1. トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ

プロフィール

  • 堀 ヨリコ

    堀 ヨリコ

    花の輪(wreath)と共に“想い”を届けるリースデザイナー。現在、みなみ野の自宅アトリエで『リースの愉しみ』として活動。ウェディング等のギフトリースをデザイン制作販売するかたわら、企業イベント・カルチャーセンターでの講座も担当。 HP http://www.messagewreath.jp/

ブログメンバー

最新記事

最新コメント

2017年8月
MTWTFSS
« Jul  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

『リースの愉しみ』 夏休み企画 キッズのためのワークショップ

2017/8/15

堀 ヨリコ

こんにちは。『リースの愉しみ』 堀ヨリコです。

長かった夏休みも、いよいよ終盤戦。

今頃、お盆休み返上で、宿題に追われている頃でしょうか?

(我が娘は、前半遊びすぎて・・ただいま絶賛追い込み中~!!(泣))

夏休みの宿題といえば・・・自由課題(工作?)

最近では、便利な工作キットがたくさん販売されていて、売れ行きも上々のようですね。

『リースの愉しみ』では、毎年この時期に キッズのためのワークショップを開催していますが、今年はアトリエを飛び出して、スウェーデンハウス展示場にて7月25日に開催しました。

2017,8 kids7

夏の思い出(貝殻や砂?海草?)をペタペタ貼るもよし。

2017,8 kids6

ワタクシ的には、ヒトデや小さい巻き貝が、ツボなのですが・・・。

2017,8 kids

この日は、男の子の参加者ばかりで・・・付き添いのママたちと一緒にたのしそうに、デザインしています。男の子だけど、レースづかいが見事!!

2017,8 kids2

初めてとは思えないほど、センスよくまとまってますよね?

2017,8 kids4
男の子の作品だからもっとワイルドになるのかと思いきや、丁寧な仕上がりです。ママのアドバイス通りかな(笑)
2017,8 kids5

こちらは、砂浜と波をグレーのレースとグリーンモス(苔)で表現されています。

フレームリースは、自由な発想でデザインしてOK!デザインを仕上げた後は、夏休みの思い出のフォトに入れ替えて・・・完成!

低学年のお子さまにピッタリの自由工作。(所要時間1時間弱)

是非、夏の想い出がいっぱい詰まった『フレームリース』を親子でおたのしみください♪♪

『 リースの愉しみ 』   堀 ヨリコ

*******************

New《新規講座のお知らせ》

(申込み受け付けスタートしました!)

~つくって、飾って、贈る~季節のインテリアリース

◆読売・日本テレビ文化センター八王子(八王子駅前セレオ内)

◆10月12日(木)10:30~12:30(毎月第2木曜日)

◆ お申込み、お問い合わせはコチラより。

  読売・日本テレビ文化センター

Tel 042-622-6214

 

 

| コメント (0)

『リースの愉しみ』アジサイをドライフラワーにして愉しむ方法その2

2017/7/18

堀 ヨリコ

こんにちは 『リースの愉しみ』 堀ヨリコです。

関東地方は、もうそろそろ梅雨明けですね。

先月に引き続き・・・

アジサイの愉しみ方をお伝えしたいと思います。

前回の復習です(笑

梅雨明けの良く晴れた日。

そう、あじさいの収穫に適した日でしたね♪

茎を少しだけ残してカットし、風通しの良い部屋で2日ほど吊るせば、キレイなドライアジサイの出来上がり。 この季節、おススメしているのが・・・

   車の中に入れて乾燥させる方法。

シートの上に新聞紙をしいて、重ならないようにあじさいを並べておくだけです。数時間でパリッパリに乾燥するので、一番カンタンなドライ法かもしれませんね。

2017.7 アジサイ

コチラは↑↑↑我が家のカシワバアジサイ・・・挿し木で育てて、7~8年目になるでしょうか?

