1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ
  3. 地味色メニューに彩りをプラスする小さな一品

プロフィール

  • 藤本 ゆみ子

    藤本 ゆみ子

    飲食業、講師・インストラクター業に従事した後、2010年より「楽しく作り、楽しく食べる」をコンセプトにしたマンツーマンレッスンの「料理教室楽食Chubo」を主宰。 調理師、NPO日本食育インストラクター、産業カウンセラー、「村山うどんの会」認定講師。 ■HP http://rakushokuchubo.jp/

ブログメンバー

最新記事

最新コメント

2017年7月
MTWTFSS
« Jun  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

地味色メニューに彩りをプラスする小さな一品

2017/4/21

藤本 ゆみ子
藤本 ゆみ子

こんにちは。料理教室楽食Chuboの藤本です。
桜の季節も終わり、季節は木々の緑も鮮やかな初夏へ。
そんな折に、今日はお皿の彩りのお話を。
おいしいけれど色合いが地味なメニューってありますよね。
例えば揚げ物や炊き込みごはん。

差し色用の湯がいた青もの(きぬさややインゲンなど)を添えるのもよいですが、きれい色の“揚げもの”はいかがでしょうか。

【ごはん】吹き寄せごはん-3

ちょっと季節外れな例でごめんなさい;;
これは薄く切ったさつまいもをいちょうの型で抜いて、さっと素揚げしたもの。
ほかにも、にんじんやリンゴなど赤いものをお花の型で抜いて揚げるのもおすすめ。

「彩りのためだけに揚げ物をするのはめんどう・・」と思うかもしれませんが、素材にもよりますけれど、薄く切ればすこしの油で軽く揚げ焼きするだけでよいので意外とお手軽です。
香ばしさと、カリッとした食感が目新しくて、「おっ??」とご家族やお客さまの目を引くのでは。

o0600040013902655914

こちらは市販のもので、京都・錦市場の田邊屋さんで扱われている「開花宣言」という商品。
元は小さな四角いチップのような形をしていて、素揚げするとパッと花が咲きます。

素揚げするのに多少油の量が必要なので、から揚げなどの揚げ物をするとき、最後にいくつか揚げて添えるのがおすすめ。
茶色一色のから揚げの山に小さな花々が咲いて、お皿にとてもかわいらしい演出ができます。
ちなみに写真は牡蠣の揚げ出しです。

小さな素揚げ、見た目は手が込んでいそうに思えますが、実は薄切りして、型抜きして、さっと揚げるというほんのひと手間だけ。差し色なので数もそんなに要りません。
よろしければ一度お試しくださいませ(^_-)b

今回もお読みくださってどうもありがとうございました。
また次回もどうぞよろしくお願いいたします。

藤本 ゆみ子
藤本 ゆみ子

飲食業、講師・インストラクター業に従事した後、2010年より「楽しく作り、楽しく食べる」をコンセプトにしたマンツーマンレッスンの「料理教室楽食Chubo」を主宰。 調理師、NPO日本食育インストラクター、産業カウンセラー、「村山うどんの会」認定講師。 ■HP http://rakushokuchubo.jp/



人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ
  3. 地味色メニューに彩りをプラスする小さな一品


会員登録・変更