1. 東京トップ
  2. 特集
  3. 【募集】自由が丘「バリアフリー街歩き調査隊」に参加しませんか

【募集】自由が丘「バリアフリー街歩き調査隊」に参加しませんか

  • 2017/03/23 UP!

4月11日(火)開催
「バリアフリー街歩き調査隊in自由が丘」に参加しませんか

車いすや高齢者体験キットを使って商店街のバリアフリー情報を収集します

s-TO170318009

お年寄りや障害がある人の気持ちになって、バリアフリーを考えてみませんか。
サンケイリビング新聞社東京本部では、買い物客に人気の街・自由が丘でバリアフリーの調査を実施。車いすに乗ったり、高齢者体験キットを装着したりして、商店街で情報を収集する参加者を募集します。
街歩き調査の前には、誰もが快適に過ごせるためのユニバーサルデザインを提案する会社「ミライロ」の講師が、障害の基礎知識やユニバーサルマナーの必要性などを講義。街歩きで集めた情報は、バリアフリー情報を共有するアプリ「Bmaps(ビ-マップ)」に投稿され、多くの人に共有されます。
2020年の東京が、五輪やパラリンピックの観戦に訪れる人に優しい街になるにはどうしたらいいのか、考えるきっかけにしてみませんか。

バリアフリー街歩き調査隊 in 自由が丘
日時 4月11日(火)13:30 ~ 17:00(受け付けは13:15から)
集合・講座会場 あおぞら銀行フィナンシャルオアシス自由が丘・オアシスルーム
(世田谷区奥沢5-28-1)※地図はコチラ
スケジュール
13:30 ~ 14:30 講義 講師: 薄葉幸恵さん(日本ユニバーサルマナー協会講師)
・障害者の「障害」に関する定義と基礎知識
・なぜユニバーサルマナーが必要なのか
・ 車いす、高齢者体験キットの使い方 ほか
14:30 ~ 15:30 街歩き調査
16:00 ~ 17:00 バリアフリー情報のまとめ
参加費 1000円(講習費・保険代)
定員 30人。入金確認先着順
持ち物 雨天の場合はレインコート

s-TO170318010
ギプスやヘッドホン、ゴーグルを着けて高齢者の大変さを体験

s-TO170318011
アプリ「Bmaps」は、日本財団の委託を受けてミライロが開発

s-TO170325033
講師の薄葉幸恵さん

申し込みはコチラから

◆主催 サンケイリビング新聞社東京本部
◆共催 ミライロ
◆協力 自由が丘商店街振興組合

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. 特集
  3. 【募集】自由が丘「バリアフリー街歩き調査隊」に参加しませんか


会員登録・変更