今年もホワイトから、キレイなグリーンに。根元の部分は、ボルドーカラーに変化してます。

2017.7 アジサイリース

ドライに仕上げたアジサイとスモークツリーで、早速ナチュラルテイストなミニリースに。

出来上がりは、グリーンベースですが数ヶ月もするとアンティークなブラウンリースに変身。

2017.7 アジサイリースホワイト

ボルドーカラーが強く出ているアジサイを使って、ふんわり優しいリースもお気に入りデス。

いつもは、プリザーブド加工されたアジサイを使用していますが・・・

瑞々しいグリーンカラーのアジサイがアトリエに登場するのは、この時期だけのお愉しみ♪♪

 

この出来立てほやほやのドライアジサイを使って、夏休みがスタートしたばかりのキッズ達と一緒にフレームリースを作ってみませんか?今月は、紅茶インストラクターの前田先生が子ども達の為に美味しい実験を用意して下さっています。

【みなみ野ecru おうちサロンレッスン♪】~キッズのためのワークショップ~

第1部 フォトフレームリースづくり 

『リースの愉しみ』 堀 ヨリコ

第2部 紅茶でおいしい実験~アレンジティーづくり~ 

『テイエール』 前田 由美子

◆ 7月25日(火) 10:15~12:30

◆ スウェーデンハウス八王子展示場(16号バイパス沿いABC住宅公園内)

◆ 1,000円(親子1組参加料金)

2017.7 フレーム

お申込みは、 『リースの愉しみ』お問合せフォームより承っております。

Mail  messagewreath@gmail.com  

Phone   080-5079-1090

 

 

| コメント (0)

『リースの愉しみ』 アジサイをドライフラワーにして愉しむ方法

2017/6/16

堀 ヨリコ

こんにちは、『リースの愉しみ』 堀ヨリコです。

ジトジト、ジメジメ・・・うっとおしい梅雨の季節がやってまいりました。

梅雨を代表する花と言えば・・・  紫陽花(アジサイ)

(↓↓↓ は、ワタシの大好きなアジサイ「墨田の花火」。ちなみに、アジサイってどの部分が花なのかご存知ですか?この八重に開いているのはガクです。真ん中に青い小花が固まって開いてますよね?この小さいのが花です。

2017,6 sumidaのコピー

生花としてだけでなく、リースの花材としても大活躍してくれるアジサイ。

以前から度々、 「 どうしたらキレイにドライフラワーにできるの? 」とご質問を受けるので・・・

本日は、アジサイをキレイに乾燥させる方法を お伝えします。

と言っても、アドバイスはただひとつ。

収穫の時期のタイミングを外さない!  以上(笑)

うまく乾燥させていない方の話を伺うと、ほとんどの方が収穫が早すぎるようです。

がく片が開くと同時に、収穫してはダメなのです。水分が多すぎて、乾燥した頃にはチリチリのシワシワのドライアジサイの完成・・・。

昔ながらの日本アジサイより、最近よく見かけるアナベルやピラミッドなどの西洋アジサイのほうがドライには向いてますが、日本アジサイでも雰囲気のあるドライフラワーに仕上がります。

梅雨明けの晴れた日。(地域、環境によって多少の差はありますが)

これがベストなタイミングです。

2017,6 kasiwaba siro

我が家のカシワバアジサイを 例にしてみると・・・

この写真↑↑↑が今現在の状態。(みなさん、だいたいここで収穫しちゃってる~もう少しガマンガマン)

2017.7 kashiwaba green

↑↑↑こちらは去年、梅雨明けに収穫したアジサイ。色が白から緑に変わって、触ったときにちょっとカサカサに感じるころ。

梅雨明け後のよく晴れた日。これだけ守って、風通しの良いところに吊るしておけばキレイなドライフラワーに仕上がります。

2017,6 kasiwaba tyairo

ドライフラワーの愉しみは、時間とともに色の変化も楽しめるところです。

↑↑↑こちらも上の写真と同じカシワバアジサイ。3年ほどアトリエに吊り下げてると、こんなアンティークなオータムカラーに。

リビング読者のみなさま、今年の夏は是非、庭に咲いてるアジサイを上手に乾燥させて、

インテリアに・・・リースにと、愉しんでみてくださいね♪2017,6 wreath mini

次回は 7月18日(火)です。ちょうどアジサイ収穫にベストな頃です(笑)次回のブログでも忘れないように収穫の呼びかけをしますね♪

 

『リースの愉しみ』 堀 ヨリコ

| コメント (0)

『リースの愉しみ』  大切な時を刻む 花時計リース

2017/5/16

堀 ヨリコ

こんにちは。『リースの愉しみ』 堀 ヨリコです。

クリスマスの次に慌しい『母の日』が、無事に終わりました。

・・・しばし、脱力。 笑 ・・・

目の下のクマは、なかなか消えそうにありませんが、

今年もたくさんのお母さんに、笑顔の種を届けることができてよかった!

