1. トップ
  2. わたしの“主婦腕”お見せします!
  3. 目指せサロネーゼ!資格取得後にするべき3つのこと【町田綾子のおうちサロン開業法】

目指せサロネーゼ!資格取得後にするべき3つのこと【町田綾子のおうちサロン開業法】

目指せサロネーゼ!資格取得後にするべき3つのこと【町田綾子のおうちサロン開業法】


第4回SHUFU-1準グランプリの町田綾子さんが、自宅サロン開業から軌道にのせるまでを公開してくれる「町田綾子のおうちサロン開業法」の第2回は「資格取得後するべきこと」です。取った資格を生かすために何をしたらいいか、サロネーゼになりたい人、自宅サロンがなかなか軌道に乗らないと悩む人、必見です。


サロン開業のための資格を取った後に
必ずするべき3つのこと

やりたいことが決まって、資格を取得したからといってすぐにサロン開業せず、準備をしっかり行ったほうが開業後がスムーズになります。
私は「開業準備ノート」を作り、いろいろなことをそこにメモしていきました。自分らしいおもてなしを考える参考にもなるので、開業準備ノートはぜひ用意してみてくださいね。開業準備ノートについては、いずれ詳しく説明します。
では、資格取得後にやるべき3つのことを紹介します。

1資格取得後に復習のために作ったジュエリーバッグ(R)の数々

1つ 資格取得したら、作品をもう一度生徒に教えるつもりで丁寧に復習して作る

資格取得直後は自動車の運転免許でいえば若葉マーク。一人で運転して、実際の道に慣れなくては運転技術は上達しません。
同じように、実際に生徒さんに教えるためには、まずは習ったことを復習しながらいくつも作品を作ってみることが大切です。

2私が人気サロンでジェリーバーキン(デザイナーMinto先生)のスキルアップを受講後、復習のために制作した作品です

 

2つ 人気サロンや本部講習会のスキルアップレッスンや新作勉強会に通ってみる

そのサロンごとに良さがあります。ブログやホームページに記載されている予約方法は分かりやすいか、予約後の返事は迅速か、実際のレッスン進行は分かりやすいか、またサロンのインテリアやおもてなしの仕方など学べる事が沢山あります。いいなと思ったことは開業準備ノートにメモしておきましょう。
また、技術や流行は日々進化していきますので、スキルアップレッスンや新作勉強会に参加してアップデートしていくことも必要です。

4ネイルデザインにも使用されているスワロフスキーピクシーを採用したロンデル

3つ オリジナルの作品を生み出す

基礎から応用を身につけたら今度は自分で作品を生み出してみましょう。
最初はデザインが浮かばず苦労するかもしれません。
アイデアに煮詰まってしまったら、ウインドーショッピングやドライブに出かけたりして流行のお洋服やショップのディスプレイ、四季折々の景色などを見ることからインスピレーションをうけましょう。

6人気のリールキーリングをスワロフスキーを使って、デザインを考案しました

 

まずはママ友など、身近な人に実際に教えてみて
その場合大切なのは適正な料金設定

5新商品wGlueProで制作したパールや透明感のある作品

友達だからと無料や安い料金にするとあとあとトラブルになることも

私の場合、作った作品を身につけているとよくママ友から「素敵ね」とほめられ、手作りというと「作ってみたいので作り方を教えてほしい」と言われたので、数人のママ友を自宅に招いて教えることからスタートしました。
資格取得前は無料で、自分も楽しみながら教えていましたが資格取得後は近隣の相場を調べて、適正な料金をいただくことを前提にレッスンをスタートさせました。
最初は友達だけだから、と安くしてしまうと、紹介や口コミで生徒が増えて行った時、一般の方とお友達との線引きができなくなってしまうからです。
最初から一律のレッスン費設定にしましょう。販売価格に関しても同じことがいえます。

自信がついたらイベント出展し、ワークショップを開いてみましょう

レッスンで教える回数が増え自信がついたらイベントなどでワークショップをひらいてみましょう。集客が心配な方はママ向け企業が主催のイベントなどを探して参加するのがオススメです。
仕事として手芸店やカルチャーセンターで講師として働きたいと考えたとき、講師経験がなくても資格があれば採用になる場合もありますが、大手のカルチャーセンターではやはり実績が必要になる場合が多いようです。イベントに出展してワークショップで教えることも立派な実績になります。

 

■今回のまとめ
資格を取得してからが本当のスタートです。あなたが数日から数ヶ月かけて、一生懸命取得した資格でも、他の方も同じ条件で資格取得が可能だということを忘れないで下さい。
資格取得はスタートライン。そこから作品を作り、アイデアを生み出し、生徒に「楽しい!ずっと通いたい!」と思ってもらえる、学びと実りの多いサロンを自分自身で作り上げていく努力が必要です。
①生徒さん側の立場になって優しく(予約案内、レッスン内容、価格が分かりやすい)
②教室を探す生徒さんの目にとまるようなブログやHPを用意すること
が大切です。

 

次回は「予約の入るブログの書き方と準備すること」についてお伝えさせて頂きます。

 

▶第1回「まずは資格取得」はここから

この情報をくれたのは
町田綾子さん(第4回SHUFU-1準グランプリ)
JGA/GLLC/アロマハイストーン/AJBジュエリーバッグ/ ユリシスドンネ認定講師のビーズルシェルシュ/ママハピサロンアドバイザー。千葉県柏市南柏にてアクセサリー教室を開講。「リビングかしわ」のイベントでカルチャー講師を務めています。
http://ameblo.jp/recherhe0707/a>

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. わたしの“主婦腕”お見せします!
  3. 目指せサロネーゼ!資格取得後にするべき3つのこと【町田綾子のおうちサロン開業法】
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更