1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ
  3. PMS憂鬱な時期をアロマのチカラで乗り越える!

プロフィール

  • しまむらひろこ

    しまむらひろこ

    優しい香りは心にゆとりと穏やかさを与え、癒してくれる自然の恵みです。毎日の生活にアロマを取り入れて楽しむことをテーマにご紹介したいと思っています。公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー・アロマテラピーインストラクター・アロマブレンドデザイナー・認定アロマパルファンヌ アロマ講座やその他の講座も開催しています。詳細はこちらで。 http://ameblo.jp/okalani-pua/

ブログメンバー

最新記事

最新コメント

2017年10月
MTWTFSS
« Sep  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

PMS憂鬱な時期をアロマのチカラで乗り越える!

2017/9/26

しまむらひろこ
しまむらひろこ

アロマライフスタイリスト しまむらひろこです。

めっきり朝夕は肌寒くなり、秋の気配を感じますね。
今回はアロマのチカラでPMS症状を緩和させる方法をご紹介させていただきます。

PMS(月経前症候群)は女性にとって、とてもつらい症状です。

女性は月に一度、憂鬱な日がやってきます。

IMG_4551

いつもは気にならないこともイライラしたり、怒りっぽくなったり、過食で体重増加したり、個人差はあるものの症状が現れます。
憂鬱なPMSの症状を緩和して、いつもと変わらない自分でいたいものです。

原因は解明されていませんが、女性ホルモンバランスを崩すことが原因と考えられ、 とくに妊娠を維持するための黄体ホルモン(プロゲステロン)が主な原因であると考えられています。

そこで最近、注目されているのが「アロマの活用」です。

香りをダイレクトに大脳に働きかけてくれる嗅覚は五感の中で特別な器官です。
脳をコントロールして心理面に大きく働きかけてくれます。

オススメする精油は女性特有の症状に心身ともに作用してくれる女性の救世主です。

PMS症状におすすめ精油

フローラル系

PMS不快な症状に作用する代表的な精油

緊張不安からくる腹痛、頭痛、痛みやホルモン調整作用などがあり、あらゆる女性のトラブルに有効です。「香りの女王」ともよばれ、心もお肌も美しくしてくれるフローラル系は、まさに女性のための精油といってもいいでしょう。

IMG_3728

ローズオットー
学名:Rose damascena
IMG_4517

ジャスミン
学名:Jasminum grandiflorum

IMG_3546

ネロリ
学名:Citrus aurantium

 

ハーブ系

ハーブ系のPMS不快な症状に作用する代表的な精油

IMG_3726

ローズゼラニウム

学名:Pelargonium graveolens

ゲラニオールを多く含み、バラに香りが似ています。

IMG_4518

クラリセージ
学名:Salvia sclarea

エストロゲン様作用があるため、鎮静・鎮痛に高い効果を発揮します。

IMG_3730

カモミールローマン

学名:Chamaemelum nobile

りんごのようなフルーティーの香り

 

ウッディー系

IMG_4519

サイプレス

学名:Cupressus sempervirens

ヒステリー、イライラ、怒りを鎮めてくれます。
芳香浴やバスタイムにおすすめ!

アロマ活用法

★至福の香りで癒されるローションつくり

PMS症状に緩和するオススメ精油はどれも美肌効果が期待できます。

朝晩に至福の香りで心もお肌もきれいになりましょう。

作り方  50ml(濃度0.5%以下)

材料

・①ウォッカ 45度以上~ or 無水エタノール 5ml
・②グリセリン5ml
・③お好みのオススメ精油 5滴
・④フローラルウォーター or 精製水 40ml
・⑤遮光ボトル 50ml

・①から③までをビーカーに入れ、よく混ぜます。
・次に④フローラルウォーター or 精製水を入れて混ぜます。
・ボトルに入れてよく振ります。
*使用は冷蔵庫で保管し2週間以内に使い切ってください。

手作り化粧水はとってもオススメです。
特に朝は忙しく、イライラしがち。ちょっとしたわずかな時間で天然精油の香りが至福の瞬間を与えてくれます。きっと鏡の前で笑みがこぼれますよ!

★芳香浴

この時期、もっともオススメなのがウッディーで爽やかな森林浴をしているような香りのサイプレス精油はとても気持ちが落ち着きます。

ハンカチやテッシュに1滴おとして症状が出たときに嗅いだり、その時期はアロマペンダントにして香りに包まれるのもオススメです。

精油を使用するときには注意が必要です。
妊娠中の方は使用できない精油がたくさんあるので注意してください。
また、鎮静効果の高い精油は集中力も減退させるため、使用するときはくれぐれも注意して使ってください。

日々の暮らしの中で香りを味方につけて、いつも穏やかな笑顔を手に入れてくださいね。

女性は心も体もデリケート!
もう憂鬱なPMSに負けない!きっと、アロマのチカラが貴女を応援してくれますよ

次回の投稿は10月24日になります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

現在募集中のレッスンのご案内ハンガリー王妃が愛した最強コスメ再現講座

しまむらひろこ
しまむらひろこ

優しい香りは心にゆとりと穏やかさを与え、癒してくれる自然の恵みです。毎日の生活にアロマを取り入れて楽しむことをテーマにご紹介したいと思っています。公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)アロマテラピーアドバイザー・アロマテラピーインストラクター・アロマブレンドデザイナー・認定アロマパルファンヌ アロマ講座やその他の講座も開催しています。詳細はこちらで。 http://ameblo.jp/okalani-pua/



人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ
  3. PMS憂鬱な時期をアロマのチカラで乗り越える!


会員登録・変更