さーて、次は気合を入れて『父の日』!!

と言いたいところですが、父の日は母の日に比べるととっても影がうすいっ!

毎年、うっかり忘れられがちな父の日(泣)

(ちなみに、今年は6月18日(日)ですので・・・みなさま、くれぐれもお忘れのないように♪)

そのほかにも、6月の代表的な記念日と言えば・・・

◆6月10日◆   『時の記念日』 ご存知でしたか?

今から100年近くも前に制定された記念日のようですが、子どものころ6月10日が近づいてくると色画用紙で時計を作らされた記憶があります(幼稚園?小学校?)

きっと、子どもに時間を守ることの大切さを教える大切な授業だったんですね。

オトナになっても、時間を守れない人ってたくさんいますもんね~笑

ワタシ・・・結構ユルいタイプなのですが、時間には結構シビアでして・・・

でも、何故だかいつも外出前はバタバタ。忘れ物はひとつふたつ。各部屋に時計がないことも原因かもしれません。

そこで、本日は時間にシビアな人もルーズな人にもご紹介したいオトナ向けの『花時計』リース。

2017,5 hanadokei
アトリエでもウェディングや新居のギフトとして、人気なのですが・・・

今年は時の記念日に合わせて、作ってみるのも愉しいかもしれません。

2017.5tokei

このようなボックス型の時計が販売されています。(2,000円ほどで購入可能)
ひたすら時計の文字盤の周りをグルリと隙間なく、プリザーブドフラワーをぎっしり詰め込んで・・・。

お子さんも一緒に作業・・・愉しそうですね。

過ぎた日々も現在も・・・

そしてこれから迎える未来も、ぜーんぶ大切な時間。

この日ぐらいは、改めて『時間』について考えてみなくちゃ・・ですね♪♪

今月も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

 『リースの愉しみ』 堀 ヨリコ

花時計リースについてご質問などございましたら、お気軽にお問合せください。

*次回の投稿は、6月16日(金)です。

 

 

| コメント (0)

『リースの愉しみ』 5月14日(母の日)は、1年分の感謝をこめて。

2017/4/14

堀 ヨリコ

こんにちは、『リースの愉しみ』 堀 ヨリコです。

新年度がスタートして、早や2週間。

ゆっくりと、焦らすかのように咲き出したサクラも

先日ようやく見頃を迎え、あと数日は私たちの目を

を楽しませてくれそうです。

ご近所の公園をちょっと散策すれば・・・

サクラだけでなく、ユキヤナギ、レンギョウ、ミツバ

ツツジといった色とりどりの春を代表する花が咲き

乱れ、存分に春の訪れを感じることができます。

 

世間より少しだけ季節を先取りしているアトリエは

いつもの光景  カーネーション一色!

2017,4 flower

はい、来月の『母の日』用のカーネーションです。

生花ではなく、プリザーブド加工されたこちらの

カーネーションはカラーバリエーションも豊富で

アンティークカラーも充実。

おしゃれママに、是非おススメしたいカラーです。

 

『母の日』とは・・・

日頃の苦労をいたわり、母への感謝を伝える日。

日本やアメリカでは5月の第2日曜とされています

が、国によって違うんですね。

スペインでは5月第1日曜日、スウェーデンでは5月

の最後の日曜日だそうです。

記念日は若干違えど、お母さんに伝えたい想いは

各国共通。

母を想って(歩いて30秒のところに住んでいますが笑)

カーネーションリースをつくっています(笑

2017

バラとアジサイを合わせたら、ふんわりと優しいリースに。

 

2017,4 name poem flower

昨年の母の日はこんなオーダーも頂きました。

お母様 政子さんのお名前をポエムにして♪

お嬢様が、ナチュラルリースを制作。

世界にひとつだけのリースと名入りのフレームは、

セットにして飾って頂けるようにしてあります。

2017,4 flowertakamatu

モノであふれている時代だからこそ、

お嬢さんからのオンリーワンのハンドメイドは嬉しかった

そうです。

 

世界中のお母さんに感謝する日

『 Mother’s Day 』

感謝のコトバだけでも、きっと喜んでもらえる

はず。5月14日(日) ですよ♪♪ 

■4月、5月のレッスン詳細&お申込みは

こちらから。

■ギフトオーダーのご相談&お申込みは

こちらから。

『リースの愉しみ』 堀 ヨリコ

 

| コメント (0)

【リースの愉しみ】 リース男子 続々誕生!!

