1. トップ
  2. わたしの“主婦腕”お見せします!
  3. 第6回SHUFU-1準グランプリ 三木芽久美さんのSHUFU技を紹介 【SHUFU-1ワ・タ・シstyle】

第6回SHUFU-1準グランプリ 三木芽久美さんのSHUFU技を紹介 【SHUFU-1ワ・タ・シstyle】

第6回SHUFU-1準グランプリ 三木芽久美さんのSHUFU技を紹介 【SHUFU-1ワ・タ・シstyle】

独自の着眼点とセンスの良さで
手作りの魅力を発信したい

優れた主婦ワザを讃える「SHUFU-1グランプリ」で選出されたメンバーの、ステキな暮らしをお届けする「SHUFU-1ワ・タ・シStyle」。

今回は第6回SHUFU-1準グランプリの三木芽久美さんです。アメリカで出合った子どもがアクセサリーを作る玩具「レインボールーム」で、大人向けのアクセサリーを制作して注目を集め、これまでにレッスンブックなどを2冊出版。自宅で教室を開くほか、地元のママ友たちとの交流の場としてマルチメイド教室を立ち上げたり、教える以上は自分がきちんと学んでから、とさまざまな資格取得を続け、さらに家族との時間も大切にしている三木さんの、キラリと光るSHUFU-1技などをお伝えします。

本色171125079

アメリカの子どもたちがブレスレットを作るための玩具だった「レインボールーム」を使って、大人の女性向けのすてきなアクセサリー作りなどを提案する三木芽久美さん

「レインボールーム」で大人のアクセサリー作りを提案

世田谷区の自宅で「レインボールーム」の教室を主宰する三木芽久美さん。「レインボールーム」は、カラフルな輪ゴムを使って簡単にブレスレットなどのアクセサリーが作れる、アメリカでヒットした玩具です。「子ども向けのレインボールームで、日本のおしゃれなママに受ける大人のデザインで作ったら…とひらめいたんです」。日本に4人しかいない公式インストラクターに認定され、2冊の書籍を出版。「最初はイベントでワークショップを開いても見向きもされませんでした(笑)」。子供が小さいころは、家庭との両立が辛いときもあったそうですが「教室に来てくれた人の声に励まされました。多くのうれしい出会いもありましたし、交流の輪も広がりました」。

その後、練り切りやアイシングクッキーなどの講師資格を取得。みんなが輝けて、楽しめる場を作ろうと立ち上げた会で、ママ友と手作りの楽しさを分かち合っています。

将来の夢は家庭科の先生。未来を担う子供たちに生きる楽しさを伝えたいそう。「でも、一番大切なのは家族。当分は家族優先、マイペースで活動します」

本色170930010

三木さんの作った練り切りとレインボールームのアクセサリー。シックな色合いで、これが輪ゴムでできているとは思えないステキなものばかり

 

和菓子のイメージを一新!
オリジナルの練り切り

MK171125026

MK171125027

大河ドラマ「真田丸」をモチーフに作った練り切り

和菓子づくりは手間がかかり、難しいイメージがありますが、時間があるときに、材料となるあんや求肥をまとめて作って冷凍保存しておけば、思い立ったときに気軽に作れ、手土産にすると、とても喜んでもらえます。

渡す相手に合わせて、イニシャルを入れオリジナル感を出すなど、アレンジができるのも魅力です。

次のページでは100均グッズだけで完成するオリジナルTシャツの作り方などを紹介します

  1. 1
  2. 2

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. わたしの“主婦腕”お見せします!
  3. 第6回SHUFU-1準グランプリ 三木芽久美さんのSHUFU技を紹介 【SHUFU-1ワ・タ・シstyle】
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更