1. 東京トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. フライト前はグラタン専門店「ボン・グゥ」へ! ユニークな新メニューが登場

フライト前はグラタン専門店「ボン・グゥ」へ! ユニークな新メニューが登場

  • 2017/01/27 UP!

img_119192_1

クリーミーで濃厚なベシャメルソースに、こんがり焼けたチーズの香り。熱々のグラタンが恋しくなる季節です。世界でも珍しいグラタンの専門店「神楽坂グラタン食堂 Bon Gout(ボン・グゥ)」から、豪華食材を使った新発想のグラタンが登場!

世界でも珍しいグラタン専門店

フランス山岳部の郷土料理といわれる「グラタン」。クリーミーなベシャメルソース(ホワイトソース)にチーズをかけて焼き上げた熱々のグラタンを食べれば、この寒い時期、身も心もポッカポカに温まりますね。そんなグラタンの専門店があるのをご存じですか? 羽田空港の江戸小路にある「神楽坂グラタン食堂 Bon Gout」がその店です。

新メニューを手がけるのは豊嶋シェフ

1周年を迎えた「ボン・グゥ」の新メニューをプロデュースしたのは、豊嶋誠司シェフ。フレンチのスペシャリストでもある豊嶋シェフ監修により作られたベシャメルソースは、フランス料理の伝統的な技法を忠実に再現して、手間と時間を惜しまず作られたもの。このソースを使って作られたグラタンは、まさに絶品なのです!

ベシャメルソースの基本的な材料は、バター、小麦、牛乳だけと至ってシンプルです。それが一度口に入ると、なめらかで微かな香ばしさとともに、ミルクやバターの香りがいっぱいに広がります。どこか懐かしいような、それでいて新鮮な味わいのグラタンは、老若男女を問わず、幅広い層に愛されているのも納得です。

豪華食材を使ったユニークな新メニュー

新メニューのイチオシは、「森のきのことサーモンのクリームグラタン」(1728円)。ベシャメルソースの下にはサフランリゾットが隠れており、フレンチの技法を生かしたバジルがアクセントになっています。もうひとつは「車海老のマカロニグラタン」(2376円)。ロングマカロニを使ったクラシックスタイルで、食べ応えとともに贅沢さも味わえるグラタンです。

さらに、お肉か魚介が選べる「3種のココット」も、近々、登場予定。一度に3つのおいしさを楽しめるとあって、いろいろな種類をちょっとずつ食べたい女子にはうれしい限り。旅行の前に熱々のグラタンをふ~ふ~しながら食べれば、身も心もほっこりすること間違いなしです。価格は税込み。

160116_0093
豪華な食材がうれしい車海老のマカロニグラタン
161128-040
近日、発売予定のお肉か魚介が選べる「3種ココット」。3つのおいしさが一度に楽しめます
img_119192_4
情緒溢れる店構え。「グラタン食堂」の看板もキュートです
img_119192_3
「料理の鉄人」にも出演した豊嶋誠司シェフが新メニューを全面プロデュース

Information

神楽坂グラタン食堂 Bon Gout

大田区羽田空港2-6-5 羽田空港国際線旅客ターミナル一般エリア4階 江戸小路

京急線「羽田空港国際線ターミナル」駅から徒歩5分

TEL:03-5755-9513

営業時間:7:30~23:00(LO22:00) ※2/1より7:00オープン

定休日:なし

WEBサイト:http://www.bon-gout.co/haneda/

文/グラディート編集部

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. フライト前はグラタン専門店「ボン・グゥ」へ! ユニークな新メニューが登場


会員登録・変更