2017/3/14

堀 ヨリコ

こんにちは! 『リースの愉しみ』 堀 ヨリコです。

受験シーズンを終え、いよいよ卒業式のシーズンですね。

 そして本日 3月14日は ホワイトデー

本命のお返しに。 義理チョコ、友チョコのお返しに・・・。

感謝の心をこめて、3倍返し??のプレゼント(笑)

男性にとっては、少々迷惑かもしれないこのイベントも

女性にとっては、ちょっぴり愉しみな日でもありまして。

別に高価なモノがほしいわけでもないのです!

  そりゃ、3倍返しの方が嬉しいですが(笑)

女性が密かに期待しているものって・・・。

センスと想いが感じられるものじゃないでしょうか??2017 3 box wreath

↑↑↑のリースボックスは、一昨年からスタートし地味に高評価を博しております(笑)

『リース男子プロジェクト(仮称)』 の作品。

リース男子プロジェクトとは??

奥様に、彼女に、お友達に・・・バレンタインデーのお返しに

手づくりリースを作って贈ろう!!というホワイトデー企画でして、

当初はこの呼びかけに、参加をためらい、とてもとても恥ずかしがっていた男性陣。

集まった皆さん、かなり不安気でした

 

簡単な説明のあと30分ほど黙々と手を動かす動かす(笑

作業を終えた手元には

予想以上の(失礼!)素敵な作品が続々と仕上がってきて正直ビックリ!!

(お顔は出せませんので、手元のアップですが)

コチラは、いつも共に働いて支えてくれている奥様に日頃の感謝をこめて・・・。

Kさんが、生まれて初めてつくったリース。l

2017 3 mens wreath

2017 3 スマホ4

コチラは、ワークショップ数日後に結婚式を控えていて・・・

完成したリースを挙式当日に、誓いの言葉と共に彼女に手渡したそう

初の試みでしたが、奥さま、花嫁さまの喜びの声やご感想もたくさんいただき

大成功のリース男子プロジェクト。

まだ年に一度のホワイトデーイベントですが、

リース男子の輪がどんどん広がっていけるように、ガンバリマス!!

 

 

| コメント (0)

【リースの愉しみ】チョコとリースでスイートバレンタイン♪♪

2017/2/10

堀 ヨリコ

こんにちは、『リースの愉しみ』堀 ヨリコです。

昨日の八王子は冷えに冷えて、うっすら雪化粧。

大雪にならず心よりホッとしております。(西日本、日本海地域の方、タイヘンですね。こちらの地域へお出かけになる方もくれぐれもご用心くださいませ)

 

さてさて・・・この時期といえばコンビニ、スーパー、デパートなどなど

  世間は、バレンタイン一色

我が家も2年ぶりにやってきましたよ~!!

バレンタインの友チョコづくりのお手伝い(泣)

ナゼ?2年ぶりかと申しますと・・・

昨年は、娘が受験生だったから。

(さすがに、受験生ともなると友チョコ作りはお休みするようです笑)

はい、2年ぶりですので・・・

今年は、こき使われてます。(いえ、これからの週末がタイヘンなのです。

チョコまみれは必至)

2017 2 stValen chococake

クラスの友人、クラブの先輩、顧問の先生、バイト先でお世話になってる方へ・・・

あのーいったい何人に渡すつもりですかっ??

