1. 東京トップ
  2. 特集
  3. 心を豊かに満たしてくれる 池袋散歩

心を豊かに満たしてくれる 池袋散歩

  • 2016/12/01 UP!

都内有数の巨大繁華街「池袋」。ショッピングや食事以外にも楽しみは多彩。アートやエンターテインメント、文学などの側面から、興味深い散策スポットを紹介します

匠の名建築を見学

自由学園明日館

自由学園は1921年、羽仁吉一・もと子夫妻が創立した女学校。この建物は近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトとその高弟・遠藤新によって設計された国の重要文化財。学校が東久留米市に移転してからは広く一般公開され、会議、公開講座、結婚式などにも利用されています。

豊島区西池袋2-31-3 TEL 03-3971-7535 開館時間10:00~16:00毎月第3金曜のみ18:00~21:00の夜間見学あり 12/4(日)は10:00~17:00 入館は閉館30分前まで 月曜休館(祝日の場合は翌火曜)年末年始休館 ※施設貸出などで見学ができない日もあるので事前に問い合わせを 見学料 400円、喫茶付 600円、お酒付(夜間のみ)1000円JRほか「池袋」駅西口徒歩5分 http://www.jiyu.jp/

クリスマス礼拝

12/24(土)19:00から

クリスチャンでなくても参加できます

幾何学模様を施した窓から陽光が差し込むホール。喫茶付き見学ではここでドリンクと焼菓子が楽しめる

彩な文化を体感!

庁舎まるごとミュージアム(豊島区役所内)

美術館や博物館のように親しみやすく、魅力にあふれた庁舎へ。そんな思いを込めた、豊島区の「庁舎まるごとミュージアム」は、回廊状になった庁舎3~9階の壁面に設置された展示空間です。豊島区ゆかりの美術、工芸品、文化や歴史の紹介パネルなどを気軽に鑑賞できます。

豊島区南池袋2-45-1 TEL 03-3981-1111(代) 開庁時間8:30~17:15 土・日曜は9:00~17:00 祝日、年末年始閉庁 JRほか「池袋」駅東口徒歩10分、東京メトロ有楽町線「東池袋」駅直結 
https://www.city.toshima.lg.jp/

12月のおもな展示予定

◆3階<常設展>豊島区史跡マップ、トキワ荘のマンガ家たち、豊島区ゆかりの主な作家<企画展>「仲間たちのいる景色」池袋モンパルナス関連作家パネル及び解説
◆4階 豊島こども大学パネル展、保育園ワークショップ写真展、人権週間パネル展
◆5階<常設展>豊島区所蔵美術工芸品展示
◆6階 TOKYO交通安全キャンペーン
◆7階豊島区立小・中学校写真展、東京芸術祭紹介パネル展
◆8階 明るい選挙ポスター展
◆9階 写真で見る豊島区年表、史跡マップほか

2015年5月に誕生した豊島区の新庁舎
(写真提供豊島区)

左/展示の一例
右/3・4・5階に設置されたデジタルミュージアム「豊島区ナビ」では、豊島区所蔵の絵画などを高精細な画像で閲覧可能

され続ける笑いの殿堂

池袋演芸場

1951年に創業し、池袋西口の一角で、多くのファンに笑いを届けてきた歴史ある演芸場。新旧名人による落語のほか、漫才や手品などの演目も。エントランスやロビーからあふれる独特の風情にも心が弾みます。

豊島区西池袋1-23-1 TEL 03-3971-4545 料金 毎月1~20日一般2500円、21~31日昼の部一般2000円ほか ※特別興行の場合は変更あり 開演時間、休演日などの詳細は問い合わせを JRほか「池袋」駅西口徒歩3分 
http://www.ike-en.com/

全て椅子席。舞台と観客との距離が
近いのもファンにはたまらない魅力

に響く感動の星空

コニカミノルタプラネリウム“満天”

超高輝度LED光源を採用した新感覚のプラネタリウム。星の色や瞬きまでを再現した、リアルな星空を体験できます。オリジナルアロマと星空を楽しめる「ヒーリングプラネタリウム」も人気。

豊島区東池袋3-1-3、サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上 TEL 03-3989-3546 料金 一般シート大人(中学生以上)1500円から JRほか「池袋」駅東口徒歩20分、東京メトロ有楽町線「東池袋」駅6・7出口徒歩10分 
https://planetarium.konicaminolta.jp/manten/

通常のリクライニングシートのほか、寝転んで鑑賞できる「芝シート」「雲シート」を設置

重な蔵書も手に取れる

ミステリー文学資料館

世界でも珍しいというミステリーの専門図書館。作家、研究者、一般読者のために、ミステリーに関するさまざまな資料を収集、保存、公開しています。

豊島区池袋3-1-2、光文社ビル1階 TEL 03-3986-3024 開館時間9:30~16:30(入館は16:00まで)日・月曜、祝日、12/27(火)~1/5(木)休館 入館料 300円 JRほか「池袋」駅西口徒歩10分、東京メトロ有楽町線「要町」駅5番出口徒歩3分
http://www.mys-bun.or.jp/

「個性豊かな作家を偲んで島田一男、大藪春彦、山村美紗、没後20年展」

2017年2月18日(土)まで開催中

ほかの図書館ではなかなか手にすることのできない、戦前戦後の推理雑誌や図書を自由に閲覧できるのがうれしい

治を伝えるしゃれた洋館

雑司が谷旧宣教師館

1907年にアメリカ人宣教師のマッケーレブが建てた木造2階建ての私邸。洋風建築の随所に施された「カーペンター・ゴシック」のデザインが印象的です。庭園を彩る四季の草花を眺めつつ、ゆったりとした時間を。

豊島区雑司が谷1-25-5 TEL 03-3985-4081 開館時間9:00~16:30 月曜、第3日曜、祝日の翌日、年末年始休館。入館無料 東京メトロ有楽町線「東池袋」駅「護国寺」駅、副都心線「雑司が谷」駅各徒歩10分 
http://www.city.toshima.lg.jp/bunka/bunka/shiryokan/kyusenkyoshikan/

宣教師マッケーレブの活動、生活ぶりを紹介。東京都指定有形文化財

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. 特集
  3. 心を豊かに満たしてくれる 池袋散歩


暮らしのコラム

会員登録・変更