1. 横浜トップ
  2. 特集
  3. 夏の横須賀へ NEWブラックピザ

夏の横須賀へ NEWブラックピザ

  • 2017/08/17 UP!

夏の横須賀へブラックピザ
 この夏、横須賀で“黒いピザ”を味わいませんか。今、三浦半島全体で「三浦半島はイタリア半島プロジェクト」(主催/三浦半島観光連絡協議会)が進行中。横須賀市で展開されるメニューは、黒をテーマにした「横須賀ピッツァ・ブラック」です。見た目のインパクトだけでなく、地元の恵みをぎゅっと詰めたピザは、新たな食文化を感じさせる斬新なメニュー。現地に足を運んで、お試しを!

ブラックピザ

イカ墨の黒い生地に映える 地場野菜とシーフードで色鮮やか

 「料理は見た目の美しさも大事。イカ墨を練り込んだ黒い生地は、見た目のインパクトだけでなくコクや食感も楽しんで」と横須賀の食材にほれこむオーナー・花野洋一さん。「横須賀ピッツァ・ブラック」(1944円。提供は17:00以降)は、新鮮な地物のイカやタコなど魚介類とカラフルな野菜が、黒い生地の上に色鮮やかに表現され、まるでアートのよう。イタリア半島に思いをはせて味わってみて。

■花野家
横須賀市大滝町2-3-2(「横須賀中央」駅徒歩5分)。
TEL:046-821-4114。月曜定休。11:30~14:30、17:00~22:00

「横須賀ピッツァ・ブラック」考案者にインタビュー

黒は食材を引き立てる色でおいしさも倍増

 三浦半島は細長く、イタリア半島にそっくり。形だけではなく、どちらもカラフルで珍しい西洋野菜も多く、美しい自然がもたらす“食の宝庫”。地元野菜の魅力を多くの人に伝えたいと、プロジェクトを考案しました。ペリーの黒船をイメージした「黒」は、ヒジキや黒豆など身近な「健康色」。ほかの食材を引き立たせる色なので、見た目も面白いです。アイデア満載の「横須賀ピッツァ・ブラック」で地元食材のおいしさをぜひ感じて! 地元愛があふれる店主との会話も楽しいですよ。食材の魅力や食べ方を教えてくれるかも。

0824-pizza5
料理研究家・長谷川りえさん(横須賀市在住)
大手食品会社で商品開発を担当。その後イタリアンレストラン、フランス菓子店を経て、
料理研究家として独立。テレビ出演、企業の料理教室など幅広く活躍

三浦半島
 三方が海に囲まれた三浦半島とイタリア半島は、どちらも豊かな自然がもたらす農産物が多彩で豊富。二つを「食」でつなげたのが、「三浦半島はイタリア半島プロジェクト」です。詳細、参加店舗などは「三浦半島はイタリア半島」で検索を。

http://www.miuralian.com/
LAUMIホームページ
http://www.laumi.jp


横須賀ピッツァ・ブラック

「八丁味噌」を加えたソースと旬の野菜がコラボした個性派

 「発酵食品のみそと地元の夏野菜をコラボさせたかった」と話す “みそ好き”のオーナー・内田吉彦さんが考案した「横須賀ピッツァ・ブラック」(1620円。提供は18:00以降)。オクラ、ナス、ズッキーニ、バターナッツカボチャなどうま味たっぷりの地場野菜とデミグラスソースに加えた甘めのみそが絶妙にマッチ。恵水(めぐみ)ポークの自家製角煮と温泉卵でボリュームアップ。野菜のおいしさが味わえる個性派。

■one drop cafe
横須賀市本町3-11(「汐入」駅から徒歩3分)TEL:046-845-6126。
11:30~22:00(LO21:30)。※日・火曜は17:00まで。月曜定休


横須賀ピッツァ・ブラック

竹炭で“漆黒”をイメージ 旬の野菜がたっぷり

 竹炭を混ぜたトマトとマヨネーズをベースにした2種類の黒ソースがたっぷり。創作料理を得意とする店主の工夫が光る漆黒の「横須賀ピッツァ・ブラック」(864円)。ナスやカボチャ、ズッキーニなどその日に仕入れた旬の野菜がたっぷりで、ヘルシーなやさしい味わいです。

■やんちゃ家横須賀中央店
横須賀市若松町1-12(「横須賀中央」駅徒歩2分)。
TEL:046-825-2526。無休。17:00~24:00、日曜のみ23:00まで


横須賀ピッツァ・ブラック

シラスとノリを包んだ揚げピザ マグロの生ハムがアクセント

 イカ墨を練り込んだ生地を円形にして揚げた、イタリア名物 “パンツェロッティ”風「横須賀ピッツァ・ブラック」(1300円)。中は、佐島のシラス、走水のばら干しノリ、ネギなど地元名物をワサビマヨネーズであえたピリ辛。三崎マグロの生ハムが味のアクセントになりそう。

■fOUR PLAY
横須賀市若松町3-5-10、2階(「横須賀中央」駅徒歩4分)。
TEL:046-827-0868。17:00から。日曜定休

イカ墨を合わせた黒いソース 上大岡の「ピザブラック」

ピザブラック
 「ピザブラック」(1944円)は、「カルツォーネ」と呼ばれる包みピザ。上にはイカとイカ墨の黒いソースがたっぷり。トマトソースであえた中の野菜との相性も抜群です。

■グランドゥーカ 
京急百貨店上大岡店
横浜市港南区上大岡西 1-6-1、京急百貨店 10階
TEL:045-350-5963

横須賀 立ち寄りスポット


よこすかポートマーク

若手農家の新鮮野菜や海の幸が並ぶ

 広い店内には、地元の若手農家による新鮮な野菜や果物が並ぶ人気コーナー「地場や」や三浦半島直送の地魚、三崎マグロ問屋直営店が並びます。新鮮な牛乳を使った「横須賀ジェラートファクトリー」や本格ピザの「VEGE CHEF」も。

■よこすかポートマーケット
横須賀市新港町6。「横須賀中央」駅徒歩約 10分。
10:00~19:00。火曜定休。 TEL:046-823-1967


横須賀ビール

地産地消メニューと地ビールで横須賀満喫!

 醸造所を併設するビアレストラン。地ビールと三浦半島の食材を生かしたフードメニューが評判。柑橘系ホップの香りと苦みが絶妙な「ドブイタハッピー」(グラス 540円)と香ばしい香りの「スーザンダーク」(グラス 540円)など出来立ての地ビールは、飲みやすく女性にも人気。

■横須賀ビール
横須賀市大滝町 1 23。「横須賀中央」駅徒歩5分。
10:00~22:00。不定休。TEL:046-874-8588


横須賀ブラジャー

レトロな飲み屋街で「横須賀ブラジャー」

 横須賀中央駅の先に広がる飲み屋街「若松マーケット」で誕生した「横須賀ブラジャー」(500円から。店により異なる)。街の活性化をと若松マーケット役員の皆さんが〝ブランデーをジンジャーエールで割ったカクテル〟を考案。各店舗で飲めます。問い合わせはTEL:046-822-3290(澤田さん)。

人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. 特集
  3. 夏の横須賀へ NEWブラックピザ

横浜市くらしのガイド

横浜市 暮らしのガイド with Living Eye 平成29年度版

電子ブックを読む



会員登録・変更