1. 東京トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 72%の甘い誘惑 ピエール・マルコリーニの元シェフが作る極上チョコレート

72%の甘い誘惑 ピエール・マルコリーニの元シェフが作る極上チョコレート

  • 2017/01/30 UP!

lescacao_1

バレンタインの甘い季節がやってきました。今年はどんなチョコを選びますか? 五反田にある「LES CACAOS」は、チョコレートの始まりであるカカオをテーマにしたショップ。奥深いチョコレートの世界をのぞいてみませんか。

テーマはカカオ。シェフのこだわりが光るチョコレート

Bean to bar(ビーントゥバー)という言葉はご存知ですよね。カカオ豆の選別、焙煎からチョコレートを作るまですべてをショップの中の工房で行なうことを言うそうです。ピエール・マルコリーニでシェフ・パティシエを務めていた黒木琢磨さんは、このBean to barにこだわった「LES CACAOS(レ・カカオ)」を2016年11月にオープンしました。シェフ自らがすべての工程に関わることで、ここにしかない、世界でただ一つのチョコレートが生まれます。

ボンボンショコラの種類は20種類、豊かなフレーバーにうっとり

産地の異なるカカオ豆別で作られ、他のスイーツのベースにもなっている板チョコのパッケージには72%という数字が表記されています。これはカカオの含有量を表わしていて、カカオ豆本来の風味を味わいつつ、スイーツとしても楽しめるという、シェフこだわりの数字です。食べ比べてみると、産地ごとの豊かな個性に驚かされます。

ショーケースに並んだボンボンショコラは20種類。バニラの香り豊かでクリーミーな甘さがロマンチックな「フォンダン バニーユ」、フレッシュバジルの香りとフルーティなレモンが爽やかな「シトロン バジリック」、バニラより濃厚な香りが大人っぽい「トンカ」。うーん、どれにしよう? 悩むのもチョコ好きなら幸せなひととき。いずれも個性の強くないガーナ産のカカオを使っているので、豊かなフレーバーを楽しめます。

手土産にもぴったり! ショップオリジナルのチョコを使ったケーキ

オリジナルのチョコを使ったケーキや焼き菓子もおすすめ! もともと、フランス菓子の修業をしていたシェフなので、間違いなしのおいしさです。「最後のひと口まで満足感のあるケーキ」を理想とするケーキは、チョコムースの中にベリーのコンポートを忍ばせるなど、さまざまな味わいがギュッと詰め込まれています。

チョコのパッケージもスタイリッシュで大人のバレンタインにぴったり。1月中には、カカオ豆のうまさを生かしたショコラショー(ホットチョコレート)もテイクアウトで始めるとか。「まだまだ魅力的なカカオ豆がたくさんあるんですよ」と語る黒木シェフ。これからどんなチョコに出会えるのか、ワクワクしてきます。価格は税込み。

lescacaos2
甘さ控えめなボンボンショコラは男性にも人気。1個300円。1個から販売しています
img_3758
砕いたカカオをまぶした「シュー・ア・ラ・クレーム」480円。食べるとカカオの風味が広がります
img_3731
カカオの個性を生かしたスイーツを作っていきたいと語る黒木さん

Information

LES CACAOS

品川区東五反田2-19-2 第二東都ビル1階

JR・東急池上線・都営浅草線「五反田」駅より徒歩7分

TEL:03-6450-2493

営業時間:11:00~19:00

定休日:火曜

WEBサイト:http://www.les-cacaos.shop/

文/グラディート編集部

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 72%の甘い誘惑 ピエール・マルコリーニの元シェフが作る極上チョコレート


会員登録・変更