1. 東京トップ
  2. スタッフの東京コレクション
  3. ひそひそ話
ひそひそ話

安藤忠雄さん、大いに語る!「安藤忠雄展-挑戦-」記者発表会

2017/4/20

ケセラセラ

1941年、大阪生まれ。既成概念を打ち破る大胆な発想による「光の教会」や「地中美術館」、「ピューリッツァー美術館」など、国内外で広く活躍している独学の建築家・安藤忠雄さん。

faceP1110601

10周年を迎える国立新美術館では、9/27(水)~12/18(月)、「安藤忠雄展-挑戦-」を開催。安藤建築の原点である住宅の代表作品を一挙公開するほか、直島プロジェクトの模型や代表作「光の教会」の原寸大展示(野外展示場)など、作品はもちろん、彼の想いや生きざままで伝わる過去最大級のダイナミックな展覧会となります。

9月からの催しに先立ち、安藤忠雄さん自身による特別レクチャーが4/12(水)に行われたので、さっそく参加しました。

P1110602

まず驚いたのが、その話し上手ぶり。キーワードやこれまでに見聞きしてきたこと、作品などをテーマごとにスライドにまとめ、ジョークも交えつつテンポよく話します。

アッという間に“安藤ワールド”へ引き込まれ、約20分と短かったにも関わらず、「なるほど」「そうだったのか!」と濃密なひとときを過ごしました。中でも印象的だった「なるほど」を、いくつかシェアすると…。


“絶望”→“挑戦”へ

もともと専門教育を受けていないという絶望からスタート。そこで勉強しなければと、さまざまな美術を見たり世界中を旅して学ぶうちに“人は知らないものだらけである。だからこそ、命ある限り生きて挑戦を続ける”と決めました。人生とは“絶望”から“挑戦”です。

“建築”は“体験”である
生活文化は自分が体験したことを大切にしなければなりません。「住吉の長屋」を建築した際、昔の家には中庭があったように長屋にも屋根のない空間を設けました。おかげで家の中に雨が吹き込み、冷暖房も電気もない、エネルギーゼロの家ができました。風流でしたが、家主からは評判が悪かった(笑)。今になって売ってほしくても、なかなか家主が手放してくれません(笑)。

P1110582

美術は体験を通じて感動するもの。だから「直島プロジェクト」では、“人が来て感動するもの”を作ろうと考えました。そこで直島に植林し緑を増やすなどの地道な持続力や、体験アートといった発想力も含めて“ここにしかない美術館”が完成しました。

今回の展覧会で展示する模型はすべて写真を撮っていいし、触ってもらいたい。模型が壊れたら修理すればいい。「建築は体験をしてこそ」だからね。

“新しさ”だけでなく、“古いもの”も大切に
建築は、新しいものを作るだけでなく、古いものを大切にする心も大切です。たとえば、上野にある「国際子ども図書館」では、旧建物をなるべく活かし、外側に新たな建物を作ることで“古いものを新たにパッケージ”しました。ベネチアやパリの建築でも同様の考え方を採用してしています。
原寸大「光の教会」を再現
建築は体験が重要、と言いましたが、「光の教会」は宗教施設であり観光客向きではありません。そこで今回の展覧会では、普段あまりみられないものを見てもらいたい。手触りも重さも、同じ素材を用いる等身大の「光の教会」を作ることは不安もありますが、長年付き合いのある青木保国立新美術館長となら、実現できると思っています。

P1110593

東北に、子どものための図書館を作りたい
建築とは“過去・現在・未来”を考えることであり、さらに“公共性”も欠かせません。
色んな募金活動をしている中で、東北に子どものための図書館を作りたい。東北の民家に図書館を作り、本を寄付で集めたい。一見、建築とは異なるように感じるかもしれませんが、“未来に必要なものは公共性”だと思います。

P1110567 P1110569

安藤忠雄展-挑戦-
9/27(水)〜12/18(月)
国立新美術館(企画展示室1E/野外展示場)
港区六本木7-22−2
03-5777-8600
10:00〜18:00 ※金・土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで。火曜休館
一般当日券1500円(大学生1200円、高校生800円)
http://www.nact.jp/

ひそひそ話 | コメント (0)

ひそひそ話

取材こぼれ話 「シニアの食事情」

2015/10/29

駒子

10/31号「東京リビング」では「アクティブシニアの食事情」を特集。
読者の皆さんや流通の担当者など、いろいろな方にお話を聞きました。
紙面に載せきれなかった情報を、こちらで紹介します。
 
