1. 多摩トップ
  2. ニュース・特集
  3. 【特集】今春、駅前のツインタワーがいよいよ完成!2018年に国分寺駅北口が生まれ変わります

【特集】今春、駅前のツインタワーがいよいよ完成!2018年に国分寺駅北口が生まれ変わります

今春、駅前のツインタワーがいよいよ完成

2018年の国分寺駅北口北側から見た国分寺駅北口再開発地区イメージ。市民投票で決めた同地区のタウンネーミングは「cocobunji」(ここぶんじ) ※画像は国分寺市提供
半世紀かけて進められてきた国分寺駅北口再開発。今春、ついに(仮称)「国分寺駅北口再開発ビル」2棟が完成します。2018年は、生まれ変わる国分寺駅北口に注目を!
※2017年12/22時点での取材・公開資料をもとに記事を作成
※記事内画像はイメージで、実際と異なる場合があります

国分寺駅前再開発

住居&店舗&公益施設の新拠点が誕生

1965年の都市計画決定以来、約50年の歳月を経て進められてきた国分寺駅北口再開発。その核ともいえる駅前のランドマーク(仮称)「国分寺駅北口再開発ビル」が、3/31(土)いよいよ完成します。
駅直結で多摩地区第2位(※2017年9月現在)の高さを誇る「西街区ビル」と、その東側にそびえ立つ「東街区ビル」。住居・店舗・公益施設が集まる一大拠点の登場で、国分寺駅周辺がさらに便利に、にぎやかに!

Public Service(公共サービス)
公益フロアのイメージは“宇宙”
新ホールや屋上広場も

「西街区ビル」5階、国分寺市所有の公益フロア「cocobunjiプラザ」は4月から順次オープン。フロアイメージは、日本の宇宙開発発祥の地である同市にちなんで“宇宙(そら)”。
3月末閉館予定の国分寺Lホールに代わり、緑のある屋上広場に面した大きなガラス扉が開放的な新ホールや、まちの魅力発信コーナー、予約図書の受け渡しも可能な市民サービスコーナー(5月開設予定)も設置。秋には、地元野菜“こくベジ”をメニューに使ったカフェもオープン予定で、どんなお店かは今後のお楽しみ!

Shopping(ショッピング)
三越伊勢丹の新規商業施設
「ミーツ国分寺」が4月オープン!

関心の高い商業施設。4月には、「西街区ビル」1~4階に、三越伊勢丹グループが地域密着型新規商業施設「ミーツ国分寺」をオープン。駅直結でアクセス抜群の施設には、バラエティー豊かな約50店舗が出店予定で、ゆとりと潤いに満ちた上質なショッピングセンターが出現します。
同ビルには、ほかにも多数の店舗が順次オープン予定。路面店風の店構えの「東街区ビル」1階や、南口のセレオに丸井など、駅周辺のショッピングがさらに充実します。
ミーツ国分寺「ミーツ国分寺」外観イメージ。三越伊勢丹の洗練のセレクトに期待!

Transportation(交通)
2019年度中に完成予定
駅前交通広場で交通がスムーズに

再開発ビル完成に続き、2019年度中には「西街区ビル」北側に駅前交通広場が完成予定。バス・タクシー専用のロータリーや、一般車のための送迎専用乗降場を設置します。広場周囲には屋根がつき、雨に濡れずに駅に行き来可能で、地下には「西街区ビル」直結の自転車駐車場も。今後、周辺道路の整備も進められる予定で、駅前の交通が徐々に整理されていきそう。
国分寺駅前交通広場北東側から見た駅前交通広場イメージ ※画像は国分寺市役所提供


同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. ニュース・特集
  3. 【特集】今春、駅前のツインタワーがいよいよ完成!2018年に国分寺駅北口が生まれ変わります


会員登録・変更