1. 東京トップ
  2. 特集
  3. 年末年始はラクして美味しく! ここまで進化している「冷凍食品」最新活用術

年末年始はラクして美味しく! ここまで進化している「冷凍食品」最新活用術

  • 2017/12/07 UP!

手抜きじゃない!手間抜き
冷凍食品で料理上手に

年末年始が近づき、ますます忙しくなるこの時期。おいしく、料理がラクになる上に見た目もおしゃれな冷凍食品に注目!人をもてなす機会も増える今こそ冷凍食品を上手に活用、食生活を豊かに彩りましょう。

忙しいこの時期に大活躍!
フランス発冷凍食品で、食卓に
ワンランク上の彩りを添えて

フランスに本社を置く冷凍食品専門店「ピカール」。美食の国フランスの調査では、「フランス人が選ぶ好きな食べ物ブランド調査」で7年連続1位(※)を獲得しているそう。人気の理由は安心・安全をモットーに、オーブンで焼く、フライパンで炒めるといった簡単な調理をするだけで前菜からメイン、デザートまで完成するところ。しかもエスカルゴやクロワッサン、マカロンなどフランスの食卓の定番料理がズラリとラインアップ! 日本でも昨年11月、1号店がオープン、以来その数を徐々に増やしています。
クリスマスや年末年始のおもてなしは、見た目が華やかでありながら、焼くだけ!の「サーモンのパイ包み焼き」や「エスカルゴのブルゴーニュ風」など、本格フランス料理で“パーティー名人”になりませんか。

(※)※éditialis社とOC&C Strategy Consultants社による調査「L’Enseigne préférée des Français」

「ロブスター」

「サーモンのパイ包み焼き」(700g※約6人前/3219円)
サーモンとパイ生地を生から焼き上げる、香ばしい香りが食欲をそそります
「ロブスター」(430g /1707円)
ボイル済みのホールロブスターは、味付け次第で和風にも洋風にもアレンジできます

◆ピカール代官山店

渋谷区代官山町17-3
TEL 070-3351-5242
11:00~21:00
https://www.picard-frozen.jp/

「タイと千切り野菜の花冠仕立て シャブリワインのクリームソース」

「タイと千切り野菜の花冠仕立て シャブリワインのクリームソース」(450g※2個入り/ 2355円)
冠をかたどったタイの器に色とりどりの野菜をトッピングしたゴージャスな前菜

 

「エスカルゴのブルゴーニュ風」(12個入り/ 1059円)
おつまみやオードブルに出したら驚かれそう!

「マロンとバターナッツカボチャのツリー」

「マロンとバターナッツカボチャのツリー」(2個入り/ 735円)
「ジャガイモとサツマイモの3色クリスマスボール」(6個入り/ 843円)
愛らしい見た目のつけあわせは、オーブントースター(またはオーブン)で温めるだけでOK。クリスマスパーティーにぜひ

「チョコレートとバニラのトナカイアイス」

「チョコレートとバニラのトナカイアイス」
(110g※2個入り/ 951円)

バニラアイスをミルクチョコレートアイスでコーティング。別添えのミルクチョコレートの角をさせば、キュートなトナカイが登場!

冷凍食品の極意は“手間をかけず”に、
“おいしく、調理しやすく、食生活を豊かに”

「冷凍と聞くと、“手抜き”“味より保存”といったイメージを抱く人もいるのでは。でも、実は冷凍するからこそ、単に日持ちするだけでなく、“おいしく、調理しやすく、さらに食品によっては栄養価もアップする”ということをご存知ですか? 週末など時間に余裕があるときに旬の新鮮な食材を購入、冷凍しておくことで、忙しい日でも気軽に調理ができます。手抜きではなく、手間を省く冷凍食品を活用して、忙しい人でも、健康的でおいしく豊かな食生活を楽しめる。それこそが冷凍食品のメリットです」。

◆ベフロティ

世田谷区松原5-28-3、河合ビル1階
10:00~19:00(木・日曜定休)
http://vefroty.co.jp/

西川剛史さん

冷凍生活アドバイザー/
野菜ソムリエプロ
西川剛史さん

1983年生まれ。冷凍食品メーカー、冷凍食品販売会社で商品開発などを経験。2015年、冷凍食品と野菜の専門店「ベフロティ」をオープン。冷凍に関する幅広い知識を生かし、「冷凍王子」としてテレビ、雑誌、ラジオなどで活躍中

「三陸産熟成さば味噌煮」

「三陸産熟成さば味噌煮」
(70g×2袋入り/ 470円)

脂ののった三陸産のサバを新鮮なうちに、特製ダレで味つけ。ごはんのおかずに常備したい一品

「冷凍焼きねぎとろ~りコロッケ」

「冷凍焼きねぎとろ~りコロッケ」
(6個入り/ 540円)

遠州の大地で育った糖度12度の根深ネギとブタ肉で作ったコロッケはじんわりとした甘さが特徴

 今日から早速トライ! カンタン冷凍術 

1.鮮度の良い状態で冷凍

食材は買ってきたその日のうちに冷凍。余ったから冷凍、ではなく、あらかじめ計画的に

2.空気はできるだけ遮断する

食材にラップをしたり保存袋に入れるなどして、できるだけ空気に触れない工夫を

3.できるだけ速く冷やす

ゆっくり凍らせると食材の水分が大きな粒子となって細胞を破壊、味が落ちる原因に

4.カットサイズはそろえる

冷凍する食材をなるべく同じサイズにそろえることで、均一にムラなく冷凍されます

 こんな食材も冷凍OK ! 

タマゴ

生タマゴは、殻を割らないようラップで優しく包み、保存袋に入れて冷凍。食べる際は凍ったままのタマゴに水をかけると殻がむけやすくなります。解凍すると、固さがあるので新食感のタマゴ料理が楽しめます

トーフ

トーフは、冷凍することで高野豆腐や鶏肉のような食感に。木綿豆腐をしっかり水切りしてから板状に切り、保存袋に入れて冷凍。流水解凍をしてやさしく水気を切ってから調理を

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. 特集
  3. 年末年始はラクして美味しく! ここまで進化している「冷凍食品」最新活用術


会員登録・変更