1. 多摩トップ
  2. ニュース・特集
  3. 【特集】大掃除前がチャンス!今からでも間に合う!「整理収納のススメ」

【特集】大掃除前がチャンス!今からでも間に合う!「整理収納のススメ」

  • 2017/11/30 UP!

大掃除前がチャンス!今からでも間に合う!「整理収納のススメ」
師走も目前。スッキリとした我が家で年末年始を過ごすためには、大掃除前の“整理収納”がカギ!特にこの冬やっておきたい箇所とポイントを、整理収納アドバイザー&ルームスタイリスト・プロの小川薫さんに教えてもらいました。

年末年始の集まりでフル稼働のキッチンを、効率よく動きやすい環境に
★キッチン★

(1)毎日使うモノこそいい場所へ

毎日使うモノこそいい場所へ
動線が良く一番使いやすい場所「ゴールデンゾーン」に、毎日使うモノを。また、キッチンは自分の腰あたりが1番疲れにくい高さ。食器棚は使用頻度の高いモノから、中→下→上の順で収納を。子どものモノは自分で取り出せるように下に置くなどの工夫も◎。

(2)タテの収納で見やすく取り出しやすく

タテの収納で見やすく取り出しやすく
調味料や消耗品のストックの数を把握するために、縦の収納にして一目でわかる工夫を。ムダ買いの予防にもなります。たまにしか使わないモノは1軍、2軍に分けて収納しましょう。

(3)「水」と「火」で考える収納

シンクの下は、ザルや洗剤など「水を使うモノ」、コンロの下は、油やフライパンなど「火を使うモノ」と分けると動作を減らせます。

子どものモノも増える冬休みに、親子で必要なモノを見直そう
★子ども部屋★

(1)声掛けをする

「これ使っているかな?」「ほかに使ってくれる子いるかな?」など子どもへの声掛けが有効。継続することで自ら選ぶ習慣も。「もういらない?」は反射的に「いる!」となってしまうのでNG。処分する際は、親子で「ありがとう」とモノへの感謝を伝えましょう。

(2)家族で共有する

家族で共有する
モノにもよりますが、作品など“今しかない愛おしい旬のモノ”は少しの間飾っておいてもいいのでは?子どもの自信や肯定感にもつながります。

(3)本人の気持ちを尊重する

本人の気持ちを尊重する
子どもに限らず、自分以外の家族のモノを整理するときは、あくまで本人の意思を尊重することが大切です。もう使わないけれど取っておきたいモノは、「思い出ボックス」を作ってざっくり収納するのもおすすめ。

普段後回しにしがちな箇所も、この機会に見直しを
★その他★

冷蔵庫

食材が傷みにくいこの時期は冷蔵庫の整理にピッタリ。ぜひ食材を買い込む年末前に!

洗面台の下

何年も使わないモノが入っていませんか? 不用になったサンプル品などは思い切って処分しましょう。

プロも愛用のおすすめ収納グッズ

クローゼットの上棚やおもちゃ入れにもおすすめ!

IKEA「SKUBB」ボックス(ホワイト)

●軽くて扱いやすい、●取っ手付きで取り出しやすい、●コンパクトにたためる、●ピッタリ収納
IKEA「SKUBB」ボックス1499円/3ピース、サイズ31×34×33cm

豊富なサイズ展開であらゆる収納に大活躍!

無印良品「ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ・A4用・ホワイトグレー」

●調理器具などファイル以外の収納にも便利、●並べて使えばスッキリ収納、●汚れても洗える、●清潔感があるホワイトグレー
無印良品 ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ700円(写真)/ワイド1000円/ 1/2 390円もあり


無理なくスッキリのポイントとは?

「いつもより少し時間をプラスする」こと

整理収納アドバイザー小川さん
年末年始は家族で出かけたり、来客があったり何かと忙しい時期です。大掃除を一気に終わらせたいと思っていても、急な予定が入って何もできなかった…なんてことも。まずは明日から1カ所ずつ、いつもの掃除にちょっとひと手間プラスすると、大掃除も自分のココロもラクになりますよ。お正月はキリキリせずにのんびり過ごしたいものですね。

人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. ニュース・特集
  3. 【特集】大掃除前がチャンス!今からでも間に合う!「整理収納のススメ」


会員登録・変更