオショコラの2種類。
それぞれミニサイズもあります。
ミニサイズのほうが焼き上がりがよりパリパリになります。
クロワッサンサンドなど、アレンジしたいときは大きいサイズがおススメです。

下記にpicardに行く際のポイントをまとめてみたので、参考にしてみてください。

◆お店に行く時のポイント
1.自宅の冷凍庫にどれだけ余裕があるか事前に確認しておきましょう。商品にもよりますが、海外の家庭用なので1つのサイズが大きめです。
2.大きめの保冷バッグ持参がおススメです。ドライアイスは無料ですが、袋は有料だからです。
3.お出かけついでに立ち寄るならば、「最後に・計画的に」がポイント。青山骨董通り店と中目黒店は午後9時まで、麻布十番店は午後10時まで開いています。

皆さまも是非、picardの冷凍パン生地で、焼きたてパンにチャレンジしてみてくださいね!

picardのホームページ
https://www.picard-frozen.jp/

この情報をくれたのは
佐藤明香さん(SHUFU-1第5期メンバー)
企業向けの食育講習会の講師や、料理本撮影などのお手伝いをしています。月1度、地域のラジオ局で食に関する情報発信も行っています。食育インストラクターとフードコーディネーターの資格を生かした活動をすることが目標です!
http://ameblo.jp/happygohann/

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. わたしの“主婦腕”お見せします!
  3. フランスナンバー1冷凍食品店「picard(ピカール)」活用術 焼き立てパン編【SHUFU技】
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更