1. トップ
  2. わたしの“主婦腕”お見せします!
  3. 冷え性さんにおすすめ食材ビーツを使った簡単ピラフ【Recipe】

冷え性さんにおすすめ食材ビーツを使った簡単ピラフ【Recipe】

冷え性さんにおすすめ食材ビーツを使った簡単ピラフ【Recipe】


SHUFU-1第2期料理部門メンバーの石橋悦子さんは、オリジナルのアイデアレシピの考案で、さまざまなレシピコンテスト入賞の実績を持っています。そんな石橋さんが食べる輸血といわれ、冷え性さんにおすすめ食材のビーツを使った簡単ピラフのレシピを紹介してくれました。材料を炊飯器に入れるだけ!ぜひ作ってみて!


手足の冷えが気になる季節に食べたい!
炊飯器に入れるだけ「ビーツの炊き込みピラフ」

「食べる輸血」とも言われ、血流を良くする効果があるといわれるビーツ。私も甘酢漬けを作って毎日食べています! そんなビーツを使ったおいしいピラフをご紹介します。
材料を切って、お米と一緒に炊き込むだけなのでとっても簡単! ビーツの色がキレイなピラフはおもてなしにも♪
 DSC02377

ビーツってどんなもの?

ロシア料理の「ボルシチ」に欠かせない野菜がビーツです。日本ではそこまでメジャーな野菜ではないですが、イギリスでは古くから健康野菜として知られています。
見た目は赤かぶのようですが、味はダイコンとイモの中間のようです。

83deea636e681e2edf72d5aa425b87a7_s

リン、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウムが豊富で、更にビタミンA・C,ナイアシン、ビオチン、食物繊維も豊富。
最近では、ビーツに含まれる「NO(エヌオー)」と呼ばれる一酸化窒素が注目されています。この一酸化窒素が血液の流れをよくする働きがあるといわれています。

材料を切って入れるだけ!「ビーツの炊き込みピラフ」の作り方

■材料(4人分)
ビーツ 50g
タマネギ 50g
ニンジン 20g
コーン 大さじ2※缶詰もしくは冷凍
ウインナー 4本
乾燥パセリ 小さじ1
鶏がらスープの素 大さじ2
オリーブ油 小さじ1
ローリエ 1枚
お米2合
お水2合分
  DSC02375

 

■作り方
(1)ビーツ、タマネギ、ニンジンは粗みじん切りにし、ウインナーは5ミリ厚くらいの目安で切ります(上の写真を参照)
(2)お米をといだら水とビーツを入れて60分くらい置く
DSC02337
(3)(2)にビーツ以外の(1)の材料とコーン、鶏がらスープの素、オリーブ油、ローリエを加えて炊く
(4)炊き上がったらローリエの葉を取り除き、全体をさっくり混ぜて15分位蒸らす。食べるときに器に盛ったら上から乾燥パセリをふって出来上がり
 DSC02376
この情報をくれたのは
石橋悦子さん(SHUFU-1第2期料理部門メンバー)
特に優れた資格はありませんが4人の子どもたちを育てた経験と末っ子が食物アレルギーだったので食べられる物に感謝★食べられることに感謝★の毎日です。夢はレシピ本を出版することです。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. わたしの“主婦腕”お見せします!
  3. 冷え性さんにおすすめ食材ビーツを使った簡単ピラフ【Recipe】
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更