1. 横浜トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 旅行
  4. オトメの電車旅<元町・中華街>旧暦の正月「春節」でにぎわう中華街へ

オトメの電車旅<元町・中華街>旧暦の正月「春節」でにぎわう中華街へ

オトメの電車旅<元町・中華街>旧暦の正月「春節」でにぎわう中華街へ

アツアツグルメで福来たる

旧暦の正月・春節(しゅんせつ)のこの時季、横浜中華街はイルミネーションがともり、一年で一番にぎわいます。寒さは厳しいけれど、街の熱気とアツアツグルメで心も体も温まりそう。新年を迎える中華街で、“福”を授かろう!

上海を思わせるレトロなカフェ
熱い中国茶で心も体もポカポカ

上海を思わせるレトロなカフェ
熱い中国茶で心も体もポカポカ「悟空茶荘(ゴクウチャソウ)」

 1階は100種類以上の茶葉や茶器を販売 。2階はレトロな家具や照明が上海を思わせる中国茶カフェ「悟空茶荘」で、常時50種類以上の中国茶が楽しめます。「アツアツのお湯を注いで、5~6煎繰り返しいただけます。変化するお茶の香りや味も楽しんで」と話す店長の辻本真琴さん。「女性には、体を温めると言われるナツメ、クコの実、菊花などを詰めたオリジナル『八宝茶』(850円)がおすすめです」。異国情緒漂う空間で、「悟空セット」(まんじゅう・マーライコー・ドライフルーツ)450円 と好みのお茶で、ぜいたくなひと時を。

悟空茶荘(ゴクウチャソウ)
横浜市中区山下町130 
TEL:045-681-7776
月〜土曜=午前11時〜午後8時。土曜は午後9時まで。日曜=午前10時30分〜午後8時。
※2階喫茶は月〜土曜=午前11時30分、日曜は午前11時から。
第3火曜定休

 
 


魚介のうま味を味わう
ダシで炊くトロトロ中華がゆ

魚介のうま味を味わうダシで炊くトロトロ中華がゆ「謝甜記(シャテンキ)」

 ダシと一緒に煮込まれたトロトロの中華がゆは、貝や鶏肉のうま味がたっぷり。創業以来変わらない、深い味わいを求めて、連日行列ができる「謝甜記」 。おかゆは全部で15種類。中でも白身魚やイカ、サザエなど海鮮が入った「三鮮粥」(810円) や国産のモツを煮込んだ「モツ粥」(710円)が人気。「おかゆには好みでザーサイやピータン、中国揚げパンを添えてもおいしいですよ。好きな食べ方を楽しんで」と女性店主。ほかにも、毎日手作りする「海老シューマイ」(4個・360円) が自慢。活気あふれる店内で、湯気がたつアツアツのおかゆはいかが。

謝甜記(シャテンキ)
横浜市中区山下町165
TEL:045-641-0779
午前10時〜午後9時(LO8時25分)。
※月〜金曜の平日のみ午後2時55分〜4時30分休み。土・日曜、祝日は午前9時から
火曜定休

 


寒空の下でフーフー言いながら食べたい3品

20170202-otome04
ヘルシーな台湾スイーツ
「フルーツタピオカ豆花」(780円)
やさしい味わいの豆花に
タピオカがたっぷり
鼎雲茶倉(テイウンチャクラ)
横浜市中区山下町146-2
TEL:045-227-5385
20170202-otome06
カリッとしたおこげがアクセント
「黄金ふかひれスープ
(おこげ入り)」
(350円)
とろみのついたスープで
体がポカポカ
公生和(コウセイワ)
横浜市中区山下町152
TEL:045-681-2276
20170202-otome05
パリッとした皮とコクのある肉汁
「二色焼き小籠包」(4個・620円)
海鮮と豚肉の2種のなかには
アツアツスープが!
鵬天閣(ホウテンカク)
横浜市中区山下町192-15
TEL:045-681-9016

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 旅行
  4. オトメの電車旅<元町・中華街>旧暦の正月「春節」でにぎわう中華街へ

横浜市くらしのガイド

横浜市 暮らしのガイド with Living Eye 平成29年度版

電子ブックを読む



会員登録・変更