1. 東京トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. “ちょい飲み”女子に人気上昇中! 駅ナカ店「ぬる燗 佐藤」で一杯いかが?

“ちょい飲み”女子に人気上昇中! 駅ナカ店「ぬる燗 佐藤」で一杯いかが?

  • 2016/11/28 UP!

sake

少量のお酒をクイックに楽しむ。いわゆる”ちょい飲み”が女性たちに受けています。その人気店が、品川駅構内のエキュートに店を出す「ぬる燗 佐藤」です。電車の乗り換え時間を利用して一杯飲むという、彼女たちの実態に迫ります。

現代のちょい飲み文化は女性が主流!?

「仕事帰りに駅で一杯」といえば、昔は疲れたお父さんの姿でした。ところが、時代はかわり、「駅飲み」がおしゃれになっています。品川駅構内のショッピングモール、エキュート品川に出店する「ぬる燗 佐藤」の統括マネージャー、金子陽樹さんによると、アフターファイブに立ち寄る女性客がとても多いのだそうです。「特に90ml、500円で提供している”ちょい飲み”は、女性に好評ですね。少しずつ、いろいろな銘柄を試したいという女性心理をくすぐるようです」と、金子さんは分析しています。

日本酒に関しての、きめの細かいサービスも特徴です。一合の注文には、お酒の温度を選ぶことができます。「0度に近い雪冷えから、55度の飛びきり燗まで、料理や好みに合わせて11段階のご注文に応じています」と、金子さん。さらに、春の「立春しぼり」、秋の「ひやおろし」、冬の「初しぼり」など、季節ごとの味わいも大切にしています。日本酒文化を広めたいという意気込みがひしひしと伝わります。

ランチタイムには、昼飲みがおすすめ

食事メニューの一番人気は、御殿山天丼(1200円)。ふたが閉まらないほど天ぷらが大きいと評判の一品です。そのほか、丼物とざるそばがセットになった御膳ものも、ランチタイムの定番です。

お昼にもちょっと飲みたい、という人のためには、「昼飲み」おすすめメニューがあります。いぶりがっこ香味チーズ(540円)、枝豆の東煮(432円)、旬野菜と山ゆりポークのせいろ蒸し(972円)など、クイックな一杯にちょうどいいおつまみがそろっています。

宿場町・品川を再現したインテリアが心地いい

お店作りは、宿場町だったころの品川をイメージしているといいます。入り口付近に入りやすい立ち飲みスペースを用意し、長いカウンターが伸びる奥は照明を少し暗くしたテーブル席。じっくり飲みたい方を自然と奥へと誘う、気の利いた演出です。

最後に金子さんにおすすめの銘柄を聞きました。「長崎の六十餘洲です。フルーティな香りが特徴で、初めて日本酒を飲むという女性にいつもおすすめしています」お店のスタッフは、みんな日本酒に精通しています。「ぬる燗 佐藤」で日本酒デビューしてみませんか。価格は税込み。

tenndon
ランチの一番人気、御殿山天丼
iburi
いぶりがっこ香味チーズは軽く飲むときに最適のおつまみ
desert
もちろん、甘味も用意しています。クリーム白玉ぜんざい
dsc_0016
お店の入り口には、どーんと200本の一升瓶
dsc_0014
手前に立ち飲み、奥はテーブルとメンバーに応じて席を選べます
dsc_0004
エキナカにふさわしい店づくりを心がけています、と金子さん

Information

ぬる燗佐藤 御殿山茶寮

港区高輪3-26-27 エキュート品川2階

JR「品川」駅構内

TEL:03-3445-8848

営業時間:11:00~23:00(LO22:00) 日曜、祝日は21:00(LO20:00)まで

定休日:なし

WEBサイト:http://www.tokyo-rf.com/restaurants/m15/index.html

文/グラディート編集部

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. “ちょい飲み”女子に人気上昇中! 駅ナカ店「ぬる燗 佐藤」で一杯いかが?


会員登録・変更