1. 東京トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 旬の素材をそのまま、ジェラートに。毎日通いたくなる「ハスキージェラート」

旬の素材をそのまま、ジェラートに。毎日通いたくなる「ハスキージェラート」

  • 2017/03/17 UP!

IMG_4254-2

戸越公園近く、レトロな商店街にあるオシャレなジェラート店「ハスキージェラート」。目印はクールなまなざしのハスキー犬のキャラクター。自然そのものの味を生かした甘さ控えめ、ワイルドでマイルドなジェラートが魅力のお店です。

素材そのままの優しい味のジェラート

2016年11月にオープンしたばかりの「ハスキージェラート」。日本有数の豪雪地帯、新潟県魚沼市で製造したジェラートを東京に直送し、販売しています。テーマは、日本のおいしい農産物を紹介すること。「自分たちの足元の農産物に目を向けて、消費していきたい」と語るプロデューサーの覺張雄介さん。シンボルにもなっているハスキー犬のような“素材をできるだけありのまま、ワイルドに使って、優しい味”のジェラートを目指しているそうです。

地元新潟県だけでなく、日本全国の農家が作っている四季折々のフルーツや野菜を厳選して作られたジェラートは、余分な甘さがなく、後味もさっぱりしています。

絶品! 野菜ソムリエサミット2016で金賞を受賞したさつま芋のジェラート

「みかんショコラ」、「干し柿のカッサータ」、「ラム甘納豆」など、オリジナリティあふれるジェラートは注文するのに迷うこと必至! 定番から季節限定まで、その場でカップに盛り付ける、ディッピング用には8種類、テイクアウト用カップは15種類が常時用意されています。ディッピングは、日によって異なるので毎日でも通いたくなります。

今のシーズンで人気なのが「焼き芋ミルク」(440円)。野菜ソムリエサミット2016で金賞を受賞した、新潟県つよしファームのさつま芋「紅はるか」を使ったジェラートで、ホックリした焼き芋の甘さと、さっぱりしているけれど牛乳の味が濃い岩手県タカナシ乳業の低温殺菌牛乳との組み合わせが絶妙。サイドメニューとして焼き芋そのものも販売しています。

旬のフルーツや野菜を使ったジェラートが続々登場

これからのシーズンで楽しみなのが、雪下にんじんのジェラート。秋に収穫せず、そのまま雪の下で過ごしたニンジンは、糖度がほかのニンジンの2倍にもなるのだとか。3月の収穫を待って、ジェラートとして登場するそうです。また、3月には、ほっかほかの「紅はるか」の焼き芋と、冷たい「きつき紅茶」ジェラートを合わせたスペシャルメニューが期間限定でいただけます。春に向かって暖かくなるこれからの時期、散歩がてらにぜひ訪れてみてはいかがですか。価格は税込み。

img_4226
テイクアウト用カップアイス。カラフルなパッケージがおしゃれ
huskygelato6
ディッピングはハーフ&ハーフも可。価格はそれぞれの価格半分の合計になります
img_4236-2
ハスキー犬のイラストが目印。全国からハスキー犬ファンが訪れるのだとか

Information

ハスキージェラート 戸越店

品川区戸越4-4-24

東急大井町線「戸越公園」駅北口より徒歩6分

都営浅草線「戸越」駅A2出口より徒歩7分

TEL:03-6426-2251

営業時間:11:00~18:00

定休日:火曜

WEBサイト:http://huskygelato.com/

文/グラディート編集部

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 旬の素材をそのまま、ジェラートに。毎日通いたくなる「ハスキージェラート」


会員登録・変更