そこに加えて、今年は大本命のチョコも加わりました。

そこに関してはヘルプしませんので・・・笑

どうか自分で頑張ってください(母より・・・)

ラッピングの中身は、カレボー社のカカオ60%のダークチョコと中沢の生クリームで焼いた

濃厚贅沢ガトーショコラ。

1本食べれば充分な濃厚さ。

valentine choco 1

これは数年前の友チョコ画像ですが・・・

週末、こちらもつくる予定。

クリームチーズとホワイトチョコのトリュフ。

クリームチーズの塩気と控えめな甘さのホワイトチョコがブレンドされると

甘いもの苦手な方にも、喜ばれるチョコに仕上がります♪♪

簡単なので、是非作ってみてください。

ホワイトチョコとクリームチーズは1:3ぐらいの分量で。生クリームも入れると口どけ

よくミルキーに仕上がりますよ♪

 

最後に『リースの愉しみ』から、バレンタインのスイートリース

お届けします(笑)

2017 2 stValenpg

甘いものがニガテな方や、女性に贈るバレンタインギフトとして、ご依頼いただく

ことが増えてます♪ハート台にパステル系の花や木の実を散らして・・・。

春らしいですよね。ホワイトデーのお返しにも最適。

今日も外は寒いですが・・・この記事を書いてると、ハートはぽかぽか(笑

ささやかでも心のこもったギフト、嬉しいですね。

はい、年に一度の友チョコづくり頑張ります

来月の記事アップは3月14日(ホワイトデー)です。

| コメント (0)

【リースの愉しみ】 リースが繋ぐ 人と人の輪♪♪

2017/1/10

堀 ヨリコ

 

2017.1 aisatu

こんにちは、「リースの愉しみ」 堀 ヨリコです。

新年明けましての、初投稿デス。

松の内も過ぎ玄関ドアのお正月飾りは外しましたが、年の始めですので新年らしいリースでご挨拶申し上げます。

リビング多摩Webの読者のみなさま、2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016年は、たくさんリースを作りました(笑)

クリスマス、お正月用の季節モノだけでなく

ウェディング、ベビー誕生、新居用のギフトリース。

リースが持つ ハッピーキーワード『永遠』『幸福の象徴』は、メモリアルギフトにぴったり!

息子さんや娘さんの結婚式に合わせて、母が贈るリース

念願のマイホームを建てた友人に・・・

ベビー誕生に、ネームプレートを添えた パステルカラーのリース

そのどれもが、贈る側の温かい想いがこもっていて、作り手の私までもがとてもシアワセな気もちに・・・。(お礼のメッセージも大変励みになりました)

2017年も、多くの方に喜んで頂けるよう、リースと共に人と人の輪も繋いでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

■1月のイベント(ワークショップ)のご案内■

1月24日(火)10:15~ (スウェーデンハウス八王子展示場)

「リースフレームづくり」&「ルームスタイリストによるコーディネイト術」

2017 1 new yearframe

ミニフレームに、リースを飾って・・・。(イメージ写真です、デザインは変わります)

2017 1 new yearsh

仕上げたフレームリースや雑貨のコーディネイト術を、ルームスタイリストプロの小川かおるさんにアドバイスしてもらう予定デス。(憧れのスウェーデンハウスのオトナっぽいベッドルーム。)

2017 1 new yearmonococo

(インテリア雑誌から抜け出たような玄関、小川かおるさんのお宅をパチリ♪)

当日は、きっとオシャレなコーディネイトで、フレームリースを魅せてくれるハズです。

お申込み、お問い合わせは コチラより(定員になり次第締め切らせていただきます)

1月26日(木)10:00~ (自宅アトリエ)

リース初級コース

2月2日(木)、2月6日(月)、2月10日(金)10:30~(自宅アトリエ)

フレームリース、ボックスリース(詳細はお問合せください)

お申込み、お問い合わせは コチラより

次回は2月10日(金)の予定です。

| コメント (0)

フレッシュグリーン(常緑樹)でつくる、オトナのクリスマスリース

2016/12/2

堀 ヨリコ

みなさん、こんにちは。
リースの愉しみ 堀ヨリコです。

昨日から12月がスタートしました。
オトナも子どもも、何だか落ち着かない12月(笑)

リースの作り手にとっては、このシーズンが年に一度の繁忙期!!

堀家のアトリエは、かなり荒れ気味で(笑)

こもっては、もくもく作業に励む日々でございます。

 

日頃はリースを飾る習慣がない人にとっても、この季節だけは特別のようで・・・。

キラキラ華やかなものや、シンプルなもの・・・。
大小様々な個性豊かなリースたちが、ご近所の玄関ドアに飾られ始めました。

私も、毎年11月のクリスマスレッスンに合わせて、サンプルリースをつくるのですが、今年はフレッシュ素材をつかうため、少し遅めに準備しました。

早起きして花き市場で仕入れた、パールアカシア。
2016,12 sozai sugi

この花芽が可愛くて、リース全体の動きをだしてくれます。

2016,12 sozai

ベースとなるグリーンは、ヒムロスギ。

3種の瑞々しいフレッシュグリーンを仕入れ、リース作りスタート!

