1. トップ
  2. 福島の水産物を知るモニターツアーに行ってきました!

PR/福島県

平成29年10月21日(土)福島県相馬市 チャレンジふくしま農林水産物販売強化事業 「福島の水産物を知る」  モニターツアー平成29年10月21日(土)福島県相馬市 チャレンジふくしま農林水産物販売強化事業 「福島の水産物を知る」  モニターツアー

福島県相馬市

今回、リビングパートナーとミセスブロガーなど総勢29人で訪れたのは福島県相馬市。
相馬原釜地方卸売市場の「ふくしまおさかなフェスティバルin相馬」のイベントに参加しました。
福島の水産物の“今”を知るため、試験操業や放射性物質検査の現況を学び、浜のお母さん手作りの郷土料理を食べながらおしゃべりをするなど、地元の人々の思いに共感する一日となりました。

福島駅から出発!
「ふくしまおさかなフェスティバルin相馬」へ

まず、一行が向かったのは福島県のおいしい魚が存分に味わえる体験型イベント
「ふくしまおさかなフェスティバルin相馬」。朝から市場は家族連れで大にぎわい!

  • 相馬産のしらすを試食。ふわっとやわらかく塩加減も絶妙です

    相馬産のシラスを試食。ふわっとやわらかく塩加減も絶妙です

  • 大人気!郷土の魚料理をふるまう コーナーには長蛇の列

    大人気!郷土の魚料理をふるまう コーナーには長蛇の列

  • ここにも話題のVR(バーチャル・ リアリティ)が。夜明けのヒラメ漁を体験!

    ここにも話題のVR(バーチャル・ リアリティ)が。夜明けのヒラメ漁を体験!

  • 魚に慣れ親しんでいる地元っ子に 人気の解剖コーナー

    魚に慣れ親しんでいる地元っ子に
    人気の解剖コーナー

  • 参加費わずか500円で、アジ、ヒラメ、カレイ、タイなどをつかみ取り

    参加費わずか500円で、アジ、ヒラメ、カレイ、タイなどをつかみ取り

  • カレイの塩焼きや、ツブ貝の串焼きの香ばしい匂いがたまりません!

    カレイの塩焼きや、ツブ貝の串焼きの香ばしい匂いがたまりません!

福島県水産試験場から
安全に対する取り組みを知る

国、県のモニタリング、更に漁協が行う自主検査

国、県のモニタリング、更に漁協が行う自主検査

買物を楽しんだ後、一行は福島県の水産業の現状について福島県水産試験場の根本芳春さんからお話を聞きました。
「暖流と寒流が混じり合い、潮目の海とも言われ、多様な魚が獲れる豊かな漁場。震災後は、原発事故の影響により操業自粛を余儀なくされています。県によるモニタリングの結果から安全が確認された魚介類を対象に平成24年から試験操業が行われています」

国の検査、県が行うモニタリング検査、さらには漁協の厳しい自主検査を経て、試験操業の対象種・操業海域も順次拡大し、当初3種だった対象種も、平成29年2月には97種まで増え、3月以降、出荷制限魚種などを除く全てが対象となりました。

現在、20都道府県に出荷、おいしさを伝えたい

現在、20都道府県に出荷、おいしさを伝えたい

「販売出荷状況は、県内のみだったものが現在は20都道府県に出荷し安定した供給を続けています。これにより目立った風評被害は減りましたが、漁獲量は震災前の8%に過ぎず、流通・販売体制も再構築しなければなりません。
今後も全国の消費者のみなさんに向けて、新鮮でおいしい福島の魚をアピールし続けていきたいと思います」と、根本さん。
県のウェブサイトに公開されているデータを各自のスマホで確認しながら、話を聞きました。

昼食は、浜のお母さんたち手作りの
郷土料理・旬の味

地元の旬の素材を使った“母ちゃんの味”

地元の旬の素材を使った“母ちゃんの味”

この日の献立は、相馬名物ホッキ飯と、ヒラツメガニのみそ汁、ふっくらと身の厚い贅沢なヒラメのフライ、カナガシラのフライ、アンコウのみそ炒め2種と浅漬け。
実際に食べ始めたときには、どのテーブルからもこの日一番の歓声が!おいしい郷土料理に心も温まりました。

明るく働き者の浜のお母さんたちとの交流

明るく働き者の浜のお母さんたちとの交流

「アンコウのみそ炒めは、鹿島より南は切り干し大根入りで、原釜では入れないの。両方食べてみてね」など、料理のことをイキイキと話してくれるお母さんたちは、とにかく明るくて働き者。
でも本当は昔の家に戻りたいとの言葉も聞こえ、真の意味での復興を願うばかりです。

原釜魚市場ツアーでは、モニタリング検査室を見学

原釜魚市場ツアーでは、モニタリング検査室を見学

検査が行われる検査室を視察しました。イベント開催日なので、実際の検査の様子は見ることができませんでした。検査する魚をミンチにして、検査器にかけるとのこと。
結果は全て公表されており、平成27年4月以降の2年半、国の基準値越えはゼロ。