まずは主婦の味方、スーパーへ。
江戸川区・イオン葛西店は、特にシニア向けサービスを充実させている店舗。
各フロアには買い物のアテンドができる専属のコンシェルジュがいて、「●●を探してるんだけど」「使いやすい商品を教えてほしい」などの相談にのってくれます。
通路は全体的に広々として歩きやすく、商品の陳列棚もがゆったり見やすく、手に取りやすい印象でした。

感動したのがこちらのカート。
京色151031003
「アルミ製で軽いんです」と聞いてはいたものの、本当に重さを感じない! 指1本で動く!
火曜市や、毎月15日のG.G 感謝デーのまとめ買いに大活躍しそう。

4階フロア全体を占める「G.Gモール」には、趣味にまつわるショップが軒をつらね、
楽器店には、じっくり楽器を選べる試奏ルームが!
手芸店では教室も随時開催、作った作品の展示も。
スタジオと教室を併設した「イオンカルチャークラブ」では、ヨガやフラ、カメラにアート、料理教室まで多種多彩な講座が用意されています。
ステージではトークショーなどのイベントが開催されるほか、地域の皆さんの発表会にも利用されているのだとか。
サイフォンで抽出した本格珈琲が飲めるカフェもあり、誰もが楽しい時間を過ごせそうでした。
IMG_5962
 
次に話を伺ったのは、コンビニの雄「セブン-イレブン」の広報さん。
今回、読者の皆さんに協力いただいたアンケートで「よく利用するスーパー・コンビニ」を尋ねたところ、数ある他のスーパーを押さえ、僅差で第2位だったのが「セブン-イレブン」でした。

大好評の「セブンプレミアム」「セブンゴールド」の総菜は、
お話を伺うと、作り手のこだわりのレベルが想像をはるかに超えていました。
特に、毎日食べる基本的な商品ほど美味しさにこだわっているそう。
専門店レベルの味にこだわった「セブンゴールド」シリーズは、
一度食べるとリピーターになる人が多いといいます。
パン好きの私が気になったのは「金の食パン」で、
生地にはマーガリンを使わずバターを使用。粉はもちろん国産! 
新しく「もっちり」食感が加わるそうですよ。
これならパン屋さんで買うパンドミに負けないかも。

読者の方からは「コロッケがすごく美味しい!」という声も。
ジャガイモの食感を残したコロッケは、食べごたえが違います。
実際、カット野菜+コロッケの組み合わせで購入する人も多いようです。
さらにこのコロッケ、予めお願いしておくと揚げたてを用意してもらえることも!
揚げたてサクサクを食卓に出せたら、家族もニッコリですよね。
全店で対応という訳ではないようですが、店員さんに声をかけてみてください。

ほかにも、地域によって味付けや食材を変えていること
地域の文化まで研究し、それを商品に落とし込んでいることなど興味深いお話を伺うことができました。
本当におもしろかったので、いつかまたご紹介できたら…。

ちょっぴりのつもりが、だいぶ長くなってしまいましたが、
いつも行っているスーパーやコンビニが、
ものすご~くありがたい場所に思えました。いや、実際助かってます。

ひそひそ話 | コメント (0)

ひそひそ話東京名物注目スポット

ま~つりだ!祭りだ!祭りだ!

2014/10/14

オイッス!

IMG_923810日13日。

この出店、ウキウキしましよねー

さて、これは?

自分はこのブログを書くために調べて、初めて知りました・・・。

10月13日・・・日蓮聖人が亡くなられた日であり、日蓮聖人が御入滅された霊跡である池上本門寺のお会式がもっとも盛大にやるとのこと。

なるほど!

だから、毎年、盛大にかつ人がわんさか集まるのですね。

IMG_2430

地元なのに、数十年知らずにいました。

ま、子供は知らずに「祭り」ってのを楽しむもんですもんね!

えぇえぇ。

で、この祭りは「お会式」というものなのですが、毎年11日から始まり13日に盛大に終わるのです。

日にちが決まっている為に、平日に開催することも多いのですが・・・今年は違う!

3連休!!!

そりゃ~も~人、人、人!

右も左も前も後も!

IMG_2438 

とりあえず、誘惑の出店を横目に境内にお参りを。

したらば、心置きなく出店でお酒を飲みつつ食べつつをして。

118時過ぎ!

ついに始まりました~

お会式のメインの「万灯練り行列」です。

総勢3千人もの人が練り歩くものなんです。

2

3千人って、多すぎてよく分かりません!

