1. 東京トップ
  2. ランチの神様 ハワイへ飛ぶ
  3. ランチの神様
  4. ◆ハワイのダウンタウンで味わうナポリピザ◆

◆ハワイのダウンタウンで味わうナポリピザ◆

2017/9/14

Aloha! 陽子です^^。

今年は10月に友人が続々とハワイに来るのですが、「飛行機が取れない!」そうです。かつて、10月のハワイは観光客が少なくて料金も下がっていたのですが、最近のハワイは1年を通して観光客が比較的多め。バケーションの分散化? なのでしょうか?!

365日、いつ訪れても真っ青な海、広い空、そよぐ風があるのがハワイの魅力。どの季節であれ、バケーションをめーいっぱい満喫してくださいね。

今回は、ハワイ上級者が通う街ダウンタウンのピッツエリアをご紹介します。

その昔に栄えていた港町、ダウンタウン。その雰囲気は、日本人の私から見ると赤レンガが横浜をイメージさせますが、ニューヨークから来た知人は「ブルックリンのよう」とも。

一時は治安があまり良くないイメージがありましたが、ここ数年はワンランク上のセンスあるレストランが次々と出店しています。(とはいえ夜に歩くのは控えましょう)

今回ご紹介するのは、ホテルストリートに昨年オープンしたピッツエリア『ブリック・ファイヤー・タバーン』。

bp-1

ニューヨーク生まれ、ハワイ育ちのオーナーは、ナポリピザに出会い、その美味しさに感動し、本場ナポリに修業に行って、ピザ職人となり、ハワイに戻ってこのお店をオープンさせたのだとか。

 

ハワイのお店の特徴の一つ。外からはまったく様子が伺えず、オープンしているのかどうかもわからずに不安になりますが、中はこんな感じ!

bp-3inside

ランチタイムの後、一旦店を閉め、夕方5時に再びオープン! 続々とローカルたちが「ハ〜イ!」と店に入ってきました。

彼らの舌を唸らせるのは、本場のピザと、ハワイならではの味をアイディア満載に表現した料理の数々。

前菜の一押しはコチラ!

生ハムメロン、

ではなく、

生ハムパイナップル($8.00)
(プロシュートパイナップル)

bp-10pine

マウイ産のジューシーで甘みの強いパイナップルに塩っ気のある生ハム、さらにミントを利かせた独創的なアペタイザー。すべての味わいが調和されて、感動の味わいでした。

 

ハムとチーズの盛り合わせ($15)

bp-9

イタリアから直輸入したチーズ、サラミ、ハム、オリーブ。素材のクオリティーの高さを実感。すでにワインが止まらない予感…。

 

イタリアから取り寄せたという巨大なピザ窯

bp-5kama

こだわりの生地を完璧にするために、店内に生地用の部屋を作り、温度と湿度設定を徹底。毎日生地を手作りしているんだそう。そんな生地を焼くのにはこのピザ窯が必要で、500度という高温で90秒で一気に焼き上げるのがおいしさのポイント。

 

マンマミーヤ($17)

bp-5

イタリアのトマト、サラミなどシンプルな具材だからこそ、ごまかしがきかない一品。モッツアレラチーズは「新鮮さが命」だから自家製。「毎日作っているからどこよりもフレッシュなんだ!」と教えてくれました。

 

こだわりの生地は、耳の部分は膨れ上がり、軽くてクリスピー! 真ん中は薄くてもっちり。具と生地が馴染んで、なんとも言えない味わいに。あぁこれがナポリピザの魅力よね、と納得しながらいただきました。

 

カルボナーラピザ($18)

bp-6

季節限定メニュー。くどくなく、程よくクリーミーでした! ハワイらしいトッピングのピザもあり、季節によって何種類ものピザが登場するのは楽しいですよね。

 

煉瓦造りの店内から外を眺められる、
窓際の人気の席

bp-3

ナポリピザに夢中になり、楽しそうにこだわり続けるピザ職人であるオーナーの人柄が、おしゃれで明るい店の雰囲気を作っていて、本当にステキなお店でした。

bp-2

味、居心地の良さ、ロケーション、カジュアルで温かいサービス…どれをとっても、私にとってはハワイのピッツエリアではナンバーワン♪
bp-11

ダウンタウンの街は、こじゃれたレストランが多く、わざわざ行く価値あり! ですよ〜。

 

『ブリックファイヤーターバン』

住所 16 N Hotel St, Honolulu
TEL  808-369-2444
営業時間 11:00am〜2:00pm、5:00pm〜10:00pm
定休日 日曜
http://www.brickfiretavern.com

 



人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. ランチの神様 ハワイへ飛ぶ
  3. ランチの神様
  4. ◆ハワイのダウンタウンで味わうナポリピザ◆


会員登録・変更