福島の笑顔インタビュー

相馬双葉漁業協同組合 女性部相馬支部 佐藤靖子さん

相馬双葉漁業協同組合
女性部相馬支部
佐藤靖子さん

「震災のときは、あの松川大橋を波が越えて、私たちの家は全て流されました。鉄筋の家だったのに、ズバッと切られたみたいに持っていかれてしまいました。

「震災のときは、あの松川大橋を波が越えて、私たちの家は全て流されました。鉄筋の家だったのに、ズバッと切られたみたいに持っていかれてしまいました。

でもね、浜の女性は、か弱いけれど強いんですよ(笑)。
うちの中でしょんぼりしてたら家中がシーンとなってしまうでしょう。仲間がいる市場に来てパワーをもらうんですよ。そしてまたいろいろなところへ行って、イベントで料理を作ったり…。
今後やってみたいことは、地元の若いお母さんたちにも料理を教えてあげたいなと思っています」

福島県農林水産部 水産課 副課長(兼)主任主査 石田敏則さん

福島県農林水産部 水産課
副課長(兼)主任主査
石田敏則さん

「平成23年4月からモニタリング検査を開始し、毎週200検体、これまでに4万7000検体を検査しました。そして平成27年4月からは、国の基準値を超えるものは

「平成23年4月からモニタリング検査を開始し、毎週200検体、これまでに4万7000検体を検査しました。そして平成27年4月からは、国の基準値を超えるものは

確認されていません。当初、3種のみだった試験操業の対象種が、平成29年3月から国の出荷制限種を除く全てが対象となったこと。また、昔から大きな産地であった松川浦の青のりが試験操業を開始することが決まりました。
このイベントを通して、安全性にこだわった福島の水産物のおいしさ、新鮮さを周りの人に伝えていただきたいと思っております」

サービスエリア
「セデッテかしま」は
充実のお土産処

創業60年の原町製パンのよつわりパン

相馬名物元祖よつわりパン

学び、味わい、楽しんだ相馬への旅。福島駅への帰途、立ち寄った「セデッテかしま」は、南相馬地域の魅力をたっぷり感じられる サービスエリア。
創業60年の原町製パンのよつわりパンは、50年以上地元に親しまれている南相馬の味。ふっくらしたパンの4つに割れた隙間から生クリームと甘いあんこが顔をのぞかせるレトロな味わい。
昔ながらのノスタルジックなパッケージも魅力的です。

地域の生産者が見える商品が充実!

地域の生産者が見える商品が充実!

漁協女性部が担当する「ツブ貝の生姜煮」はあっという間に完売。お菓子屋の松月堂が作る「まいたけおこわ」も人気だそう。秋の味覚も新鮮野菜もとても充実しています。
新しい施設なので、居心地も良く、伝統の祭り「相馬野馬追」の様子が分かるホールも訪れる価値ありです。

参加者の声

  • 知らないから何となく不安だったので、福島の現状を知りたいと思い今回参加しました。
    厳しい検査基準を定めて、モニタリング検査、スクリーニング検査を行っていること、ここ2年は国の基準値を超えるものが検出されていないことを知りました。
    (神奈川県・30代)

  • 福島の生産者の安全に対する取り組みを知り、さらに水産物のおいしさ・新鮮さを味わって実感することができました。
    (東京都・30代)

  • 浜のお母さんたちとお話ができたのが良かった。いろいろな話も聞くことができ、楽しく、大変だったことを語ってもらったときには泣きそうになりました。
    福島の水産物の安全性をわかりやすく説明されて、今まで何となくだったものが、きちんとわかってよかったです。
    (神奈川県・40代)

  • 行政と企業、そして福島県のみなさんが各々自分の持ち場で頑張っている様子が分かりました。
    その頑張りがより一層復興につながっていくといいなと思い、応援していきたいと思いました。
    (東京都・40代)

  • まだまだ震災前には程遠いのだと感じました。そんな中で漁協の女性部のみなさんがキラキラして一生懸命な姿が心に響きました。
    風評被害が一日でも早くなくなるよう、情報発信のお手伝いをしたいです。
    (栃木県・30代)

参加してくれたリビングブロガーも福島を応援しています!

  • chima さん

    chima さん
    レンレンのひとりごと

    レポートを見るレポートを見る

  • ポジこ さん ♡はぶぁ nice ♡

    ポジこ さん
    ♡はぶぁ nice ♡

    レポートを見るレポートを見る

  • sh-ee-na さん ときおりのしきさい

    sh-ee-na さん
    ときおりのしきさい

    レポートを見るレポートを見る

  • 原田 尚子 さん Antのささやき

    原田 尚子 さん
    Antのささやき

    レポートを見るレポートを見る

  • 遊佐久美子 さん *Happy mansion*  ふたり暮らし

    遊佐久美子 さん
    *Happy mansion*
    ふたり暮らし

    レポートを見るレポートを見る

記事を読んで応募して

福島県の水産加工品ギフトセット

福島県の水産加工品ギフトセットを

抽選で3人プレゼント

★応募締切 2017年12月20日(水)

応募はこちら応募はこちら

福島県の水産加工品ギフトセット