とにかく、火消の纏(まとい)が元気よく踊ってます。

そして、太鼓や笛やチンチンと鳴るものや声で賑やかです。

3

ほとんどが、火消→太鼓など→万灯の順で1団体です。

4

これが、数百団体あり、深夜まで続きます。

道のりは約2キロと言われております。

自分たちは参道で見ていたのですが、この行列は参道を通って本門寺に入っていくのです。

この長い長い階段を上っていくのです。

IMG_2440

とても大変そう。

こちらも想像つきません。というか、自分は普通に上がっているだけで息切れで大変でした。

それを、自分のペースではなくかつそれぞれの役割を担いつつってのは、すごいパワーが必要でしょう。

祭りパワーです。

長時間のものなので最初から最後まで見ている人がいるかは謎ですが、少しでもこういうのに触れるのもいいかと思うわけです。

どーでしょ?

夏祭りもいいですが、涼しくなった頃の盛大な祭り。

味わい深いものです。

秋の夜長、お酒を飲みつつ祭りは最高!

是非、来年!

 

ひそひそ話 東京名物 注目スポット | コメント (0)

ひそひそ話

「ふなぐちと牡蠣を味わう会」で素敵な人と出会いました

2014/2/14

nao

「ふなぐちと牡蠣を味わう会」で素敵な人と出会いました

こんにちは、編集長naoです。
去る1月31日(金)、八海山東京営業所セミナールームで行われた
イベントに参加してきました。

もろみを絞る「槽(ふね)」から搾ったばかりの「ふなぐち」と
呼ばれる荒々しい搾りたての日本酒と
宮城県石巻市孤崎漁港から直送避けた、今が旬である「牡蠣」の
マリアージュと聞いたら、参加しないわけには行きません。

ふなぐち2種類と発泡酒などのラインナップ。
八海山ブランドのビールもいただきました。

lineup1

梅酒の種類も豊富で、甘くないものや、梅の果肉を溶かしたものも。

 

梅酒で作ったモヒート。爽やかで美味しい!

mohiito
そして、つややかな牡蠣!

kakihako
当日は、牡蠣生産者である孤崎漁港の古内新一さんと
共に活動する渡部哲也さんもいらっしゃいました。
古内さんたちは震災後、漁具などを全て失いながら、仲間と毎日のように議論を重ね、
「浜の将来」「後継者の育成」のため、新たに漁師中心の会社を設立しました。
それが「狐崎水産6次化販売」という会社です。

生産(第1次産業)・加工(第2次産業)・販売や観光化など(第3次産業)を
一貫して行なうことで生産者の雇用創出や所得向上を目指すのが「6次産業化」。
渡部さんがこれまで農業で培ってきた6次産業化の手法を、狐崎浜の支援に
生かすことになったのだそうです。

狐崎の牡蠣は、静かな湾内で育てるのではなく、外海の荒波に揉ませながら育てるとか。
大粒ながら、身が締まり、甘味と風味を持ち合わせた、
まさに「海のミルク」にふさわしい牡蠣となります。

その牡蠣を八海山の酒で蒸し焼きに!

saketokaki

見てください、このつややかな牡蠣!口の中でトロリととろけます。
海を感じる塩味も新鮮。

kaki
この日は八海山が経営する「1000年こうじや」http://www.sennen-koujiya.jp/
から、うおぬまのおいしい家庭料理も提供されました。

ぜんまいの煮物

zenmai

大根のお漬物

daikon

野菜の煮付け

nimono
美味しいお酒と美味しい料理、そして絶品の牡蠣をいただきながら、
素朴な古内さんのお話、渡部さんの興味深い説明を聞き、
満足度◎の夜でした。

八海山東京営業所ではマスコミ向けに、年4回ほどこのようなセミナーを
行っています。次回がとても楽しみです。

ひそひそ話 | コメント (0)

ひそひそ話ランチ&グルメ本日の激写東京名物注目スポット

血となれ、肉となれ、

2014/2/7

オイッス!

オイッス!

元気ですかー!?

寒い寒い冬。

如何お過ごしでしょ?

自分は、モリモリ食べ盛り!

ストイックに太っております。

そんな?元気な自分でありますが、実は実はかなりの低血圧。

上が85、下が25・・・

意外とこの世の中、男女共に低血圧の人が多いとか。

そんな人も、そーじゃない人にも朗報!!!

レバー専門店が去年、オープンしたのです!

その名も

『Bb(ボディーブロー)』

名前からして体に響きそうな。。。

場所は吉祥寺。

オシャレタウン吉祥寺、駅から徒歩3分ほど

レバー好きには、もーヨダレタラタラになるであろう写真をまずはバババーンとご紹介!

 IMG_1738

こちら、口どけ三種(レバーの三種盛→鳥・豚・牛)。

この三種、本当に味が違うのです!

