1. Living
  2. 主婦力アップ!
  3. 暮らしを元気にこれぞ“主婦腕”

 リビング新聞3月31日号で募集した「SHUFU-1(シュフワン)」。多数の応募者の中から、書類審査・面接を経てグランプリ1人、準グランプリ2人とSHUFU-1ミセス26人が決定しました。“主婦ならではの目線で、暮らしを楽しく元気にする”ミセスたちが、今後リビング紙面やWEBなどで活躍予定です。


「SHUFU-1」とは

家族と自分の毎日をきちんと楽しく整える。“主婦”の仕事は、大事だけれど評価されにくいですね。そこで、多くの主婦にその“腕前”をアピールしてもらい、優れたシュフ技を讃えたいと、「SHUFU-1」グランプリを企画。一般家事、料理、美容、趣味・特技などジャンル別に応募を受け付け、121人の中から書類審査・面接により各賞を選出しました。

【審査基準】
「シュフ技のオリジナリティー」「シュフ技の専門性」「熱中度」「期待度(応援したくなるか)」「読者に役立つか」。



1日15分のプチ大掃除や毎日のパン作り 家族が居心地の良い空間を作るのが楽しいです

グランプリ 大崎章子さん(39歳) 一般家事部門

右下の写真は1日1カ所15分のプチ大掃除から生まれた、大崎さん考案のお掃除グッズ。100円ショップで買った手袋に、フローリング用ワイパーシートを手形に切り抜き両面テープで留めたもの。「窓ガラスや窓枠、鏡などを掃除するのに便利ですよ」

  

 大崎さんが実践しているのは、1日1カ所15分のプチ大掃除。毎日の掃除機がけなどとは別に、窓ガラスや冷蔵庫、洗面所など1カ所を徹底的にきれいに。「15分だけと思えば重い腰も上がります。ココってひらめいた場所なら気分が乗ってきれいにする達成感があります。おかげで、5年経った今でも、新築?って聞かれることも(笑)」。
 お昼にパンを焼くのも日課。「子供が一緒に遊び感覚で生地をこねて手伝ってくれる」と用意してくれたのは、カフェ風のオシャレなランチ。「“主婦業”ってあまり成果の見えないものなので、行き詰っているお友だちもいるのですが、“ここに来ると私も頑張れそう”って言ってくれます」。
 ホームエステや半身浴は、自分へのご褒美。「出産が遅かったので、子供のためにも健康で輝いていなくちゃ」とストレッチも欠かしません。家事も育児も自分磨きも、さらに資格取得のための勉強まで丁寧に前向きに真面目に、そして楽しく取り組む大崎さん。“手抜かりなし!”の主婦腕、その総合力でグランプリに決定しました。

  

師範の免許を持つパン作り。愛娘の蓮実ちゃん(2歳10カ月)と毎日、パンやお菓子作りを楽しんでいます



調理師免許を持つ腕前。15分もあれば3.4品はお手の物。「子供は大人と同じものを食べたがるので、子供用の料理を作り、大人用には味付けをプラスしていくのが効率的ですね」と

   

「掃除もダイエットになる!と思えば楽しく続けられますよね」と花岡さん

食材を聞いて即座にメニューを提案
ママ友たちに喜ばれています

準グランプリ 高野万美子さん(29歳) 料理部門

 「食材+調味料=料理。料理は算数だと思います」という高野さんは、頭の中で材料・味・調理法を表組みのように組み立て献立を考えます。「例えば、マーボー豆腐の豆腐の代わりにナスを使ってマーボーナスにするように、豆腐の代わりにブロッコリー、タマネギ、ミックスベジタブルと食材を代用します。すると見た目や味も変わりレシピはどんどん広がります」。そんな発想力でマーボー豆腐から派生したレシピは50種以上にも。最近はママ友の献立作りにひと役。家にある食材を聞き、即座に口頭でレシピ提案し、喜ばれています。

   

48歳にして20歳の体形をキープ
“若いね”と驚いてもらえるのがうれしい

準グランプリ 花岡かずみさん(48歳) 美容部門

 骨盤調整ヨガや造顔ヨガのインストラクターとして活躍する花岡さんは48歳。20歳のころの体形を維持し、肌もつやつや。長年バレエを続けてきたことから、“ストレッチを教えてみないか”と声を掛けられたのが数年前。「でも専業主婦でしたから、1年待ってくださいと、若い人に交じりヨガスクールに通い資格を取りました」。顔の筋肉やバランスを整える造顔ヨガは、子育てなどの経験を元に考案。「今やっていることは10年、20年後の元気のため。“若いね”って驚いてくれるのが楽しくて、年を取るのが嫌ではありません」。




  

オリジナリティー豊かで
ユニークな人形はネット販売で人気

江口 桜さん(34歳) 趣味・特技部門

 古着をリユースして、ぬいぐるみを制作。ネットで委託販売も。その個性的でオリジナリティーあふれる作品に、コアなファンも急増。自身のブログでは、子育てマンガ日記を公開中。

Strange Humming
http://members2.jcom.home.ne.jp/s_humming/top.html



散らかった部屋を見て一念発起
整理収納のアドバイザーに

羽鳥ともえさん(34歳)
一般家事部門

 第2子妊娠中のつわりがひどく、気がつくと自宅が散らかり放題。何とかせねばと勉強したのが、整理収納アドバイザー、ライフオーガナイザーになったきっかけだとか。自宅を中心に、子連れでも参加OKのセミナーなどを始めて約1年。

  

4人の子育てをしながら
5年間で1000万円の貯金に成功

渡部優子さん(52歳) 家計部門

 10年前、「とにかくゆっくりしたい」とフルタイムの仕事を辞め、節約ライフに突入。ありとあらゆる節約術本を読破し、自分流の節約術を見つけ5年間で1000万円を貯金。考え方のベースは「現状把握→改善計画→実行」。無理のない節約で快適な暮らしも入手。



アンチエイジング効果も期待できる!と卓球にとりつかれ第2の青春謳歌中

池田美穂子さん(47歳) 趣味・特技部門

 運動不足解消程度の気持ちで卓球を始め約10年。今ではすっかりその魅力にはまり、クラブチームで週2回、同世代のチームメイトと汗を流しています。「脳の刺激にもなるみたい。健康や美容にも役立つし、卓球にはアンチエイジング効果も期待できます!」。

  

50代になってリッキー・マーティンの追っかけに
今では手配も1人旅もできる旅の達人

土屋眞知子さん(63歳)
その他部門

 リッキー・マーティンに惚れ、アメリカへの1人旅もいとわない熱狂的なファンに。そのおかげでアメリカ人の友達もでき、「人生バラ色」と。さらには格安航空券や現地のユースホステル利用術まで熟知するほどの旅の達人に。



【審査を終えて】 暮らしに、自分に、積極チャレンジ! その姿勢がかっこいい

 グランプリ受賞の大崎さんは、住まいに、料理に、肌に、隙ナシ! 毎日を丁寧に大切に、積極的に生きる“主婦としての総合力”が高得点を獲得。コンピューターみたいに食材名からレシピが出てくる高野さん、オリジナル造顔ヨガを披露してくれた花岡さんも、努力を重ねて、シュフ技を磨いています。
 主婦として、暮らしに、自分に積極チャレンジする姿勢が、みなさん、とてもかっこよく、刺激的でした。(本社編集長・滑川恵理子)


※「SHUFU-1」募集にたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました