1. 横浜トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 旅行
  4. オトメの電車旅<妙蓮寺>~情緒たっぷり秋散歩~

オトメの電車旅<妙蓮寺>~情緒たっぷり秋散歩~

オトメの電車旅<妙蓮寺>~情緒たっぷり秋散歩~

妙蓮寺で小粋な和を巡る~情緒たっぷり秋散歩~

暑さも和らぎ、秋はお出かけにピッタリの季節です。昔ながらの商店街や緑が残る「妙蓮寺」。駅の周辺で、オシャレな雑貨店やカフェなど、「和」を感じさせる小粋な店を見つけました。

涼しい秋の夜長 月夜の下でジャズナイト
20161006-otome01

 秋の夜長、妙蓮寺境内でジャズを楽しみませんか。10月29日(土)午後7時から「2016ジャズコンサート㏌妙蓮寺」(入場無料)が行われます。スタンダードジャズ&ポップスが境内に響き渡り、ロマンチックな時間が流れます。
問い合わせ
横浜市港北区菊名2-1-5 
TEL:045-431-4421(長光山 妙蓮寺)

和をテーマにした上質な器や雑貨
お気に入りを見つける楽しさ

20161006-otome02-1

  閑静な住宅街にたたずむ和をテーマにした雑貨店「まほろ」A 。木の香りが漂う店内B には、職人が作る和テイスト&モダンをコンセプトにした陶器、磁器、漆器、竹細工、和紙などが300種類以上。「気に入った作家さんや展示会で出合った作品を仕入れています」と話すオーナーは自身も美大出身のグラフィックデザイナー。「日常使いに」と手頃な作品も多く並び、その一つ「TOKI」シリーズは若い女性に人気。独特の黒色がモダンなポット(3564円)C や黄色のカップ(1620円)など、ティータイムが楽しくなりそう。豆絞り柄や珍しい形のコップ(4104円から)Dは、若手ガラス作家の作品。ほっこりした雰囲気が冬にお似合い。ほかにも、ちょっとした贈り物にピッタリの和雑貨も充実しています。

まほろ

横浜市港北区菊名2-8-20
TEL:045-402-5211
正午~午後6時
土・日曜は午前11時から
火・水曜定休 
http://www.maholo.net


とろみのある汁でいただく「鴨せいろ」
うま味あふれるメンチカツも人気

20161006-otome03

 のれんをくぐると、店内は木と石を使った清潔感あふれる和モダンな空間E。長いカウンター席もあり、女性も気軽に入れる雰囲気のおそば屋さんです。自慢の「鴨せいろ」(920円)Fは、鴨と昆布の和風ダシを存分に味わえるようにと、汁にはとろみがあり、これからの季節にぴったり。程良く焼かれた口当たりの良い鴨といただく濃厚でとろりとした汁は、北海道産のそば粉を使い店内でひく自家製の麺によく絡みます。最後は汁を三つ葉やそばの実と一緒にご飯にかけていただくのがおすすめです。鴨を知り尽くした店主が作る「鴨のメンチカツ」(270円)G も世代を問わず人気。カリっと揚がった衣の中に鴨のうま味が凝縮された一品です。

鴨屋 そば香

横浜市港北区菊名1-3-8
TEL:045-309-8546
午前11時~午後3時30分
午後5時30分~11時。無休
http://sobakou.com/


畳でくつろげる和カフェ
体にやさしい素材を使ったメニュー

20161006-otome04

 お寿司屋さんを改装したユニークなカフェ「茶寿(saju)」H 。「赤ちゃんからお年寄りまでみんなが食べられるものを」という考えのもと、メニューはすべて手作り、甘さ控えめ、シンプル、国産無農薬、無添加、アレルギーフリーの6点にこだわっています。靴をぬいで畳にあがるスタイルは、子連れママにも人気。ランチ時は地元の無農薬野菜を使い丁寧に調理された「DELIサラダクレープ・ドリンク付き」(999円)Iを。有機無農薬のサツマイモを使ったスイートポテト(324円)、2種類のブドウのロールケーキ(432円)、おからや米粉を使った焼き菓子など、どれも“体と心にやさしい”ものばかりJ 。地元に愛されている和カフェです。

茶寿(saju)

横浜市港北区仲手原2-43-24
TEL:045-423-2320
午前10時~午後7時
土・日曜、祝日は午前11時から
月・火曜定休 
http://saju.jp/

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 旅行
  4. オトメの電車旅<妙蓮寺>~情緒たっぷり秋散歩~

横浜市くらしのガイド

横浜市 暮らしのガイド with Living Eye 平成29年度版

電子ブックを読む



会員登録・変更