どれも、口にしたらとろ~っととろける、メニュー名そのままなのです。

 IMG_1849

そしてそして、こちらは、レバーのマスタードソース焼き。

レバーも大きく、マスタードソースと付け合せの野菜と一緒に食べるのが、これまた美味!

 IMG_1742

最後に紹介は、お店の方もオススメの逸品「レバーかりんとう」

メニュー名は曖昧です・・・スミマセン。

甘く揚げたレバー。

自分は食事が甘いのが苦手で、カレーにレーズンや酢豚にパイナップルがNGなゆえ、あまり期待していなかったのですが。

いやーこちらは癖になる!

美味過ぎです。

他にも肝という肝は色々揃ってあり、魚などの肝も勿論ありました!

肝の創作料理を出すお店。

低血圧な貴方!

レバー好きな貴方!

とにかく元気になりたい貴方!

話題作りに貪欲な貴方!

そんな皆様にオススメします。

 

◎詳細◎

IMG_1735

Bb(ボディーブロー)

http://meroom.com/bb.html

東京都武蔵野市吉祥寺南町2-8-7 ガイビル1F

0422-24-9100

ひそひそ話 ランチ&グルメ 本日の激写 東京名物 注目スポット | コメント (0)

ひそひそ話注目スポット

近い!優しい!みんな大好き!

2013/12/27

オイッス!

オイッス!

お初にお目に掛かります。

ダラリダラリマイペースに菓子を片手に過ごすのが日課。

どーもでーす。

さて、本来ならばこのブログの小見出し?にあるように、東京のディープさを出さねばならぬであろうが。

本日は、ちょっぴりだけ遠出をば。

そう、誰もがきっと憧れて欲しい!と声に出したはず。

IMG_0241

タタタタッタターン♪どこでもどぁ~

が、ある・・・「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」をご紹介!

いやー藤子さんと言えば・・・「ドラえもん」は代表作。

そして「キテレツ大百科」もきっとご存知。

IMG_1398

そしてそして、こちらは・・・きっと若い子にはもう分からぬではないだろうか「オバQ」。

 ちょっと疲れたら、カフェにて休憩。

ミュージアム内のカフェでの飲み物などにもドラえもん!

IMG_7272

芸が細かいっす!

見えますか?ドラえもん。そして、「F」の文字。

そして、こちらも年代によっては知っているであろう、皆の「パーマン」。

IMG_1667

さ、パーマンのブービーがどこに居るかお分かりになりますか?

いやー懐かしいキャラクターがわんさか!

ミュージアム自体はそう広くコジンマリな感じがあるものの、内容は盛り沢山。

 藤子・F・不二雄さまの作品や生涯を知ることができて、新たな発見と藤子さまの素敵な人柄ぶりが分かります。

小難しいことは一切なく、「おはなしデンワ」を片手に説明を聞きつつ巡るのです。

大人は大人用。子供は子供用。その他、英語・中国語・韓国語もあるそうです。

あぁ~さすがですねー藤子ミュージアムだけあって、みんなに優しい!

自分が行った時に車椅子の方もいらっしゃったので、きっと車椅子の方でも問題ないのであろうと思われます。

素敵!優しい!最高!

そして、帰りはミュージアム専用バスにて最寄の登戸駅まで、パーマンバス。

車内はパーマンの「P」マーク柄のシートに、「降ります!」ボタンはパーマン。

IMG_3109

あ、行きはオバQバスでした。

どうやら、色んなバスがあるらしい。

新宿から小田急線で「登戸駅」まで約20分たらず。

そこから、ミュージアム直のバスで5分ほど。

そこには、大人は童心に、子供は夢中になれる素敵な世界があります!

ちなみに、自分が好きな「笑ゥせぇるすまん」は藤子・F・不二雄さまじゃないとこを知りました。

絵のタッチが似てるからと思ったのですが、藤子不二雄Ⓐさまであり同一人物ではありませんでしたー。

なるほどー。

ひそひそ話 注目スポット | コメント (0)

ひそひそ話

はじめまして バニラです!

2013/12/26

バニラワンちゃん

こんにちは!

わたくし、バニラ 13歳になりましたー。

ママがブログに悪戦苦闘みたいで、、、。汗、汗、汗、。

なーんとかアップ出来るのかな????

かわゆく頼むぞー。ママ!

 

 

今年も後4日ですね。。。

ついこの前まで、ママさん半袖でもあっつつつつって

言ってたよーな。

私ときたら、ママもパパもお仕事なので

お留守を守るぞ!なーんて、、、。

でも、、、こーんな事して、のんびりさね。

初心者なのでこのくらいにだって、、、。

えーもーおしまいなの?????

