1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ
  3. 野菜をもっとおいしく ~レシピ付き

プロフィール

  • 藤本 ゆみ子

    藤本 ゆみ子

    飲食業、講師・インストラクター業に従事した後、2010年より「楽しく作り、楽しく食べる」をコンセプトにしたマンツーマンレッスンの「料理教室楽食Chubo」を主宰。 調理師、NPO日本食育インストラクター、産業カウンセラー、「村山うどんの会」認定講師。 ■HP http://rakushokuchubo.jp/

ブログメンバー

最新記事

最新コメント

2017年12月
MTWTFSS
« Nov  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

野菜をもっとおいしく ~レシピ付き

2017/9/19

藤本 ゆみ子
藤本 ゆみ子

こんにちは。料理教室楽食Chuboの藤本です。
秋。「食」がますます楽しい季節になりましたね。
お店に並ぶ旬の食材たちを眺めているだけでもなんだか心が浮き立ちます。

でも気になるのはカラダのこと。
今回は美容と健康を意識しつつも食を楽しみたい方に、おいしくヘルシーなメニューのお助けグッズをご紹介させていただきます。


IMG_7826

ベジタブルカッター。
野菜を細いリボン状にカットする道具です。
わたしが使っているのはマイクロプレイン社の「スパイラルカッター」。
太い野菜と細い野菜をそれぞれ使える口がふたつ。
差し込んでくるくると回すだけで野菜を麺のように細長く切ることができます。

きゅうりやにんじん、ズッキーニ、この穴の部分に入る太さにカットした大根などをサラダや鍋料理に入れるといつもと違う食感でおいしいし、色とりどりに野菜を取り合わせて使うと見栄えもします。
特におすすめなのはパスタ。
糖質オフが流行って久しいけれど、やっぱりパスタは食べたい!という方に特におすすめです。

8b-2

<ベジヌードル入りクリームパスタ>
■材料 ※2人分
・ロングパスタ 60g ※全てパスタにする場合は120~180g
・ズッキーニ・・60g
・えのき茸・・60g
・鶏むね肉・・100g
・オリーブオイル・・大さじ2
・にんにく(みじん切り)・・2片分
・生クリーム・・120ml
・塩・・小さじ1/2
・こしょう・・少々
・青じそ・・2枚

■作り方
1.鶏肉は小さめのひと口大にそぎ切りする。
2.えのき茸は石づきを取ってバラす。青じそはせん切りにする。
3.ズッキーニはベジヌードル用のカッターで細切りにするか、なければ包丁で2mm太さの長めの千切りにする。
4.鍋にたっぷりの湯をわかし、沸騰したら湯量の1%の塩を入れてパスタをゆでる。
5.フライパンににんにくとオリーブオイルを入れて熱し、香りが立ったら鶏肉を炒める。
6.えのき茸を入れてさっと炒め合わせたら生クリームを加え、ふつふつするくらいまで温める。
7.ズッキーニを入れて火を通したら塩、こしょうを加えて味を調える。
8.ゆであがったパスタを加えて火を止める。器に盛って青じそをあしらう。

えのき茸はパスタとのなじみがよく、かさ増し食材にぴったり。
通常1人前100gのパスタを3分の1くらいまで減らして、その分えのき茸とズッキーニで作ったベジヌードルに置き換えることでカロリーを大幅にダウンできるわけですが、きのこやズッキーニと相性のよいクリームソースで和えるとおいしさも食べごたえも十分で、ふつうのパスタ料理と比べても遜色ありません!
ぜひお試しくださいませ。

今回もお読みくださってどうもありがとうございました(*^-^*)
また次回もどうぞよろしくお願いいたします。

藤本 ゆみ子
藤本 ゆみ子

飲食業、講師・インストラクター業に従事した後、2010年より「楽しく作り、楽しく食べる」をコンセプトにしたマンツーマンレッスンの「料理教室楽食Chubo」を主宰。 調理師、NPO日本食育インストラクター、産業カウンセラー、「村山うどんの会」認定講師。 ■HP http://rakushokuchubo.jp/



人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ
  3. 野菜をもっとおいしく ~レシピ付き


会員登録・変更