1. 東京トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 体にいいことおすそ分け♪ 誰でも入れるロート製薬 社員食堂の薬膳ランチ

体にいいことおすそ分け♪ 誰でも入れるロート製薬 社員食堂の薬膳ランチ

  • 2017/02/08 UP!

shunsai1-1

製薬会社の社員食堂と聞くと、体にいい食事ができそうなイメージが湧いてきます。「旬穀旬菜カフェ」は一般の人も利用できるロート製薬の社員食堂。食べる人の元気をサポートしたい、そんな思いが込められたランチがいただけます。

一石四鳥! 毎日でも食べたい家庭薬膳ランチ

大通りから路地に入ったところに「旬穀旬菜カフェ」はあります。決して便利な場所にはないけれど、お昼時には、近隣から通うたくさんのお客様でにぎわっています。お目当ては、国際薬膳師が日本人の体質に合わせて、日本料理にアレンジした家庭薬膳ランチ。ヘルシーなだけでなく、目にも舌にもうれしく、さらに季節ごとにとりたい食材を知ることで、体にいい食べ物の知識も身に着くという、まさに一石四鳥! 毎日でも食べたいランチなんです。

オリジナルレシピは3000種類以上! 旬の食材のパワーで季節の不調を乗り切る

オリジナルレシピはなんと3000種類以上あります。その中から主菜1品と副菜2品、汁物を組み合わせた日替わりのA膳、B膳と、月替わりのカレー、3つのメニューが用意されます。この日のB膳は、「薬膳豆腐チゲ」「水菜と揚げのお浸し」「切り干し大根のハリハリ」「えのきのみそ汁」。品良く盛り付けられたチゲは、キムチの辛みとたっぷり野菜の甘味とのバランスが絶妙な一品。昆布だしがしみじみ優しい汁物に、シャキシャキした水菜のお浸し。一品一品ていねいに作られた料理に、ファンが多いのもナットクです。

「旬のものには、その季節に起こりがちな不調を乗り切るパワーがあります」と店長であり、ロート製薬の社員でもある菊地寿子さん。たとえば、豆とかぼちゃには、冬に弱りがちな胃腸の機能を助ける働きがあると言われているので、「豆とかぼちゃのカレー」をメニューに採用。しかも、その日のメニューに使われた食材の働きも表示されているので、自分の体調に合わせてメニューを選ぶこともできます。

みんなの元気をサポートしたい、福利厚生のおすそ分け

「旬穀旬菜カフェ」は、ロート製薬の福利厚生施設内で社員に提供されている家庭薬膳を、一般の方にも楽しんでもらおうと“福利厚生のおすそ分け”の一環としてオープンしました。入り口前には行列して待つ人のためにわざわざ作られた風よけスペースも設置。体にいいだけではなく、心が和むような気配りが、料理をさらにおいしくしてくれます。価格は税込み。

shunsai4
A膳とB膳、月替わりの薬膳カレーは各1080円。いずれも数量に限りがあるので、お早めに
shunsai5
天井が高く開放感あふれるスペース。定員8名の個室もあり。個室の予約は13時以降のみ可能です

Information

旬穀旬菜カフェ

港区芝1-7-5 ロート東京ビル1階

JR「浜松町」駅南口より徒歩7分、都営浅草線・大江戸線「大門」駅A1、またはA3出口より徒歩8分

TEL:03-5442-6093

営業時間:11:30~14:00

定休日:土・日曜、祝日

WEBサイト:http://smartcamp.rohto.co.jp/tokyo/cafe/

文/グラディート編集部

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 体にいいことおすそ分け♪ 誰でも入れるロート製薬 社員食堂の薬膳ランチ


会員登録・変更