2016,12 wreath mini

こちらは、余った素材でチョコッと飾れるようにと、ミニリースを編んでみました。アカシアだけでなく、ユーカリでも同様に雰囲気のあるリースが作れます♪

2016,12 swag mini

こちらは、ブーケ状に束ねたミニスワッグ。

リースと同素材でつくった小物を、室内に飾るだけでクリスマスの雰囲気。

2016,12 wreath

モコモコグリーンのクリスマスリースが、我が家を訪れる人々をお迎えします。我が家には、こちらのメイン玄関とアトリエ専用の玄関があるのですが、実はまだアトリエ用は秋のリースのまま(汗)

今夜にでも、急いで作ります。

みなさんのお宅でも、ぜひ手づくりリースを始めてみませんか?

興味をお持ちの方は・・・是非、コチラへ↓↓↓

リースの愉しみ http://messagewreath.jp

 

 

 

| コメント (0)

今日から始める、 「ナチュラルクリスマス」

2016/11/1

堀 ヨリコ

はじめまして! 「リースの愉しみ」堀ヨリコです。

現在、八王子みなみ野の自宅アトリエで、インテリアリースのデザイン、制作をしています。

今月から「9人の技ありブロガーズ」の一員として、月に一度のペースでインテリアやリースに関するお役立ち情報をご紹介させて頂くことになりました。どうぞヨロシクお願いします♪

リース(WREATH)は、丸くつなぎ目のないそのカタチから「永遠」を意味し、欧米では古くから幸福の象徴として親しまれてきました。

2016,11 wreath1
今日は11月の始まり。

先週末のハロウィンの賑わいがまるでウソのように・・・
今日から街の様子は少しずつ、クリスマスモードに変化してゆきます。
街中を歩いているだけでワクワク華やいだ気もちにさせてくれるクリスマス。本格的なクリスマスリースの準備の風景は、また来月ご紹介するとして・・・笑

第1回目は、約2ヵ月後のクリスマスに向けて簡単にできるナチュラルなクリスマス小物。

「キャンドルリース」をご紹介します。

2016,11 candle wreath3

直径4~5センチほどの キャンドルがちょうどすっぽりジャストサイズ!!

小さなリース台に、グイの実やカラマツなどの小さな木の実と山ゴケをペタペタと貼り付けました。

あめ色に乾燥した自家製カシワバアジサイが、イイ感じでアクセントになってますネ。仕上げにピンクペッパーをちょこっとだけプラスしたら、ナチュラルカワイイ系になりました。

2016,11 candle wreath4

 

コチラは、先月からスタートした スウェーデンハウス八王子展示場でのキャンドルリースのミニワークショップ風景。

★これから、毎月第4火曜日の午前中(12月、3月を除く)に、女性サロンオーナーグループみなみ野ecruのメンバーが、ミニワークショップを開催します。  

★詳細&お申し込みは★コチラ

sh

参加された皆さんは、初心者の方ばかりでしたが、小さなリースなのであっという間に完成です。

★このキャンドルリースを飾るポイント★

ダイニングテーブルには、2つ、3つ並べたほうが映えます。リースの輪が小さいので、料理を並べたときに邪魔にならず、テーブルコーディネイトにおススメです。華やかにしたい場合は、センターに集めてボリューム感をだしましょう。

リースはドアや壁に飾るだけではないのです。まずはひとつ・・・小さなリースづくりから始めてみませんか?

来月は、いよいよクリスマス本番♪♪
本格的に飾るクリスマスリースをご紹介します。

「リースの愉しみ」では、自宅アトリエでも
初心者向けのクリスマスリースレッスンを開催します。
お気軽に、お申込みお問合せください。

★詳細&お申し込みは★コチラ「リースの愉しみ」

来月の投稿は、12月2日(金)の投稿です♪ 

| コメント (0)

  • 1
  1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ


会員登録・変更