ママったら、パシャパシャ

写メしてたのに、、、。

マッ!次回のお楽しみって事で、、、。

次回はもう少し可愛いお写真たのむよーん。

 

皆様、ちょっと早いけど、、、

良いお年を!!!!!

バニラでした、、、、。

eeeeeeee

ひそひそ話 | コメント (0)

ひそひそ話

冷え性スマホユーザー必携!     今が買いどきの“アレ”を求めて

2013/12/24

むぅ

メリークリスマス

みなさま、はじめまして

10月から東京本部に仲間入りした「むぅ」と申します

 

よく笑い、よく食べ、よく寝る 健康優良児なワタクシですが、

この時期になると、毎年ユウウツなことが

 

それは…

 

 

女性の憎き敵、 “冷え”

 

手足が氷のように つめたーく なってしまい、

ときには家の中でも感覚がなくなってしまうほど

 

そんな私が、今年、どーしても欲しかったモノ

凍える手先を ほんわか包んでくれる頼れるアイツ、

そう、 「スマホ手袋」 です

 

営業という職業柄、外出先でのスマホチェックが欠かせないのですが、

いちいち手袋を外さなくてはならないのが、どうにもおっくうで

 

そんな煩わしさを解決してくれ、

防寒具としての役割まで果たしてくれちゃう、

夢のような存在のアイツ

 

昨シーズンは「買おう買おう」と思っているうちに春になってしまい、

「今年こそは!」と意気込んで、本格的に寒くなる前から

ネットやお店をチェックしていたのですが…

 

悲しいかな、なかなか気に入るものがない

シンプルあったかくてリーズナブル(←ここ重要)、

この3条件を満たすスマホ手袋には出会えず、半ばあきらめムードに

 

ところが、ふらりと立ち寄った 「有楽町マルイ」 さんで、

出会ってしまったんです、運命のコに

 

戦利品はのちほどお見せするとして、

売り場でまず、驚いたこと。

 

「スマホ手袋」コーナー自体が大き–

何十種類もずらりと並んでいて、目移りしてしまうほど

marui

 

昨年に比べて、種類が何倍にも増えたような気がします

(写真は売り場の一部)

 

有楽町という土地柄もあるのか、オトナ女子に似合いそうな、

シックなデザインや 革製のタイプもたくさん揃っていました

 

こんなにラインナップが豊富な売り場は、個人的には初めてで、

1人でニヤニヤ

やっぱり「迷う楽しみ」って、たまりませんよね

 

さて、購入したスマホ手袋はこちら

grove

レザー×ニット素材?のシンプルなブラックなものです

ちょこん!とついたレザーのリボンもツボ。

スマホの反応もよく、サクサク快適~

このコのおかげで、北風吹きすさぶホームでの電車待ちも快適になりました

 

今日はクリスマスイヴ

大切な方へのクリスマスプレゼントに

「スマホ手袋」はいかがでしょう

ひそひそ話 | コメント (0)

ひそひそ話

さすが! 百貨店サマ!!

2013/12/11

そらまめカエル

はじめまして!  編集担当の「そらまめカエル」です。

毎日、気が遠くなるような階段を駆け上り、 通勤していますっ!

kaidan     小田急線新宿駅。頂上は遠すぎて、もはや良く見えない…

 

さて話は変わって、先日、わが娘のランドセルが壊れてしまいました。

娘のランドセルは、百貨店のオリジナルブランドで、背当てのところに刻印が入っている、ちょっとシブいもの。rogo

「??」 「ランドセルの修理って?」

よくわからないので、とりあえず百貨店のホームページから問い合わせることに。(翌日電話で…となると、掛け忘れる自信100%だったので)

 

すると! 翌日、午前10時30分ごろに携帯がブルルルっー

そう!! 昨日の夜中に問い合わせた百貨店からです。

…はやっ。

さすがは大手百貨店サマっ!

 「店舗に持ってくれば、その場で代替えのランドセルをお貸しします」

しかし…、ランドセルを持って通勤電車に乗る…というのは難しいし、

あの階段を上るのはキツイ旨を伝えると

 「それでは明日、宅配で届けるので、

 そのときに修理のランドセルを預けてください」

それで届いたのがこの赤いランドセル

zenkei

娘のは水色なので、違う色が持てて、何だかちょっぴり得した気分。

それにしても、丁寧で迅速な対応にはビックリ。

さすが~!!な出来事でした。

 

ひそひそ話 | コメント (0)

  • 1
  1. 東京トップ
  2. スタッフの東京コレクション
  3. ひそひそ話


暮らしのコラム

会員登録・変更