1. 多摩トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム
  4. 4/15(土)~6/11(日)青梅市立美術館で「鳥を描く~写実と象徴~」展

4/15(土)~6/11(日)青梅市立美術館で「鳥を描く~写実と象徴~」展

青梅市立美術館では、4/15(土)~6/11(日)の期間に、「鳥を描く~写実と象徴~」展が開催されます。

今年の干支は酉(とり)です。これにちなみ、鳥を題材とした作品が展示されます。同じ題材を描いても、花鳥画の伝統に則った優美かつ写実的な日本画の鳥と、鳥の持つ特徴や習性に、象徴や寓意を込めて描く洋画の鳥とでは、大きくその様子が異なります。

また、青梅市ゆかりの陶芸家・藤本能道にとっての鳥は、最も身近な愛すべき存在でした。各作家によるさまざまな鳥の姿を楽しむことができます。

鳥を描く~写実と象徴~広島 晃甫 《山椿小禽》 絹本着色、1920年代半ば
鳥を描く~写実と象徴~寺島 穣《不真面目な鳥たち》油彩/カンヴァス、1982年
< 鳥を描く~写実と象徴~ >

■会期 4/15(土)~6/11(日)
■会場 青梅市立美術館 青梅市立小島善太郎美術館
■休館日 月曜
■開館時間 9:00~17:00(※入館は16:30まで)
■観覧料 大人200円、小・中学生50円
■住所 青梅市滝ノ上町1346
■TEL 0428-24-1195
■アクセス JR青梅駅から徒歩6分(※無料駐車場あり)

美術館・ギャラリー情報一覧にもどる

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム
  4. 4/15(土)~6/11(日)青梅市立美術館で「鳥を描く~写実と象徴~」展


暮らしのコラム

会員登録・変更